賛否両論?イケダハヤトが物申す

イケハヤ事務所の報酬は、今話題の「ベーシックインカム」方式です。

スポンサーリンク

なんだかんだで4名(+アルバイト1名)にまで増えたイケハヤ事務所。うちは今話題の「ベーシックインカム」方式でお金を払っています。

 

議論が始まった「ベーシックインカム」

ベーシックインカム、ご存知でしょうか?フィンランドが導入の検討を始めた制度で、その名の通り「生活するために基本的(ベーシック)に必要な収入(インカム)を提供する」仕組みです。

これだけ聞くと信じられない話ですが、ベーシックインカムを導入する代わりに、「年金」や「生活保護」といった社会保障給付は大幅に削減されるか、廃止されるというのが一般的な考え方です。乱暴にいえば「年金とか子ども手当とか面倒だから、一律で給付すればラクでハッピーなんじゃね?」という制度ですね。

一部報道によれば、フィンランドでは全国民に月800ユーロ(約11万円)を支給することが検討されているとか。まだ議論が始まった段階なのでどうなるかは不明ですが、なかなか想像力を掻き立てられる制度です。ある意味でベーシックインカムは「働かなくてもお金がもらえて、生活できてしまう」制度ですからね。

 

 

毎月どのくらい生活費かかる?

採用しようとする方に、こちらから最初に聞くのは「毎月どのくらい生活費かかります?」という質問。

20代のメンバーばかりなので、みなさんかなり安いです。今のところ、10〜13万円くらいで収まってます。正社員契約ではなく、業務委託でお仕事をお願いしています。

仕事はいろいろですが、基本的には自由にやってもらっています。うちに記事を転載してもらったり、新規事業をおこしてもらったり、電子書籍の編集を手伝ってもらったり。

もちろん全員在宅ワークです。2人目として採用したサトモトさんとか、最近顔見てないなぁ…w 生活費を落とす意味でも、高知に来てくれればそれでOK。なんだか沢田マンション率が高くなっております。来年はアシスタント用に山奥にシェアハウスを構えられたらなぁ、と思っています。

 

ベーシックインカム方式なので、彼らが仮に仕事をしなくても、ぼくはお金を払いますし、そのつもりで予算を組んでいます。さすがに何もしないスタッフを3年養うのは難しいのですが、1年くらいならこちらで面倒見ます。

人生、何が起こるかわかりませんからね。中には「生きにくくて高知に流れ着いた」みたいなメンバーもいるので、のんびりやってもらいます。

 

 

ベーシックインカムで人材採用すると、どうなる?

実験的なのでどうなるかわからなかったのですが、採用して半年ほど、やはりこれはいいですね。

最初に採用した矢野大地さんは、ブログで感想を書いてくださっています。

僕は今年の4月に大学を卒業して、現在雇い主であるプロブロガーのイケダハヤトさんにベーシックインカムを受けています。

ぶっちゃけちゃうと、月10万円くらい!

国民健康保険、国民年金、奨学金の返済、生活費、食費など…

雇い主と書いていますが、正直月にイケハヤさんからお願いされる仕事はほぼありません。

そんな僕は毎月ベーシックインカムがあることで、ほんと様々なことに積極的に取り組むことができてるんですよね。

フリーライターとしての仕事も月に何件か持っていますし、まちづくり関係だとかのアドバイザーや講演活動、お金にならないけど社会的に意義のあることだと思える活動なんかも超積極的にできています。ほんと感謝感謝です。

人間の発想力を最大限に引き上げる。ベーシックインカム制度とは…? : 自由になったサル。

直接的に仕事は依頼していませんが、彼はぼくのビジネスの拡大に確実に寄与しています。彼は彼でビジネスを生み出しているので、ぼくに「おこぼれ」が回ってくるわけですね(笑)

毎月10万円を与えて、自力で稼げるようになってもらって、ぼくに仕事を与えてくれる人材を育てるようなイメージでしょうか。会社でいえば、稼げる子会社・関連会社をどんどん立ち上げていく感じですかね

次に採用したサトモトヒロノリさんも、順調にビジネスを立ち上げています。来年の今頃には自力で稼げるようになり、ぼくに仕事を提供してくれる存在になっているのでしょう。どうぞよろしくお願いいたします。

 

ベーシックインカムをもらいつつ、独立してください。

んで、うちの事務所は「数年以内の独立」が前提です。ぼくは起業支援をしているような感じですね。

とりあえず1〜2年高知でのんびりメディアを立ち上げてもらって、そのあとは勝手に羽ばたいてもらいたいです。ずっとうちで一緒にやってもいいんですが、なんかそれは面白くない気もしています。

これじゃイケハヤ事務所の事業は育たないじゃん、と思われるかもしれませんが、うちは単体でビジネスを大きくするつもりではなく、「年商500万円を自力で稼ぐブロガー、編集者を100人くらい輩出したい」んですよ。その方が管理も楽ですし、ブログってそういう性質のものだと思うんです。うちはせいぜい年商1億くらいですかねぇ。

 

必要経費は出します。

「ベーシックインカムだけ」だとニッチもサッチも行かない可能性があるので、事業に必要な資金は別途提供します。具体的にいうと「取材交通費」とか「空き家の改修費用」とかはぼくが追加で出しています。できあがった記事なり空き家は、うちの事務所としても有効活用させていただきます。

矢野さんの「だいちハウス」にかれこれ15〜20万?くらい修繕費提供していますが、小野美由紀さんの宿&鼎談収録スペースになったりと、さっそく大変に助かっております。彼の家は修繕すればビジネス拠点になるので、こちらとしても積極的に支援していく方針です。矢野さんならすぐ独立できるでしょうね。

 

稼いだ分は、そのまま提供します。

加えて、事務所スタッフが自分で稼いだお金は、そのまま受け取ってもらいます。

矢野さんの場合なら、空き家を改修してワークショップを運営して小金を稼いだら、それはそのまま懐に入れてもらう、ということです。そもそも業務委託なので、当然といえば当然です。

ぼくとしては、ベーシックインカムをいつまでも払い続けたいわけじゃないんです。さっさと羽ばたいて、次の人に席を渡してほしいというのが本音です。なので、さっさと自分で稼いで、ベーシックインカムなんかいらないよ!と言えるようになってもらいたいんですね。

2015年から採用を始めたのですが、早い人だと2016年中には独立できるとみています。彼らがどう自立していくか、どうぞお楽しみに。

たまに聞かれるんですが、来年は増やしても2〜3名が限界で、もう埋まっちゃっている感じです。ブログ収益がもっと出てくると採用人数は増えるんで、応援していただけると幸いです。サクッと1億くらい稼げると、話が違うんですけどねぇ。

 

東京から高知県に移住したよ!

「#移住日記」書いてます。

東京を捨てて高知に移住して、丸一年。今感じていることをまとめてみた

イケハヤ商店始めたよ!

 

一日中マンガ読んでるイケダの本棚

一巻で完結する面白いマンガたち

5巻以内に完結する面白いマンガたち

 

お知らせコーナー

(new!)月額4,980円のオンラインブログ塾始めました!本気のブロガーはぜひ。

(new!)月額3,000円の「地域おこし」コミュニティも始めました!

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

イケダに会える日/講演依頼できる日を公開中

 

人気記事セレクション

「買ってよかった!」と本気で思えるよ。おすすめグッズ、家電製品まとめ by イケダハヤト : まだ東京で消耗してるの?

IT企業に転職したい方にオススメ!あなたが知らない転職サイトまとめ

無料でできる「ストレグンスファインダー」的サービスで「自分の強み」を知ろう

 

フェイスブックにいいね!

 

 

 

今日も元気にツイート中


 

Instagramやってます

 

 

スポンサーリンク