未分類

東京はもう嫌だ。地方で独立・開業したい。そんなあなたは「ローカルベンチャースクール」へ!

スポンサーリンク

一緒に「Localwise」をやっている林さんのプロジェクト。これおすすめなのであらためて。情報も増えてきましたね!

 

3年間、地方で独立チャレンジができる。

スクリーンショット 2015 12 07 10 42 24

ローカルベンチャースクール」は、ちょっとびっくりするくらい優遇されている制度で、「3年間、地方自治体からお金をもらいながら、独立のチャレンジができる」仕組みです。

マジで!?という感じですが、マジです。いわゆる「地域おこし協力隊」の制度を「起業」に特化してアップデートした感じですね。

スクリーンショット 2015 12 07 10 40 53

ローカルベンチャースクールではこの制度を、地域で起業するためのプラットフォームと捉えています。通常はじめて住む地方で起業することには多くの困難がありますが、この制度にはそれを補う待遇や条件が用意されており、最小限のリスクと負担でスタートアップすることが可能です

こうした起業を支援することが地域や自治体にとってもプラスとなり得るのは、地域おこし協力隊員自身が自立して、その地域で経済活動を続けることこそが、最も無理なく効果的な地域おこしだからです。ローカルベンチャースクールは、起業のための人材育成だけではなく、地域での協力体制づくりも含めた起業サポートをします。

自治体の方へ|LOCAL VENTURE SCHOOL – ローカルベンチャースクール

詳しくは説明会に参加した方の記事を。よくまとまっていて参考になるかと。

今回のローカルベンチャースクールでは、総務省主導の「地域おこし協力隊」をサポートする事業の一端を担うことにより、総務省経由で、全国すべての自治体に、このローカルベンチャースクールの活動リリース情報が行き渡り、挙手制で自治体単位で取り入れることが出来る。

自治体管理の200万円の予算をブラックボックスにせず、自治体ごとに選定した民間の第三者機関に管理委託をし、よりスムーズに地域のために資金を使うことが可能になるとともに、自治体の会議を待たずとも予算を使用できる。

また、研修費として、その200万円のうちの50万円~100万円を、ローカルベンチャースクールが受け取り、管理することで、より質の高いプログラムやメンターを集めることが可能になった。

このファンドレイジング(資金調達)術はとても秀逸だと思った。

国から与えられる予算なので、元々自治体は自腹を切る必要がなく、地域おこし協力隊も自腹を切る必要がなく、より実践的に、実のある、地域に根差した活動を目指すことができるし、3年後のビジョンを明確に描けるノウハウが蓄積できれば、それこそ自治体の望む「協力隊の移住」のカタチにも近づけるのだ。

「地域おこし協力隊のアップデートを。」ローカルベンチャースクール第1回説明会レポート: The Analog Cycle Diaries

 

準備クラスが始まるよ!

Flow1

本プログラムが始まる前の「準備クラス」が12/15から始まります。まだ空きがあるそうなので、関心がある方はぜひ。全7回で15,000円とお得です。

スクリーンショット 2015 12 07 10 40 03

講師陣も贅沢で、面白い話がたくさん聴けます。ナリワイの伊藤さんも登場!大好きです。

スクリーンショット 2015 12 07 10 44 27

これぞ本当の地方創生ですね。東京で消耗しているみなさん、いい時代になってきたのでぜひ波に乗りましょう。田舎はいいですよ。そろそろ環境変えましょう。

 

地域おこし協力隊として「起業」する。

スクリーンショット 2015 11 13 16 43 25

このブログを読んでいる人には説明不要ですが、日本社会には「地域おこし協力隊」という便利な仕組みがあります。すんごいざっくり説明すると「最長3年間、田舎で公務員として働くことができる」的な仕組みです。

でもですね、案外「卒業したあとに定住してもらう」のが難しいんですよ。3年経ったら、いきなり「ハシゴを外される」かたちになってしまいがちなのです。

そこで出てくるのが「地域おこし隊として地域に入り、起業して定着する」という方向性。一部の協力隊員はこのアプローチで定着していますが、あんまりメジャーじゃないんですよ。

はい、というわけで、「起業」を前提にした地域おこし協力隊制度がリリースしました!ちょっとわかりにくいのですが、これすごいんです。

ローカルベンチャースクールではこの制度(*地域おこし協力隊)を、地域で起業するためのプラットフォームと捉えています。

通常はじめて住む地方で起業することには多くの困難がありますが、この制度にはそれを補う待遇や条件が用意されており、最小限のリスクと負担でスタートアップすることが可能です。

こうした起業を支援することが地域や自治体にとってもプラスとなり得るのは、地域おこし協力隊員自身が自立して、その地域で経済活動を続けることこそが、最も無理なく効果的な地域おこしだからです。

ローカルベンチャースクールは、起業のための人材育成だけではなく、地域での協力体制づくりも含めた起業サポートをします。

自治体の方へ|LOCAL VENTURE SCHOOL – ローカルベンチャースクール

 

この仕組み、地方で起業したい人にとっては、まさに「最短ルート」になるでしょう。まずは「準備クラス」が開催されるので、こちらにぜひご参加を。

スクリーンショット 2015 11 13 16 45 26

仕掛けているのは「Localwise」を共同で運営している「合同会社パラミタ」。代表の林さんはマジで化け物です。

「ローカルベンチャースクール」、色々と面白いことになっていくこと請け合いなので、どうぞお楽しみに。ぼくも絡めるところで絡もうと思っております。ぼくが住む本山町でも、起業家増やしたいんですよねぇ。

 

LOCAL VENTURE SCHOOL – ローカルベンチャースクール

 

「ブログで独立」もあり。

ローカルベンチャースクールの仕掛け人、林さんがこんなことを書いてました

今月から「ローカルベンチャースクール」の『準備クラス』がはじまります。そう、地方で独立するのに3年間、【毎年200万+α】出るって、えっ、マジで!?という感じです。

国の「地域おこし協力隊」の制度をアップデートし、「起業」に特化した仕組みがローカルベンチャースクールです。

まったく新しいビジネスでもいい、一次産業に切り込んでいくのもいい、パン屋でも銭湯でもいいし、作家として活動してもいい。とにかく、地方は隙間だらけ。

地域おこしを目的化するのではなく、個人の力を最大限に活かし、僕らが自由に働き暮らせるようになった時に、豊かな地域の姿が見えてくるはずです。

地方で独立したい、開業したい、

新しいことをはじめたい方は、ローカルベンチャースクールを

とことん利用してください。まずは準備クラスで可能性を探ってみましょう。

経験豊富なメンター陣とお待ちしています。

ローカルベンチャースクール「準備クラス」

そうか!これ気がつかなかったけど、「ブログで独立」もいいんですよね。というか、それめっちゃ本質的です。どこの地方も情報発信が下手ですから、ブロガーが入り込んで独立すれば、地域は簡単にパワーアップします。

情報発信の担い手はほんとうに欠如しておりまして、行政の貴重な予算が、なんぞよくわからんパンフレットとかに流れちゃってるんですよね。受け皿としてローカルなブログメディアがあれば、より効率的に資金が活用されるとも思います。フリーペーパーもいいけど、検索できませんからねぇ。

繰り返しですが、自治体から独立資金が最長で3年間提供されます。3年ですよ!3年もあれば、普通にブログで食えるようになります。フルタイムで従事するわけですから。いやー、これほんと画期的な仕組みです。

対象地域はまだ公開されていませんが、自治体からの注目も熱く、幅広い地域がフィールドになっていくと思われます。ぼくが住む高知でも募集枠できないかなぁ…。ローカルベンチャースクールを通して、各地にブログメディアが育っていけば、日本はもっと面白くなるでしょうね。

 

12月15日から「準備クラス」が始まるので、関心がある方はぜひ。使わなきゃ損な仕組みです。

準備クラス|LOCAL VENTURE SCHOOL – ローカルベンチャースクール

 

LOCAL VENTURE SCHOOL – ローカルベンチャースクール

 

 

東京から高知県に移住したよ!

「#移住日記」書いてます。

東京を捨てて高知に移住して、丸一年。今感じていることをまとめてみた

イケハヤ商店始めたよ!

 

一日中マンガ読んでるイケダの本棚

一巻で完結する面白いマンガたち

5巻以内に完結する面白いマンガたち

 

お知らせコーナー

(new!)月額4,980円のオンラインブログ塾始めました!本気のブロガーはぜひ。

(new!)月額3,000円の「地域おこし」コミュニティも始めました!

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

イケダに会える日/講演依頼できる日を公開中

 

人気記事セレクション

「買ってよかった!」と本気で思えるよ。おすすめグッズ、家電製品まとめ by イケダハヤト : まだ東京で消耗してるの?

IT企業に転職したい方にオススメ!あなたが知らない転職サイトまとめ

無料でできる「ストレグンスファインダー」的サービスで「自分の強み」を知ろう

 

フェイスブックにいいね!

 

 

 

今日も元気にツイート中


 

Instagramやってます

 

スポンサーリンク