賛否両論?イケダハヤトが物申す

「仕事とは与えられるもの」だと思っている人と「仕事とは自ら創り出すもの」と思っている人の差こそが「格差社会」。

スポンサーリンク

田端信太郎さんの名言コーナーです。目をかっぽじって読むといいですよ。

はい、どうぞ。

「仕事とは与えられるもの。」だと思っている人と、「仕事とは自ら創り出すもの。」と思っている人の差こそが、「格差社会」。

Posted by 田端 信太郎 on 2015年11月29日

フェイスブックの埋め込みがうまく表示されないことがあるので、もう一度コピペしておきます。

「仕事とは与えられるもの。」だと思っている人と、「仕事とは自ら創り出すもの。」と思っている人の差こそが、「格差社会」。

これはほんっとーに、同意で、特に地方では如実に違いが出るんですよ。

みなさん、高知に来てください。んで、地元の人に「高知って仕事ありますか?」と聞いてみてください。

十中八九「いやいやいや!仕事なんてないよ!公務員以外は低賃金のブラック企業ばっかりだよ!」みたいな返しになると思います。

でもですね、世の中は見方次第で、ぼくは「高知には仕事が腐るほどある」と思っていますし、実際に「ある」んですよ。何やっても食っていける自信あります。誇張ではなく。だってやる人がいないんですもの。あまりにも誰も手を付けないから腐りつつあるレベル。

この違いは何かというと、まさに田端さんの言葉なんですよ。

高知には「与えられる仕事」は少ないです。あったとしても、それは低賃金労働です。割とリアルに、正社員よりもアルバイトの方が稼げたりします。

でも、高知には「自ら創り出す仕事」が山ほどあるんです。もうパラダイス。ビジネスチャンスだらけ。起業ネタには困りません。やりたいことだらけで困ってます。最近は「寺」作りたいんですよ、寺。あとは温泉ですね。Airbnb使った民宿もありです。どぶろくも製造・販売したいです。ほんともう、仕事だらけです。

高知は総じて雇用・労働環境がよくないので、このマインドの差が、ほんとうに「格差」を生み出してしまいます。

自分で仕事作れる人にとっては天国なんですけどねぇ。会社員になろうと思って来る場所ではありません。「Nextremer」のような、よほど特殊な会社じゃないかぎり「就職」はおすすめしません。

と、高知について書きましたが、これはもはや東京でも同じだとも思います。東京も労働環境悪化する一方ですからねぇ。仕事を創り出せない人は、搾取されてしまいます。

かといって仕事を創り出すのも東京じゃ難しいから、どん詰まり感半端ない。

さっさと地方に移りましょう。そしてビジネスを作りましょう。

そんなに難しい話ではありません。干し柿作ってネットショップで売るだけでも、毎月1〜2万円は稼げると思いますよ。「月3万円ビジネス」ではありませんが、そういう「小商い」をたくさん作っていけば、普通に生きていけます。

東京から高知県に移住したよ!

「#移住日記」書いてます。

東京を捨てて高知に移住して、丸一年。今感じていることをまとめてみた

イケハヤ商店始めたよ!

一日中マンガ読んでるイケダの本棚

一巻で完結する面白いマンガたち

5巻以内に完結する面白いマンガたち

お知らせコーナー

(new!)月額4,980円のオンラインブログ塾始めました!本気のブロガーはぜひ。

(new!)月額3,000円の「地域おこし」コミュニティも始めました!

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

イケダに会える日/講演依頼できる日を公開中

人気記事セレクション

「買ってよかった!」と本気で思えるよ。おすすめグッズ、家電製品まとめ by イケダハヤト : まだ東京で消耗してるの?

IT企業に転職したい方にオススメ!あなたが知らない転職サイトまとめ

無料でできる「ストレグンスファインダー」的サービスで「自分の強み」を知ろう

フェイスブックにいいね!

今日も元気にツイート中


Instagramやってます

スポンサーリンク