東京を捨てて高知へ!移住日記

ぼくが住む高知・嶺北は「土佐の軽井沢」と呼ばれています。別荘持ちません?

スポンサーリンク

土佐の軽井沢、っていい響きですよね。

実際、避暑地です。

高知ってめちゃくちゃ暑いイメージがありますし、実際に市内は強烈に日差しが照りつけるんですが、ぼくが住んでいる嶺北エリアは涼しいんですよ。

うちは標高500メートルくらいのところにあるのもあって、この夏は一切クーラーを利用しませんでした。快適極まりない。都内や高知市内に比べると、蚊も少なかったです。アブはいるけどね。

そんなわけで、このエリアは「土佐の軽井沢」と呼ばれることもあります。あんまり一般的に呼ばれていませんが、誰かがそう言ってました。うん。ぼくもそう思うので、これからは「嶺北は土佐の軽井沢です」と説明をしようと思います。

別荘持ちません?

なんでこのネーミングを推すかというと、別荘地としてPRしていきたいんですよ。関西圏の方の中には別荘として利用している人もいるにはいるようですが、やっぱりマイナーです。

ましてや、この地域には大量の空き家があります。ぼくらの方で空き家を200〜300万で買い取って美しくリノベして、都会にいるお金持っている人に、500万円くらいで売りたいんですよね

畑つきの綺麗な空き家が500万円で手に入るというのは、けっこう安いですよね。ついでに、地元のコミュニティとはぼくらがつなげます。夏場の草刈りとかも手伝いますし、管理費もらえるなら代わりにやりますよ。畑とかも代わりに管理しておいて、作物取れたら送ります。どうでしょ?

実際、夏場は非常に快適なんです。汗見川、吉野川の川遊びは最高ですよ。この圧倒的なブルーを見よ!

ラフティングも流行ってます。何気に海外の方に人気ですね。

ひろきさん(@hiroki.umai)が投稿した写真

「別荘販売」という出口ができれば、地域に眠る空き家をうまく市場に出すことができると思うんですよねぇ。今の問題は、空き家が市場に流通していないことです。もちろん、単に販売するだけだとトラブルになって終わりかねないので、入居者と家を、地元につなぐことを意識しつつ。

まずは、100万円くらいで空き家を買ってリノベして、うちのサイトで売ってみたいと思います。イケハヤ不動産ですな。うん、これはいい新規事業だ。

東京から高知県に移住したよ!

「#移住日記」書いてます。

イケダハヤトが高知県に移住した10の理由

高知の個人的殿堂入りレストランまとめ

高知のすばらしい居酒屋たち

高知の観光名所をレビュー!

お知らせコーナー

(new!)月額4,980円のオンラインブログ塾始めました!本気のブロガーはぜひ。

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

人気記事セレクション

「買ってよかった!」と本気で思えるよ。おすすめグッズ、家電製品まとめ by イケダハヤト : まだ東京で消耗してるの?

IT企業に転職したい方にオススメ!あなたが知らない転職サイトまとめ

無料でできる「ストレグンスファインダー」的サービスで「自分の強み」を知ろう

フェイスブックにいいね!

今日も元気にツイート中


Instagramやってます


 

スポンサーリンク