東京を捨てて高知へ!移住日記

サテライトオフィスが盛り上がる徳島「美波町」。ここは「仕事はあるが人が足りない」田舎です

スポンサーリンク

移住地探しに特化したウェブサービス「RegionWire」からの転載です。ここ記事がすばらしいので、許可をいただいてちょいちょい掲載させていただくことになりました!貴重な取材記事、どうぞお楽しみください。

—-

徳島阿波おどり空港に降り立ち、車を走らせて徳島市内を抜けると次第に田舎風景へと変わっていく。そして車を走らせること1時間半、長らく続いた山道をようやく抜けると、目の前には太平洋が広がっていた。

a2

徳島県美波町。海と山に囲まれたこの町は、古くからお遍路さんが町中を往来していたことから外来者への抵抗がなく、すれ違うたびに「どっから来たんだ?」「今日も天気がええなー」と気さくに声をかけられる。

a3

そんな美波町も1970年代以降人口減少が続いてきたが、最近はマスコミで取り上げられることが多くなり、それに伴って移住者も増えてきているそうだ。

そのきっかけはサテライトオフィス。自然に囲まれた職場環境を設けることで、仕事一辺倒ではなく、仕事とプライベートの両方を充実させようという考え方が都会の企業の間で少しずつ広がり、美波町には現在12社のサテライトオフィスが開設されている

サイファー・テックのサテライトオフィス「美波Lab」に隣接する田んぼでは 毎年GWになるとサテライトオフィス進出企業が合同で田植えを実施する

(サイファー・テックのサテライトオフィス「美波Lab」に隣接する田んぼでは、毎年GWになるとサテライトオフィス進出企業が合同で田植えを実施する)

「海がきれい、山が凄い。そんな地域は日本中にありますが、美波町の特長は海も山も、そして渓流も、すべてが数キロ以内に凝縮されていることですね」と、サテライトオフィスを最初に美波町に開設したサイファー・テックの吉田基晴さんは胸を張る。
早朝に海で船釣りを楽しんだ後、昼間には渓流でフライフィッシングを楽しむ。そして夕方には海や川で釣った魚と、狩猟の免許を持つ社員が仕留めた鹿や猪で地元の人たちとバーベキューをするなんてことも、日常茶飯事だそうだ。

狩猟したイノシシをふるまうITハンター!

(狩猟したイノシシをふるまうITハンター!)

また大阪でクラウドコンピューティング関連のシステム開発を営む鈴木商店も、代表の鈴木史郎氏が趣味のサーフィンや釣りを楽しみながら仕事ができる環境を求めて、2013年に美波町に進出した。

お母さんと一緒に美波町に移住してきた鈴木商店の小林武喜さんは、「漁師さんが多くいる地域に移住してきましたが、移住当初から温かく受け入れてもらい、本当にお世話になっています。だから少しでもお役に立てればという思いで、仕事を始める前に漁師さんのお手伝いをさせてもらっています。移住する前と比べて、よく話し、よく笑うようになったと感じています。」と移住してきて、地元の人との交流を通じて自分自身が変われたと話す。

a6

さらにサイファー・テックの吉田さんは、サテライトオフィス進出をきっかけに、地方は課題が山積していることを目の当たりにして、その課題をビジネスの力で解決しようと、サイファー・テックとは別に地域活性事業を展開する株式会社あわえを美波町に立ち上げた。

現在あわえでは吉田さんの想いに共感したIターン組やUターン組が次々に美波町に集結して、お互いの経験を活かしながら地域文化(コト)、地域産業 (カネ)、地域コミュニティ(ヒト)を次世代に継承すべく奮闘している。

そのうちの一人、神奈川県出身で前職まで東京のWEB制作会社に勤務していた山下拓未さんは「東京だと人も多いし課題と言われることも大きすぎるので、自分がやったことの意義をなかなか実感出来なかったのですが、地方だと些細なことでも人の役に立てていることが実感でき、自分のアイデンティティを再認識できるようになりました」と話す。

かつて地域交流の空間だった「銭湯」跡を地元住民の集いの場へリノベーション

(かつて地域交流の空間だった「銭湯」跡を地元住民の集いの場へリノベーション)

そんな移住者たちの様子を日々目の当たりにしている美波町役場総務企画課主査の鍛治淳也さんは「都会では得られにくいゆっくりとした刻の流れ、季節の移ろい、人の温かさが感じられるこの地で皆さんとても楽しそうに生活されています。

“地域創生”というワードが飛び交う昨今ですが、美波町へ移られて地域の方とふれあい、お互いの笑顔が見られる。それだけで地域が元気になっていると思います。」と語る。

美波町 総務企画課 鍛治淳也主査

(美波町 総務企画課 鍛治淳也主査)

そしてサテライトオフィスを美波町に開設した企業の多くは、進出をきっかけに事業が順調に推移するようになり、現在各社で移住社員を募集している。

「地方で働きたいが仕事がない」と言われて久しいが、美波町では「仕事はあるが人が足りない」という、まさに地方移住を検討しているにはもってこいの状況だ。

我こそはと思う人は、ぜひ各社の求人をチェックしてみよう!

<ITエンジニア系人材>

imageslogo_mikumoya_minami

<地域活性系人材>

あわえ

掲載企業への問い合わせ・応募は各社HPからお願いいたします。
美波町へのサテライトオフィス進出や移住の相談は「RegionWire」ウェブページの「相談する」ボタンからお問い合わせください。

(by RegionWire

ITで攻めたいなら徳島ですね!

というわけで、徳島のお話でした。いやー、高知から見るととてもうらやましい話!高知では、ここまでIT系の事業者が盛り上がっているわけではないんです。徳島は2周くらい先行ってますねぇ。

RegionWire」には他にも多くの地域の情報が掲載されています。丁寧に取材されたいい記事ばかりですので、移住を考えている方はぜひ登録して、ぽちぽちと中身をチェックしてみてください。

東京から高知県に移住したよ!

「#移住日記」書いてます。

東京を捨てて高知に移住して、丸一年。今感じていることをまとめてみた

一日中マンガ読んでるイケダの本棚

一巻で完結する面白いマンガたち

5巻以内に完結する面白いマンガたち

11巻以内に完結する面白いマンガたち

最新刊を楽しみにしているマンガ一覧

お知らせコーナー

(new!)月額4,980円のオンラインブログ塾始めました!本気のブロガーはぜひ。

(new!)月額3,000円の「地域おこし」コミュニティも始めました!

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

イケダに会える日/講演依頼できる日を公開中

人気記事セレクション

「買ってよかった!」と本気で思えるよ。おすすめグッズ、家電製品まとめ by イケダハヤト : まだ東京で消耗してるの?

IT企業に転職したい方にオススメ!あなたが知らない転職サイトまとめ

残念な人の法則:仕事ができない人は「移動時間の無駄」に無頓着である

フェイスブックにいいね!

今日も元気にツイート中


Instagramやってます

スポンサーリンク