東京を捨てて高知へ!移住日記

キャンプ(もとい野宿)しながら田舎で物件探し…もありだと思う。

スポンサーリンク

こんにちは、亀の「ダディ」です。人口1,000人程度の高知・土佐山地域に、家族5人で移住したイラストレーターのカメです。今回は、移住先での家探しについてのお話です。

前回はこちら→「家族で田舎へ移住」だからこそ「勢い」が大切


002田舎に来てすぐには住むところは見つからないもの。

東京に住んだまま田舎に物件を見つけるのは、至難のわざ。まず、見つからないでしょう。

やっぱり現場に行って地域の人から情報を得たり、周りの環境の良し悪しを体感しながら、探すのが効率良いし手っ取り早いです。カメ一家はカメなので思い切って野宿をしてますが、人間でもこれはありだと思います。

特に春や秋の時期なら、キャンプ(という名の野宿)や車中泊をしながら家探しをするなんて、なかなか楽しそうです。

コールマンとかのかっちょ良いテントや寝袋などあれば、子どもも一緒に盛り上がれるかもしれませんしね!

最近は、便利なもので各自治体で移住体験施設なども用意されているので、場所によっては安価に滞在できてしまいます。

ちなみに、ぼくらは奈半利町の移住体験施設を利用させていただきました。高知市にも「しいの木」という施設ができたので、ぜひ利用してみてください!カメ一家が住む土佐山エリアも近いですよ。

DSC02773


さて、この中山間でカメ一家は、自分達の家を見つける事ができるのか?続きをお楽しみに〜。


前回はこちら→「家族で田舎へ移住」だからこそ「勢い」が大切


東京から高知県に移住したよ!

「#移住日記」書いてます。

東京を捨てて高知に移住して、丸一年。今感じていることをまとめてみた


一日中マンガ読んでるイケダの本棚

一巻で完結する面白いマンガたち

5巻以内に完結する面白いマンガたち

11巻以内に完結する面白いマンガたち

最新刊を楽しみにしているマンガ一覧


お知らせコーナー

(new!)月額4,980円のオンラインブログ塾始めました!本気のブロガーはぜひ。

(new!)月額3,000円の「地域おこし」コミュニティも始めました!

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

イケダに会える日/講演依頼できる日を公開中


人気記事セレクション

「買ってよかった!」と本気で思えるよ。おすすめグッズ、家電製品まとめ by イケダハヤト : まだ東京で消耗してるの?

IT企業に転職したい方にオススメ!あなたが知らない転職サイトまとめ

残念な人の法則:仕事ができない人は「移動時間の無駄」に無頓着である


フェイスブックにいいね!


今日も元気にツイート中



Instagramやってます



スポンサーリンク