賛否両論?イケダハヤトが物申す

「湾岸タワマン」に住むプチ富裕層は、こういうプロジェクトを支援するべき。

スポンサーリンク

このプロジェクト素晴らしいので応援。

空き家活用!シェルター+こどもクッキングサロン×若者向けシェアハウスを作りたい! – クラウドファンディングのMotionGallery

空き家を使って若者向けのシェアハウス&クッキングサロンに

スクリーンショット 2015 09 03 12 55 52

都内にある空き家を社会のために使っていこう、というプロジェクトが資金を集めています。

主催しているのは「つくろい東京ファンド」で、新宿に生活困窮者向けのシェルターを、墨田区に若者向けのシェアハウスを作る、という意欲的な企画となっています。東京は空き家活用難しいんですが、さすが「つくろい東京」です。

そして2015年夏、私たちは新たな空き家活用プロジェクトに乗り出します。今回は一軒ではなく、新宿区と墨田区の2か所の一軒家を活用するプロジェクトを同時進行で進めます。

新宿区内の物件は、小さな一軒家。 そこを借り上げて、ホームレスの人たちのためのシェルター(定員2名)として整備します。

墨田区の物件は、ファミリー向けの一軒家。 そこで借り上げて、東京の家賃の高さに悩む若者向けのシェアハウス(定員3名)として活用します。

ファミリー向け物件に関しては、若者向けの安価なシェアハウスにする予定とのこと。そして、シェアハウスのキッチンを使って子ども向けのクッキングサロンも作ります。

スクリーンショット 2015 09 03 14 08 52

墨田区の物件の特徴は、広いキッチンがあること。 このキッチンを何か活用できないかと考えていた時に、「出張料理教室めざめ」を運営する坂本ゆいさんと出会うことができました。

発達障害の方への料理教室もされている坂本さんは、NHK Eテレの『バリバラ』にも出演されたことがあります。

「こどもクッキングサロン」は、子どもが一人でも立ち寄ることができ、おいしい食事をみんなで作って食べながら、地域とのつながりを実感できる居場所にしていきたいと考えています。

家賃の高さゆえにホームレス状態に追い込まれる若者がいる、という問題。子どもたちが地域とつながる場所が少ない、という問題。2つの問題を「空き家」を使って解決する、実にクールなプロジェクトです。

9月4日現在、資金は20%ほど集まっています。問題だらけの東京を改善する貴重な一歩。ぜひみんなで応援しましょう

こういう取り組みが増えてくれば、「まだ東京で消耗してるの?」なんて言う必要もないんですけどねぇ。どんどん「つくろって」、東京を良い街にしていってほしいです。

湾岸のタワマンに住んでいる富裕層の人たち、どかーんと彼らを支援してはいかがでしょう?ノブレスオブリージュを発揮してくださいませ。あっ、つい挑発しちゃった。

東京から高知県に移住したよ!

「#移住日記」書いてます。

東京を捨てて高知に移住して、丸一年。今感じていることをまとめてみた

一日中マンガ読んでるイケダの本棚

一巻で完結する面白いマンガたち

5巻以内に完結する面白いマンガたち

11巻以内に完結する面白いマンガたち

最新刊を楽しみにしているマンガ一覧

お知らせコーナー

(new!)月額4,980円のオンラインブログ塾始めました!本気のブロガーはぜひ。

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

イケダに会える日/講演依頼できる日を公開中

人気記事セレクション

「買ってよかった!」と本気で思えるよ。おすすめグッズ、家電製品まとめ by イケダハヤト : まだ東京で消耗してるの?

IT企業に転職したい方にオススメ!あなたが知らない転職サイトまとめ

残念な人の法則:仕事ができない人は「移動時間の無駄」に無頓着である

フェイスブックにいいね!

今日も元気にツイート中


Instagramやってます

スポンサーリンク