東京を捨てて高知へ!移住日記

ラーメン一杯500円。高知「ラーメン正太夫」で、平成生まれだけど昭和の空気を感じた

スポンサーリンク

こんにちは、沢田マンション在住、イケハヤ事務所アシスタントの里本です。公務員をやめて高知に来てしまいました。「高知はグルメ情報が少ないから書きまくれ!」という指令のもと、記事を寄稿させていただくことになりました。読者のみなさま、どうぞよろしくお願いいたします!

昭和を感じる駅近ラーメン

とある日の話。高知県は本山町・イケハヤ事務所でおいしい野菜をいただいた。

そのせいで、というわけではないが、夜7時くらいに高知駅に到着。あまりの空腹で道を歩いていると、こんなお店を発見!

「土佐鶴」の文字が輝く、昔ながらのその店構えに吸い込まれた。

写真 2015 09 01 19 04 50

ラーメン正太夫。粋なフォントだ。

写真 2015 09 01 19 05 01

店内はこんな感じ。カウンター5席、座敷15席。

写真 2015 09 01 19 07 00

メニューはこちら。ラーメン500円!お、「お酢ラーメン」だと…?

写真 2015 09 01 19 08 33

写真 2015 09 01 19 08 39

写真 2015 09 01 19 08 42

写真 2015 09 01 19 08 46

写真 2015 09 01 19 08 48

わたしはスタンダードにラーメン(しょうゆ)を注文。具たくさんだ!

写真 2015 09 01 19 12 06

まずはスープをひとくち。期待を裏切らないシンプルさ。昔ながらの「しょうゆ味」が口いっぱいに広がる。

写真 2015 09 01 19 12 34

続いて、麺。ダシが絡んだストレート麺は、コシもちょうど良く、どんどん箸が進む!これはうまい!

写真 2015 09 01 19 15 47

はい!みなさんお待ちかねのチャーシューだ。この「ほろっ感」が伝わるだろうか!

写真 2015 09 01 19 17 41

ふと店内を見渡すと、店主の趣味がちらほら。この生活感がたまらない。わたしは平成生まれだが、昭和の空気を感じる。

写真 2015 09 01 19 07 41

戦艦大和!日本男児の心意気を感じる店だ。

写真 2015 09 01 19 08 58

が、意外とラーメンはさっぱりしたお味。そうこうしているうちに完食。

写真 2015 09 01 19 21 37

やっぱりシンプルな味は飽きない!何杯でもいけそうな予感がする。次回は気になる「お酢ラーメン」にも挑戦しようと思う。高知名物「味噌カツラーメン」も試したい。実に奥が深い店である。

そんな「ラーメン正太夫」さん。場所はココ。高知市民のみなさまはぜひ訪れてほしい。

高知県高知市秦南町1丁目5−46

営業時間は11:00 ~ 14:00 / 17:00 ~ 23:00 (火曜日11:00 ~ 14:00のみ)

火曜日夜は定休日になってるようですので、来店予定の方はご注意を!

イケダより:里本さんのブログはこちら!ぼくが市内にあんまり行かなくなってしまったので、グルメ発掘要員として活躍してもらおうと思っています。高知市は美味しいものがたくさんですからねぇ。

公務員辞めて佐賀から高知へ移住しました!

公務員からライターの道へ。今まで育ててくださった佐賀県のみなさま、ありがとうございました!

1年4ヶ月で武雄市の公務員を辞めるという決断。すべてを捨てて高知に移住しました

高知の情報発信中!

高知の飲食店&グルメ

実験!高知の「ひろめ市場」でよそ者が独り飲んでたら本当に話しかけられるのか??

高知が誇る日本のサグラダファミリア「沢田マンション」がカオスすぎて惚れてしまった話。

そのほか高知のおすすめスポット

本日絶賛つぶやき中



スポンサーリンク