東京を捨てて高知へ!移住日記

[高知食材] 怪獣のような「トウゴロウイワシ」をウロコごとバリバリ食べたよ@居酒屋「多囲」

スポンサーリンク

珍しいものをいただきました。

移住日記 : まだ東京で消耗してるの?

トンゴロウイワシだ!

DSC02712

この日は久しぶりの外食。近くで気になっていた居酒屋「多囲」に行ってみました。

このエリアは家族連れでも行ける居酒屋が多いんです。チェーンファミレスの代わりに個室居酒屋が栄えているという、なんとも高知らしい状態。「多囲」も仕切りがしっかりしている、家族に優しいお店です。

DSC02715

おすすめメニュー。おぉぉ、トンゴロウイワシがあるじゃないか!迷わず注文。

DSC02717

まずはダバダ火振で乾杯。

DSC02725

座敷童みたいなのが後ろに来ました。

DSC02739

こちらは名物のお豆腐。

DSC02744

とろ〜んとしてます。

DSC02753

「なおしち真鯛」の刺身。高知のブランド鯛です。うまい。

DSC02748

半田そうめん。うどんとそうめんの中間のような、コシの効いた麺です。美味しいのでお試しあれ。

DSC02763

白魚の天ぷら。うちの妻が好きなんです。

DSC02769

トンゴロウイワシきた!

もったいぶってすみません。来ました、こいつがトンゴロウイワシです。

DSC02773

ご尊顔。

DSC02775

妻が謎の構図で撮影。

DSC02779

そう、トンゴロウイワシは丸揚げにして、硬い鱗ごと食べるんです。鱗が逆立って、怪獣のような雰囲気を漂わせております。ギザギザ。

DSC02771

気になるお味は…見た目通りの「バリバリバリッ!」という弾ける食感のなかに、引き締まったイワシの身が詰まっています。これは癖になります。今後、見かけたら間違いなく注文することでしょう。

なんとなくWikipediaをみたら、「一般に食用とはされない」とか書いてました。まじですか。ウツボ、イタドリといい、高知はそういうの多いな…。

鱗が硬質で剥がれにくく一般に食用とはされない。釣り針にかかることも多く外道として避けられるが、食べられないわけではない。寿司ネタや干物にすると美味という。釣り上げた上でスズキやヒラメなどの大型魚を狙う生き餌に使う人もいる。

トウゴロウイワシ – Wikipedia

一度ご賞味あれ

ツイッターの検索も貼り付けておきます。あまり見つからないので、食材としてはかなりマニアックといえるでしょう。

東京から高知県に移住したよ!

「#移住日記」書いてます。

イケダハヤトが高知県に移住した10の理由

高知の個人的殿堂入りレストランまとめ

高知のすばらしい居酒屋たち

高知の観光名所をレビュー!

お知らせコーナー

(new!)月額4,980円のオンラインブログ塾始めました!本気のブロガーはぜひ。

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

イケダに会える日/講演依頼できる日を公開中

ビッグイシュー・オンラインの編集長やってます

フェイスブックにいいね!

今日も元気にツイート中


Instagramやってます


スポンサーリンク