東京を捨てて高知へ!移住日記

本山町、移住の決め手になりました。住民の生活の質を上げる「さくら市」という存在

スポンサーリンク

 

さくら市がなければ移住していなかったかもしれない。

移住日記 : まだ東京で消耗してるの?

 

生活の質が上がります。

DSC02629

「さくら市」は、ぼくが住んでいる高知県本山町の中心部にある直販所&パン屋&カフェ。

小さな直販所なんですが、品揃えはかなり豊富。これは5月に訪れたときの写真ですね。

DSC02594DSC02570DSC02577 DSC02598DSC02574DSC02581DSC02572 DSC02576

ハーブ、スパイスも充実。

DSC02567DSC02569DSC02568DSC02566

お惣菜やお菓子も充実してます。

DSC02585

ヒビノケイコさんのお菓子ですね。

DSC02584DSC02587DSC02588

ハイクオリティなパン屋「レイホクファーマーズカフェ」

さくら市がすばらしいのは、ハイクオリティなパン屋&カフェまで併設しているのです。

DSC02604

自然派なのも嬉しいですねぇ。こちらはもともと東京で「サクラベーカリー」というお店をやられていた、佐藤さんご夫妻のお店なのです。

スクリーンショット 2015 06 20 9 41 07

言葉は要りません。

DSC02624DSC02621DSC02615 DSC02619DSC02620DSC02618DSC02617 DSC02616

カフェなので店内でコーヒーも楽しめます。

DSC02626

 

都民よ羨望せよ!これが田舎の「産直市」だ!

田舎には産直市があるんですよ。朝採った野菜を、農家さんが直接並べるタイプのマーケットです。

そんなわけで、我らが「さくら市」の9月ラインナップを激写しましたので、都民のみなさんは羨ましがってください。

DSC02246

まずはトマト。最近品揃えが薄くなってきましたが、まだまだ店先に並んでいます。

DSC02258

ミョウガも今ですね〜。都内だと3つで100円くらいでしたっけ?

DSC02260

すだちもたくさん。これも都内だと3玉で100円とかですよね。

DSC02261

地元のブドウも買えちゃいます。リンゴもあるんですが、売り切れてました。瞬殺されるっぽい。

DSC02262

地元産のにんにくも、たっぷり入って100円。中国産にんにくとか誰が買うんでしょ?

DSC02263

自然農法で育った、「めぐりめぐる農園」のこだわり野菜も並んでます。我が家はいつもここの野菜。

DSC02253 DSC02248

ゴーヤもまだ並んでますね。3つ入って100円。

DSC02254

新生姜ですね。ごっそり。

DSC02245

地元産のパプリカ。これもうらやましいでしょう〜。

DSC02244

炭火で焼くと涙が出るほどうまい長茄子。

DSC02250

万願寺とうがらしもたっぷり。

DSC02251

今はかぼちゃも並んでますね〜。こちらの農家さんもこだわりです。

DSC02255

東京時代は野菜が高くて、買うの躊躇してたんですよね。鮮度も低いし、海外産の野菜はなんか嫌ですし。

が、高知に越してきてから、野菜が安くて美味しくて、「野菜でお腹いっぱいになる」ようになりました。これ、東京ではありえない暮らしですよねぇ。

というわけで、はい。まだ東京で消耗してるの?高知でお待ちしております。

 

移住日記 : まだ東京で消耗してるの?

 

おまけの一枚

すべる!さくら市。

DSC02628

本山町、人口3,600人と小さな街なんですが、超便利なんですよねぇ。さくら市があればマジで生きていけます。近くにはサンシャインという大型スーパーもあります。ぜひ移住してください。

 

 

東京から高知県に移住したよ!

「#移住日記」書いてます。

イケダハヤトが高知県に移住した10の理由

高知の個人的殿堂入りレストランまとめ

高知のすばらしい居酒屋たち

高知の観光名所をレビュー!

 

お知らせコーナー

(new!)月額4,980円のオンラインブログ塾始めました!本気のブロガーはぜひ。

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

 

人気記事セレクション

IT企業に転職したい方にオススメ!あなたが知らない転職サイトまとめ

残念な人の法則:仕事ができない人は「移動時間の無駄」に無頓着である

独立1年目で失敗しがちなこと:ぼくが実際に犯した5つの失敗

 

フェイスブックにいいね!

 

 

 

今日も元気にツイート中


 

Instagramやってます

 

スポンサーリンク