ブログ運営ノウハウ

SmartNewsへの配信が始まりました。「SNO(スマニュー最適化)」は大切ですよ

スポンサーリンク

スマートニュースの「オピニオンチャンネル」に、うちのブログが流れるようになりました。

 

アクセスけっこう流れてきます

スクリーンショット 2015 08 06 15 14 27

スマートニュースは言わず知れたスマホニュース大手。グノシーも有名ですが記事選びがかなりゲスいんで、真面目成分の強いスマニューを愛用しています。好みかなり別れるでしょうね。

そんなスマニューが最近、ブロガーを集めた「オピニオンチャンネル」を始めました。

SmartNewsは、幅広いジャンルのニュースを整理して読めるスマートフォン・タブレット向けのニュースアプリ。オピニオンチャンネルでは、新聞社の社説など各メディアの記事のほか、個人クリエイターやブロガーが発信する考えや批評、見解などを集約したさまざまなオピニオンを提供する。

スマートニュースが「オピニオンチャンネル」を開設–社説やブロガーの批評を集約 – CNET Japan

うちのサイトもここに選ばれているようで、先日ちらっと記事が露出していました。スクリーンショット撮り忘れたけど、アクセス流れてきているので間違いないかと。

スクリーンショット 2015 08 06 15 03 25

実はうちのブログ、「オピニオン」チャンネル以外に、「livedoor Blog」でも配信されていたりします。そんなこんなで、smartnewsからのアクセスは月間7,500セッション程度流れてきていたりします。嬉しい援護射撃ですね。

スクリーンショット 2015 08 06 15 03 16

スマニュー最適化を考えよう

今後もスマートニュースの影響力は高まっていくと思われます。今のうちに対策をしてスマートニュースの枠内での露出を確保しておくと、スマホ経由の新規読者を効率的に掴むことができるようになるはず。

メディアによっては、すでにスマニュー経由でかなりのアクセスを稼いでいると伺っています。Yahoo!ニュースの影響力を凌ぐ日が来る日もそう遠くないでしょう。具体名は言えませんが、媒体によってはすでにそうなっていますね。

オピニオンチャンネルができたおかげで、スマニュー最適化はやりやすくなった感があります。個人ブロガーの方は鋭い、専門的な意見を発信して、この枠への掲載を狙ってみてください。うちが掲載されているくらいなので、そんなにハードルは高くない…と思います。

 

スマホニュースアプリは要チェック

この分野はまだまだ成長していきます。

スマニュー、グノシー、アンテナが新興の注目株。細かいところでは「カメリオ」、大手の「@niftyニュース」「Yahoo!ニュース」、変わり種で二次元中心の「ハッカドール」などなど、プレーヤーは多岐にわたっています。

いずれもアクセスを流してくれる貴重なチャネルとなる可能性があるので、一通りダウンロードして「ここに掲載される方法はあるだろうか…」と考えてみるのをおすすめします。

 

スマートニュースの月間PVは2億

藤代さんがスマートニュース社を取材しており、しれっとレア情報が掲載されています。

 8月には有力ベンチャーキャピタルのグロービス・キャピタル・パートナーズ(東京都千代田区)から4億2000万円の出資を受け入れた。まだ収益はゼロにもかかわらずだ。藤村氏は「むしろもうけを頭に入れてしまうことが懸念」、鈴木氏も「収益はその次で、利便性を考えていく時期」と、利用者を増やすことに全力を挙げる。月間記事閲覧数は11月に約2億ページビュー。多くのスマホユーザーがスマートニュースを経由して記事を読むようになっている。

失敗に学んだ成功 人気アプリ「スマートニュース」の開発秘話  :日本経済新聞

なんと!すでにスマートニュースが生み出すページビューは2億に達しているそうで…。1日あたり660万PV近いということですね。

ぼくの記事はしばしばBLOGOS経由でスマートニュースにも配信されています。月に1本ペース。個人ライターはページビューを教えてもらえないのですが、一日の記事配信本数から考えても、数万の桁には届いているんでしょうね。

 

「スマートニュース最適化(SNO)」は可能か?

個人ブロガーがアクセスデータが取得しにくいのであまり注目されませんが、参照元としてはすでに相当な規模になっているはずです。はてブやGunosyの最適化を考えるなら、むしろスマートニュースの露出獲得を練った方がいいと思われます

「スマートニュース最適化(SNO)」は具体的にいえば、スマートニュースに配信されやすい媒体・「チャンネルプラス」を利用している媒体に、うまく取り上げてもらうことが対策なるでしょう。ヤフトピを狙うのと同じ感覚ですね。

ひとつ自慢をしておくと、ぼくはBLOGOS、現代ビジネス、Yahoo!個人という3つの切り口からスマートニュースに攻め込める、けっこう貴重なライターだったりします。ぼくがあなたについて書けば、スマートニュースに配信されるかもしれない、ということです。

 

今日現在、下記の媒体が「チャンネルプラス」に登録しています(媒体運営者の皆様へ | SmartNews)。これらの媒体に載る記事は、スマートニュースユーザーの目にも触れやすいと考えてよいでしょう。

  • 株式会社東洋経済新報社 「東洋経済オンライン」
  • トムソン・ロイター・マーケッツ株式会社 「ロイター」
  • 株式会社共同通信デジタル 「共同通信ニュース」
  • 株式会社東京スポーツ新聞社 「東スポWeb」
  • 株式会社日刊スポーツ新聞社 「ニッカン」
  • 株式会社講談社 「現代ビジネス」
  • 同上 「ゲキサカ」
  • 株式会社小学館(運営・広告管理ターゲッティング株式会社) 「WooRis」
  • 同上 「美レンジャー」
  • 同上 「Menjoy!」(メンジョイ!)
  • 株式会社扶桑社 「SPA!(日刊SPA!・女子SPA!)」
  • 株式会社プレジデント社 「PRESIDENT Online」
  • 朝日インタラクティブ株式会社 「CNET Japan」
  • 同上 「ZDNet Japan」
  • 株式会社Impress Watch 「Impress Watch」(インプレスウォッチ)
  • SBIサーチナ株式会社 「サーチナ」
  • 株式会社エイガ・ドット・コム 「映画.com」
  • 株式会社イード 「レスポンス」
  • 同上 「RBB TODAY」
  • 株式会社マイナビ 「マイナビ(マイナビニュース、マイナビウーマン、マイナビスチューデント)」
  • 株式会社メディアジーン 「ライフハッカー [日本版]」
  • 同上 「ギズモード」
  • 同上 「roomie」(ルーミー)
  • ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン株式会社 「ハフィントンポスト」
  • AOLオンライン・ジャパン株式会社 「Engadget 日本版」(エンガジェット)
  • 同上 「TechCrunch Japan」(テッククランチ)

 

ちなみにYahoo!のトップページは月間平均64億PVとのこと(資料ダウンロード – Yahoo! JAPANへの広告掲載)。スマートニュースの圧倒的な伸びを考えると、来年には既に射程内に入っていてもおかしくないでしょうね…来年は波乱の年になりそう。

 

 

 

東京から高知県に移住したよ!

「#移住日記」書いてます。

東京を捨てて高知に移住して、丸一年。今感じていることをまとめてみた

 

一日中マンガ読んでるイケダの本棚

一巻で完結する面白いマンガたち

5巻以内に完結する面白いマンガたち

11巻以内に完結する面白いマンガたち

最新刊を楽しみにしているマンガ一覧

 

お知らせコーナー

(new!)月額4,980円のオンラインブログ塾始めました!本気のブロガーはぜひ。

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

イケダに会える日/講演依頼できる日を公開中

 

人気記事セレクション

「買ってよかった!」と本気で思えるよ。おすすめグッズ、家電製品まとめ by イケダハヤト : まだ東京で消耗してるの?

IT企業に転職したい方にオススメ!あなたが知らない転職サイトまとめ

残念な人の法則:仕事ができない人は「移動時間の無駄」に無頓着である

 

フェイスブックにいいね!

 

 

 

今日も元気にツイート中


 

Instagramやってます

 

スポンサーリンク