賛否両論?イケダハヤトが物申す

ゴーストライティングで書籍を出版します

スポンサーリンク

書籍企画をいただきました。

 

今回はゴーストライティングです。

いや、実はいくつかの出版社から「移住関連の本を出しませんか?」というオファーはいただいていたんです。

が、正直紙の本をゼロから執筆する元気がなく、「もうちょっとネタが溜まって、書きたいことがクリアに見えてきたら書きます」とお茶を濁してきたんです。まだ移住して1年なので、実際、見えてない部分が多いんですよね。

そんなことを言っていたら、とある出版社から「聞き書き」で書籍を出す話が浮き上がりました

あえてこの言葉を使いますが、巷で言うところの「ゴーストライティング」というやつです。ぼくがライター&編集者の方にダラダラとお話をして、それをまとめていただき、最後にぼくが原稿の手直しをする、という流れで一冊の本を制作します。

 

自分で書かないほうが売れる

なぜこの手法を取るかというと、こっちの方が「売れる」んですよ。

基本的にぼくの本は自分で書いていますが、自分で書くとダメなんです。なんというか、書籍のマーケティングは世界が全然違っていて、ブログと同じ感じで書くと、マーケットに受け入れられない感じを抱いています。

実際、ロングセラーとなっている「武器としての書く技術」は、半分くらい編集者の方が書いてくださっています。

こちらは聞き書きではなく、ぼくが書いた原稿をざっくり削られ、編集者の方が加筆修正しています。

で、その方がよく売れるんですね。餅は餅屋に任せるのがいい、ということです。かれこれ紙の本は6冊くらい出しているので、いい加減学びました。

 

「自分で書かない」というのは「あり」なのです

なんだか世間的には「本は著者が自分で書くものだ」という「誤解」がまかり通っているようですが、これは本当に誤解で、創作のあり方として「聞き書き(ゴーストライティング)」は大いにありなんです。

時には、誰かにかいってもらったほうが「よく伝わる」んですよ。これは「楽をしたい」とか、そういう次元の話ではありません。

それこそ聖書とかも「聞き書き」じゃないですか。いや、ちゃんと読んだことないけど。「キリストはこう言われた」とか、伝聞ですよね。論語の「子曰く」もそうですね。ソクラテスの言葉も聞き書きで残っています。

「面白い人の話を聞き取って、それを第三者がまとめる」というのは、れっきとした効果的な創作手法なのです。

 

というわけで、ぼくも初めて、本格的に「聞き書き」での著作出版に挑戦しようと思います。

目次案を見せていただいた感じ、とてもいい流れでまとまっていました。このブログを読んでいただいている方向けというよりは、新しい読者を獲得するための一冊にしようかと。読んだ人の価値観、人生を変えるような一冊にしていきたいですね。

 

ゴーストライターがいることは恥でも何でもない

昨今の「偽ベートーベン」騒動について思うことを書いておきます。

そもそも前提として、どんな芸術においても「第三者の力を利用する」ことは別段の悪でも善でもないとぼくは考えます。絵を描くときだって、映画を撮るときだって、楽曲をつくるときだって、文章を書くときだって、「独りで制作しなければダメ」なんてルールはありません。

ダ・ヴィンチとかミケランジェロとか、ルネサンス期の絵画作品なんかは共同制作も多いんですよね。歴史的に見れば、むしろ「独りで制作する」という道の方が珍しいのかもしれません。

なので、今回の作曲の件についても、別にゴーストライターを雇うことが悪いわけじゃないのです。音楽の世界に詳しいわけではないですが、第三者の手を借りて作曲することは、そう珍しいことではないのではないでしょうか。

 

ぼくの本、半分くらい編集者が書いてますよ

第三者の手を借りることは悪でもなんでもないと考えると、別段話は難しい問題ではなく、単純に「他人の手を借りて制作した場合は、そのことを開示する」というルールを遵守すればいいだけです。エンドロールでずらずらと関係者の名前が並ぶ映画やゲームを想像していただけるといいでしょう。

ぼくはかなり積極的に、「自分の本は編集者の手が入っており、作品によっては半分近く編集者が書いている」ということを開示しているつもりです。電子書籍「ブログエイジ」は共著者として編集者をどどーんと掲載しています。

本当は紙の本でもこれをやりたいんですけど、なかなかどうして文化の壁があるようで、実現には至っていません。

 

共同制作であることを開示するというのは、作品の魅力を高めることにもつながると思うんですよね。「武器としての書く技術」は編集者の藤井さんが半分くらい書いているので、二人分のノウハウが収録されています。ほら、「ぼくが独りで書いた」というよりお得感が増しますよね。

2/18に発売される「なぜ僕は「炎上」を恐れないのか」も、編集集団WawW ! Publishingががっつり手を入れてくださってます。重版率9割を超えるクリエイター集団なので、こちらもまた独特の色に仕上がっています。自分一人では書けなかった作品ですね。ターゲットとなる読者イメージも、ブログとちょっと違います。

 

いまいち事実関係はよくわかりませんが、今回の騒動についても「この作品は共同制作で、わたしはここまで書いて、彼がここまで書きました。それはよりよい作品をつくるためです」というかたちで発表すれば、問題になることはあり得なかったと思われます。そうできないのは、クリエイターのエゴだったり、業界の文化が背景にあるのでしょうかね…。

 

 

東京から高知県に移住したよ!

「#移住日記」書いてます。

東京を捨てて高知に移住して、丸一年。今感じていることをまとめてみた

 

一日中マンガ読んでるイケダの本棚

一巻で完結する面白いマンガたち

5巻以内に完結する面白いマンガたち

11巻以内に完結する面白いマンガたち

最新刊を楽しみにしているマンガ一覧

 

お知らせコーナー

(new!)月額4,980円のオンラインブログ塾始めました!本気のブロガーはぜひ。

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

イケダに会える日/講演依頼できる日を公開中

 

人気記事セレクション

IT企業に転職したい方にオススメ!あなたが知らない転職サイトまとめ

残念な人の法則:仕事ができない人は「移動時間の無駄」に無頓着である

独立1年目で失敗しがちなこと:ぼくが実際に犯した5つの失敗

 

フェイスブックにいいね!

 

 

 

今日も元気にツイート中


 

Instagramやってます

 

スポンサーリンク