賛否両論?イケダハヤトが物申す

「嫌儲」の心理を考察する:日本人は「お金を使うのが下手」だから、お金儲けを嫌う

スポンサーリンク

ネットでよく見る「嫌儲(読み方:けんちょ、けんもう)」って本当に面白いなぁ、と思います。

お金を稼いで何が悪いんだろう?

最近、アフィリエイトに注力しています。純粋に攻略するのが楽しいのと、もう少しお金を稼ぎたいんですよね。以下の記事なんかは、アフィリエイトを取り入れています。

で、アフィリエイト中心のブログ記事を書くと、「アフィカス(訳:アフィリエイト目的のカス野郎)」やら「守銭奴」「ネット乞食」とか言われたりするんです。気になる人は「イケダハヤト」でツイッターあたりを検索してみてください。

謎の誹謗中傷を繰り出す彼らの心理は、一体どのようなものなのか、昼寝しすぎて眠れなかったので考えてみました。

お金を使うのが下手だから

はい、一晩寝たらわかりました。

「嫌儲」の人たちは、お金を使うのが絶望的に下手なんですよ。きっと彼らは、すごくシンプルに、お金の使い方を「知らない」だけなんです。

お金の使い方を知ると、お金を稼ぐことを、素直に肯定できるようになります。

ぼくは高知に来てから、お金があれば、以下のようなことができることを知りました。お金があれば:

  • 「高知が好きで高知に残りたいけれど、仕事がないから出ていなかくてはいけない若者」を雇用できる
  • 「人生に迷った若者が、高知でのんびり仕事ができる環境」を作れる
  • 自分の好きなお店やクリエイターを、商品・サービスを購入することで応援できる
  • 高知に足りないものを補強できる(たとえば、温泉が少ないので温泉掘りたいんですよ)
  • 高知県をくまなく堪能できる

などなど。お金という資源は、この高知という土地では、様々な使い道があります。

もっと妄想を書くと、億単位のお金があったら、地元のベンチャーやNPOを応援するファンドとかも作りたいですねぇ。あとは海外に渡るための奨学金とかも。とにかくまぁ、使い道は山ほどあります。

「お金を稼ぎ、使うこと」が、ぼくの役割

お金の使い道があることに気づいたので、ぼくは積極的にお金を稼いでいます。

幸いにして、ぼくはお金を稼ぐのが割と得意な方なので。「お金を稼ぎ、使うこと」は、高知におけるぼくの役割だとすら感じている今日この頃。

お金の使い方がうまくなれば、日本は変わると思う

話を戻すと、結局「嫌儲」の方々には、こういう発想がないのでしょう。

お金はせいぜい「私利私欲を突き詰めるためにあるもの」という程度の理解。そういう理解を持っていると、どうしても「嫉妬」が芽生え、「嫌儲」に至ります

これはネット上に生息する「嫌儲」の人々に限らない話で、多くの日本人が陥っている「バカの壁」だと思います。多くの人が「お金を使う」というスキルを身に付ければ、日本経済はまだ活性化できるはずです。

関連本。ぼくのイメージする使い方とは少し違いますが、「インベスターZ」は「投資」というお金の使い方を教えてくれるいい本です。

寄付という使い方について語った名著。嫌儲の人たちは目をかっぽじって読むといいと思います。

東京から高知県に移住したよ!

「#移住日記」書いてます。

イケダハヤトが高知県に移住した10の理由

一日中マンガ読んでるイケダの本棚

一巻で完結する面白いマンガたち

5巻以内に完結する面白いマンガたち

11巻以内に完結する面白いマンガたち

最新刊を楽しみにしているマンガ一覧

2014年版「超」面白かったマンガまとめ

お知らせコーナー

(new!)月額4,980円のオンラインブログ塾始めました!本気のブロガーはぜひ。

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

イケダに会える日/講演依頼できる日を公開中

フェイスブックにいいね!

今日も元気にツイート中


Instagramやってます

スポンサーリンク