賛否両論?イケダハヤトが物申す

[予言] 「音楽ストリーミング」が話題だけど、「電子書籍」も読み放題が当たり前になるよ

スポンサーリンク

「LINE MUSIC」「AWA」「Apple Music」などなど、音楽ストリーミングが話題ですね。

電子書籍も読み放題が当たり前になる

LINE MUSICからもわかる通り、音楽はもはや「毎月1.000円払えば聴き放題」が当たり前になります。
 

スクリーンショット 2015 06 11 15 54 36

ネットに詳しい業界人からすると、この話は特に驚くべきポイントはありません。「日本でもストリーミングが主流になる」というのは、5年前から言われ続けてきたことです。ようやくきたか、という感じ。

ただ、これは音楽にとどまらないトレンドで、次は明らかに、電子書籍なんですよね。電子書籍も同様に、「毎月1,000円払えば読み放題」になるんです。予言します。

…と、思っていた矢先、ソフトバンクが早速定額読み放題を始めてしまいました。もはや予言じゃないですね。

こちらは月額500円で「130誌以上の雑誌と1,000作品以上のマンガが読み放題」だそうです。読んでる雑誌が対象になっているのなら、加入する価値はあるんじゃないでしょうか。
 

スクリーンショット 2015 06 11 15 59 10

実は、同様のサービスはauも提供していたりします。なので、ソフトバンクのそれも、実は目新しさはありません。
 

スクリーンショット 2015 06 11 16 01 29

新興ストアが出てくるか?Amazonが勝つか?

とまぁ、携帯キャリア紐付きのサービスはあんまりワクワクしませんよね。ぼくは格安SIM使ってるので、そもそも加入できませんし。

これから期待したいのは、新興の「読み放題ストア」の登場です。

順当にいくと、LINEが「LINE BOOKS」なんてサービスを、音楽と同様に立ち上げるのでしょう。LINEプラットフォームの影響力を考えると、ここは相当な力を持ちそうです。

ドワンゴと合併したKADOKAWAも、有力なプレーヤーです。すでに500円で文庫が読み放題になる「角川文庫プレミアムクラブ」を展開しているので、この延長で実装してきそうですね。Comic Walkerにも注目です。

Yahoo!やDeNA、GREEあたりが電子書籍の「読み放題」に参入してくるのも、想像に難くない未来です。DeNAのマンガボックスは次なる一手を打ってくるかも。

もちろん、我らが?Amazonも筆頭プレーヤーです。米国ではすでに月額9.99ドルの読み放題サービス「Kindle Unlimited」をリリースしています。日本上陸も近いと思われます。
 

スクリーンショット 2015 06 11 16 11 47

とまぁ、予言するまでもなく、電子書籍は「読み放題」が当たり前になっていきます。5年後は今とは相当違った風景になっているんでしょうねぇ。

出版社・著者のビジネスモデルも変わる

読み放題が当たり前になれば、出版社・著者のビジネスモデルも変わります。

まず、定額分に関しては「閲覧数・ダウンロード数に応じた収益分配」となるのでしょう。10万回読まれれば100万円、100回しか読まれなければ1,000円、といった具合です。これによって、各ストアの上位コンテンツは似たり寄ったりなものになっていく可能性もあります。

あえて定額読み放題に参加せずに、比較的高い値段で電子書籍を単品販売するプレーヤーも登場するでしょう。「部数は出ないけれど、読む価値のある本」なんかは、逆に定額にしない方がよさそうです。取材に時間をかけたノンフィクション作品など。

総じて言うと、出版社・編集者は、著者を全方位的にプロデュースする、芸能プロダクションのような機能が強化されるようになるのでしょう。「いい本を出す」というのはあくまで前提で、そこから先のつながりをデザインすることが求められるようになります。

ぼくらの子どもたちは、「本は買うもの」ではなく、「本は契約して読むもの」という理解を持つようになります。本の出版に携わる方は、この未来をイメージしながら、コンテンツを世に出していく必要があります。

最後に、ヒントとして大きなものは、やはり「有料サロン」でしょう。著者の活動は、こうしたファンクラブに支えられていくようになると思います。出版業界の人でこの話題についていけない人は、マジで死相出ていると思います。本当に。うちは毎月粗利で60万円くらい出てますよ。

東京から高知県に移住したよ!

「#移住日記」書いてます。

イケダハヤトが高知県に移住した10の理由

一日中マンガ読んでるイケダの本棚

一巻で完結する面白いマンガたち

5巻以内に完結する面白いマンガたち

11巻以内に完結する面白いマンガたち

最新刊を楽しみにしているマンガ一覧

2014年版「超」面白かったマンガまとめ

お知らせコーナー

(new!)月額4,980円のオンラインブログ塾始めました!本気のブロガーはぜひ。

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

イケダに会える日/講演依頼できる日を公開中

フェイスブックにいいね!

今日も元気にツイート中


Instagramやってます

スポンサーリンク