おすすめ本・セール情報

「ねじれた絆」。6歳まで育てた我が子、実は病院で取り違えられていた。あなたなら交換する?そのまま育てる?

スポンサーリンク

子育ての方にはキツイ一冊。すばらしいノンフィクションの名著です。

6歳まで育てた我が子、実は病院で取り違えられていた

小学校にあがる血液型検査で、出生時の取り違えがわかった二人の少女。他人としか思えない実の親との対面、そして交換。「お家に帰りたいよう。」子供たちの悲痛な叫び―。沖縄で実際に起こった赤ちゃんの取り違え事件。発覚時から、二人の少女が成人するまで、密着した著者が描く、家族の絆、感動の物語。

本書は昭和52年、沖縄で発生した「赤ちゃん取り違え事件」を追ったノンフィクション。いやー、これきついんです。すぐに取り違えがわかったのならまだいいんですが、判明したのは6歳の時点。6歳ですよ。もう「我が子」として育て上げちゃっているわけです。が、実はそれが血の繋がった子ではなく、お腹を痛めた我が子は別の家で育てられていた…と。

「六歳というのはかわいい盛りですよ。いまさら他人の子だと言われて手放すことができますか。でもすぐ近くには自分のお腹を痛めた子供がいる。どっちかを選べなんて、こんな残酷なことはありませんよ。血を分けた子か、これまで育てた子か、もしもおたくならどっちを選びますか」

 私はしばらく言葉がなかった。

親の心情は、読んでいて相当辛いものがあります。グサグサきます…。

その瞬間が来た! 私はくい入る様にその子の顔を見つめた。似て居る! 孝一にそっくりだ。イヤ、主人にも……。美津子ちゃんは相手の父親にそっくり。とくに小柄な母親に生き写しだ。お互いに見つめ合っているうちに、事実なんだなあ、やっぱり交換されたんだなあと思い、体がぶるぶる振え出した。  

 私達はお互い自分のほんとうの子をだきました。産んではじめてだく我が子……。涙が流れて、言葉は一言も話せなかった。主人は、泣いて泣いて、とうとうだけなかった。私たちのほんとうの子供の名前は、初子と云う名前だそうです。

(中略)初めて実子をひざにすわらすと、なんとも言うようがないむねのいたさで、なみだをこらえて、ことばではいいようのないくるしい思いでした。だきしめたい気持もありました。子供達は病院からおにんぎょうをもらって、とってもよろこんでいました。

それでも、当事者である親たちは、「交換」という道を選びます。が、子どもは当然抵抗するわけです。ここら辺の描写は苦しくて泣けてきます。

 いつか幼稚園から帰った初子はこんなことを夏子に尋ねたことがあった。

「わたし、とうちゃんとかあちゃんの子じゃないって言われたよ。ほんとなの?」

そのときは、初子にはお父さんとお母さんが二人いるのよ、とハラハラしながら説明したものだ。あれから二カ月経ったいま、夏子はもう隠し通すことはできないと観念しなければならなかった。

「ほんとはね、初子はかあちゃんの子供じゃないのよ」

「うそでしょ、どうして?」

「うそなんかじゃないよ。ずっとずっと昔、初子が生まれたときに看護婦さんが美津子ちゃんと間違えたんだよ。だから、一年生になる前に美津子ちゃんがこっちに来て、初子が伊佐さんちに行って……」

 最後まで言い終えぬうちに、「うそだ、うそだ、かあちゃんのバカ、向こうなんか行きたくない」と泣きじゃくった。それを見て夏子は何も言えなくなってしまった。

この事件が数奇なのは、子どもを交換した後も、お互いの家庭を子どもたちが行き来している点。通常、取り違えが起こった場合は完全に縁を断つのですが、彼らは図らずも「拡大家族」を維持しました。しかも、彼らはなんと実質的に「同居」をして生活したのです。

そのうち、時が経つにつれて城間のほうは「下の家」と呼ばれるようになり、貸し店舗の屋上にある伊佐のほうは「上の家」となった。

 はじめての家庭訪問があったときである。担任の教師が母親の夏子と面談を終えて外に出ると、美津子がニコニコしながら待ち構えていた。

「上にお母さんが住んでいるんだよ。先生、会ってみる?」

「えっ? いまのはお母さんじゃないの」

「あれはかあちゃんだよ」 「じゃあ、お母さんって誰なの」

「先生は知らなかったんだ。私、小さいときに取り違えられたんだよ」

 あっけらかんと話す美津子に、むしろ驚きを隠せなかったのは教師のほうである。こぼれそうな笑顔だった。およそ悩みを背負って生きているようには思えないほどの磊落さが顔に出ていた。学校ではつとめて明るく振る舞おうとしていたのだろうか、K中学の教師たちは、おしゃべりで陽気な美津子しか知らなかった。

すごい話ですよね、これ。取り違えられた子どもたちがどう育っていくか。ネタバレになるので書きませんが、心に重く入ってくるストーリーです。ぜひ。
 

お知らせコーナー

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

イケダに会える日/講演依頼できる日を公開中

ビッグイシュー・オンラインも編集してます

本・マンガ好きのみなさまに

一巻で完結する面白いマンガたち

2014年版「超」面白かったマンガまとめ

2014年版「超」面白かった本まとめ

東京から高知県に移住したよ!

イケダハヤトが高知県に移住した10の理由

「#移住日記」始めました。

質問募集中!メルマガで答えます。


今日も元気にツイート中


(プレゼント付き)自力で稼ぐ力を付ける!1年間の無料メール講座。

イケハヤです。

収入に不満がある

不労所得がほしい

自力で稼げるようになりたい

そんなあなたのために!

「ゼロから自力で稼ぐ力を付ける」をテーマにした無料メール講座を作りました。

一応注意すると、甘い話は書いてありませんよ。けっこう厳しめに教えてます。

優しく教えても、なかなか変わりませんからね……。

途中で嫌になって解約する人もけっこういますw

 

無料でいつでも解約できるのでご安心を!

このメール講座をしっかり受講し、提案される行動を取ってもらえれば……。

1年間で月2〜3万円稼げるようになるはずです

人によっては、もっといけるとも思います。

本メール講座では、以下のような内容を収録しています。

  • 有料販売している教材のプレゼント
  • 稼ぐためのマインドセット
  • 情報商材詐欺にあわないための知識
  • 初心者がまずやるべきこと
  • ツイッターの使い方(課題達成者には無料コンサル1回
  • ブログアフィリエイトの始め方
  • コンテンツ販売で稼ぐノウハウ
  • YouTubeで稼ぐ方法
  • 最新おすすめ副業徹底解説
  • 副業を始めるときのベストな考え方
  • 資産運用の基礎的な知識
  • 絶対にやっておくべき節約術

 

などなど……。

伝えておくべき内容が出てきたときは、号外で最新情報も提供します。

繰り返しですが、すべて無料です。

noteなどで有料販売している教材をちょくちょくプレゼントしてるので、ぶっちゃけかなりお得です……。

最初のメール講座にもプレゼント教材(ブログ、SNS、YouTube「最初の1円」を稼ぐためのルートガイド)入れてあるので、ぜひご活用ください〜。

 

 

 

【YouTube攻略の秘訣を教えるメール講座】

メール講座が非常に反響がいいので、追加でもうひとつ作りました。

YouTubeで稼ぎたい方はこちらもどぞ!

 

Secured By miniOrange