未分類

これ最悪!漫F画太郎の「罪と罰」は絶対に買ってはいけない!

スポンサーリンク

本当におすすめしません。

最悪です

表紙とタイトル、そして「原作 ドストエフスキー」を見るとすごく真面目な漫画に見えますが、中身は最悪です。ちなみに表紙を描いているのは別人です。

中身をキャプチャしてお見せしたいところですが、あまりにも最悪だったので、即座にライブラリから削除してしまいました。汚らわしい!

スクリーンショット 2014 12 24 11 55 54

Amazonレビューを見ていきましょう。超高評価です。みんな大好き画太郎先生!

スクリーンショット 2014 12 24 11 56 25

星4つを投稿した「ゆう」さんのレビュー。

正真正銘のくそまんです。内容などなにもありません。ひたすらババアのくそが飛び散ってるだけのくそまんです。

本当に買って損しました。読んですぐ窓から投げ捨てました。作者はき◯がいです。絶対買ってはいけません。

星5つの「アキナショフ “ナショフ”」さん

本当に最低ですこの人は、断言できる!画太郎は世界最低の糞漫画家(褒め言葉)

こちらも星5つ、「pswtt」さん

原作ドストエフスキィと堂々と書いておきながら、いきなり原作の展開無視。ババア、逆レイプ、クソ、再びババア、クソ・・・絵は上手くなったが、若き日の画太郎節は一つも丸くならず・・・いやむしろさらにとんがって、読者に迫ってきます。天才と狂気は紙一重・・・漫画太郎はまさにその典型でしょう。

ロシア人がこれ見たら、日本を嫌うでしょう。こどもに読ませたら、消えることのないトラウマを背負うことでしょう。

18禁にはすべきですが、世界的名作を相手に、これだけマイワールドに取り込んでしまう傲慢不遜さ、言いかえれば自分の信念を貫く姿勢は、どこか今をいきる私たちに必要なものかも・・・しれない。権威にこびないという意味で。

どれだけ私たちが嫌おうが、漫画太郎。どれだけ私たちが好こうが、漫画太郎。かれは、かわらない・・・。

いくらレビューを読んで興味を持ったとしても!内容は最悪なので買ってはいけません。ここまでおすすめできない漫画というのも珍しいです。こういうぼくの記事だったり、凝ったAmazonレビューと合わせて、一つの作品世界を作っていることはすごいと思いますが、それでも中身は最悪です。絶対に買ってはいけない!

お知らせコーナー

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

イケダに会える日/講演依頼できる日を公開中

ビッグイシュー・オンラインも編集してます

本・マンガ好きのみなさまに

一巻で完結する面白いマンガたち

2014年版「超」面白かったマンガまとめ

2014年版「超」面白かった本まとめ

東京から高知県に移住したよ!

イケダハヤトが高知県に移住した10の理由

「#移住日記」始めました。

質問募集中!メルマガで答えます。


今日も元気にツイート中


スポンサーリンク