おすすめアプリ、ウェブサービス

LINEとツイッターしかやらないし、iPhoneじゃなくていいかも:格安スマホ&SIMが魅力の「楽天モバイル」の利用料金を計算してみる

スポンサーリンク

iPhone持っている意味あるのかなぁ、と最近考えるようになりまして…。

iPhoneを持っている必要はあるのだろうか…

ぼく、最近iPhoneあんまりゴリゴリ使ってないんです。日々起動するアプリといえば、Gmail、ブラウザ、Janetter(ツイッターアプリ)、Kindle(電子書籍)、SmartNews(ニュース)、カメラアプリくらい。冷静に考えると、iPhoneである必然性はそれほどありません。ここ最近は利用アプリをそぎ落としており、すべてのアプリが一画面に余裕で収まるほどです。

IMG 5694

そんなわけで、iPhoneはぼくにとってハイスペックすぎるよなぁ、と思い始めています。ゲームとかやるならまた違うんでしょうけど、普通に使う分ならZenFone 5とかでいいんじゃないかと。こいつは2万円台で買えちゃうんですよ。iPhone6は8万近くするというのに。すごい価格差です。

スクリーンショット 2014 12 08 14 16 49

そんなわけで、次回の端末は思い切って「格安スマホ+格安SIM」にしてみようと考えていたりしていた矢先、フュージョン・コミュニケーションズ株式会社さんから「楽天モバイル」についてのレビュー依頼が舞い込んできたので、リアルな料金を計算してみました。

格安スマホ+格安SIMは、どのくらい安いのか?

スクリーンショット 2014 12 08 15 35 26

今回計算してみたのは「auでiPhone 6 16GBを利用」と「楽天モバイルZenFone 5を利用」という二つのパターン。まずは2年間の総額で考えてみようと思います。

まず、auでiPhone6 16GBを契約すると、月額6,172円と出ました(機種変更、iPhone 5sを下取り、通信容量2GBプラン、電話カケ放題プラン加入)。年間にすると74,064円。2年間利用すると148,128円となり、ギョッとなります。ほんと高いなぁ…。

続いて楽天モバイルでZenFone 5を契約するパターン(2.1GBパック)。こちらは初期費用が29,400円(端末26,400円+手数料3,000円)、月額の通信料金は1,600円となります。維持コストは1年間にすると48,600円、2年間だと67,800円。

auでiPhone6を利用するパターンとの差額は1年目で25,464円となり、2年目では80,328円になりますね。

もともと使っていた端末を下取りすれば、その差額はさらに広がる計算になります。ちなみにiPhone 5s 16GB(キズ・使用感あり)は、概ね2万円程度で売れるみたいです。

というわけで価格比較まとめ。

  • auでiPhone 6(16GB)を2年間契約:総額料金148,128円(税抜)
  • 楽天モバイルでZenFone 5を2年間契約:総額料金 67,800円(税抜)

下取りに出せるスマホがある場合、差額は10万円以上になると思われます。うーん、やはり次は格安スマホ+格安SIMでいい気がしてきました…。少なくとも料金が複雑すぎるauからは脱出決定ですね。

今使っているスマホ、楽天モバイル化できるかも

スクリーンショット 2014 12 08 14 30 03

ちなみに楽天モバイルはSIMカードのみの契約も可能です。お使いの端末が対応機種の場合は、以下のプランで高速通信を利用することができます。

スクリーンショット 2014 12 08 14 30 19

記事執筆時点(2014年12月)で競合の格安SIMサービスより安価な設定になっているので、格安SIMをお探しの方は選択肢に入れておくといいでしょう。

ちなみに楽天モバイルと合わせて「楽天でんわ」を使うと通話料金が大手キャリアの半額(10円/30秒)になっていい感じです。ぼくも利用していますが特段の不便はないので、ぜひとも導入しておきましょう。電話代安くなりますよ(*念のため補足しておくと、格安SIMである楽天モバイルの料金には、大手キャリアのような「無料通話」などの割引は含まれていません)。

高機能なスマホのニーズは減少していく

ぼくはかなりITが好きですが、それでも現行のiPhone6はオーバースペックだと感じてしまいます。まだまだスマホには可能性があるのはわかりますが、実際問題、LINEとツイッターがメインだったりするんですよねぇ。ハイスペックなiPhoneである必要はぜんぜんありません。

昨今のスマホ界隈は「端末性能の進化に対して、アプリとバッテリーが追いついていない」なんて状況にあるように感じます。バッテリー性能が改善し、新たに生活を変えるようなアプリが出てくれば、ハイスペックなスマホを買う意味というのも出てくるのではないかと思われます。

というか、直感的に言って、今のスマホ利用料金は高すぎなんですよ。iPhoneに毎月7,000円払うとか、貴族ですか。玄米に換算したら25kgくらいですよ。貧乏人は通信しないで米を食え!

来年の今頃はぼくと同じように、格安スマホ+格安SIMの組み合わせで生活しているIT系ビジネスパーソンも増えてくるんじゃないかなぁ。iOS触りたければ、家にiPad miniでも置いておけばいい話だし。

[今回紹介したサービス:楽天モバイル]

[この記事のスポンサー:フュージョン・コミュニケーションズ株式会社]

スポンサーリンク