ブログ運営ノウハウ

まだ「時給いくら」で働いてるの?ブログは「時給50万円」も達成できるし、寝ててもお金が稼げるというお話

スポンサーリンク

これからの時代の働き方について。

 

ブログはその気になれば「時給50万円」も達成できる

プロブロガーという仕事をしていて強く感じるんですが、もう「時給1000円」とかで働くのはナンセンスだと思うんですよ。若いうちはいいですけどね。職業経験を積んで、ある程度スキルが身についてきたら、そういう「労働時間×時給」みたいな価値観からは抜け出すべきかと。

何かというと、たとえばブログって、時給換算で50万円くらい稼ぐことも難しくないんですよ。ちょうど先月も、15分で書いた記事が15万円くらい稼いでくれました。ここだけを見て時給換算したら50〜60万円です。

一方で、ブログはぼくがゴソゴソと鼻の穴をかっぽじって布団でマンガ読んでいるときも、お金を稼いでくれます。「ブログは不労所得になる:更新サボっても、毎月19万円は稼げるようになりました」でも書いた通り、うちは「検索エンジンからのアクセス」が月間で48万PVくらいになっています。これは今まで書いた記事に対するアクセスなので、動産収入のような「不労所得」ともいえます。

というわけで、ぼくの仕事は「時給」という概念には非常に収まりにくいものとなっています。時給換算したらいくらになるのか、ぼく自身がよくわかっていません。トータルで無理なく稼いでいれば、それでいいと思うんですよね。

 

ぼくはここ数年、一年の前半にお金をガーッと稼いで目標達成し、後半はダラダラと好きなことをして稼ぐというスタイルを貫いています。

こうした稼ぎ方は、もう案外、かなり普通のことになっているんだとも思います。デザインの世界もそうだと思います。ジョブズが何時間でiPhoneのデザインを考えたのかはわかりませんが、多分、「ビビビッ」と閃いたんじゃないでしょうか。そのひらめきの時間だけ見たら、時給はとんでもないことになってしまいますよね。

ぼくらの仕事の成果というのは、確実に時間と場所の制限を超えつつあるんです。5分で500万円を生み出す人もいれば、500時間で5万円しか稼げない人もいます。そういう世界に、多くのビジネスパーソンが片足を突っ込んでいることに、気づかないとダメだと思っちゃうんですよねぇ。その意味で、ホワイトカラーの人が残業代を請求するのって、心情的には変だよなぁ、と思っていたりもします。

 

今の若い人には、ぜひ大学生時代に「時給いくら」ではない働き方に挑戦してほしいです。たとえば大規模イベントなんかをうまく企画すれば、1日で500万円稼ぐこともできるかもしれません。仲間たちとブログメディアを作れば、今後10年間、毎月3万円を生み出してくれる収益源になるかもしれません。これからは、こういう稼ぎ方が普通になっていくと思いますので。

 

自由の地盤となる「その気になれば稼げる」

先日、Wondershake鈴木さんの司会のもと、家入さん、wantedlyの仲さんを囲んで「これからの働き方」を考えるイベントを実施しました。

当日は青年討論番組のような「自由とはなんぞや」みたいな議論で盛り上がり、とてもエキサイティングでした。評論家ではなく、実践者としての意見がたくさん垣間見え、創造性を掻き立てられました。

 

イベント後、質問で「安定と変化って相反しませんか?」といった質問を頂いたので、ここでも書き記してみます。

 

僕は自分の自由を確保する意味でも「その気になれば稼げる」というオプションを常に持つようにしています。

今は広告とアフィリエイトに依存していますが、僕は「その気になれば」、有料メルマガを始めることも、有料サロンを主催することもできます。それだけでも、毎月10万円程度の利益は出せるでしょう。でも、今はその時期ではなく、広告+アフィリエイトで余裕もあるので、まだやらないのです。

また、ブラフっぽいですが、300人×入場料5,000円くらいのイベントも「その気になれば」できると思っています。半年くらいは準備が必要だとは思いますが。一回イベント開催すれば、100万円ほど利益が出る計算です。

他には、「その気になれば」仲間として迎え入れてくれる企業やチームも、僕の周りにはいると信じています。

 

要するに、僕は「その気になれば」食っていけるので、「食うに困る」ということは、恐らくないのです。チキンな僕にとっては、このポータブルな収益オプションは、変化しつづけるための重要なベースとなります。

なので、少なくとも僕の場合は、安定と変化は相反しないどころか、それらを両立するからこそ、変化を続けられる、といえるわけです。

「その気になれば」という言い方は強気に思えますが、僕はそのために生活コストも落としていますし、市場価値を高めるための努力も常にしています。繰り返しますが、僕はチキンなのです。

 

皆さんは「その気になれば稼げる」オプションを、どのくらいお持ちですか?今の会社を辞めても、今の仕事を失っても、食べていける選択肢はありますか?それは人生における自由度を決める要因になると僕は思います。

もちろんそんなオプションなしに行動できる人もいるとは思いますが、大部分の人は安心が欲しいと思いますので、ぜひキャリアを積む上で意識してみると良いと思います。

 

関連本。最近の働き方系の本では一押し。増刷もかなりいっているとか。

お知らせコーナー

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

イケダに会える日/講演依頼できる日を公開中

4,000DL!「仏教は宗教ではない

祝3刷!「武器としての書く技術

 

東京から高知県に移住したよ!

イケダハヤトが高知県に移住した10の理由

「#移住日記」始めました。

質問募集中!メルマガで答えます。

今日も元気にツイート中


 

スポンサーリンク