東京を捨てて高知へ!移住日記

民間の「こどものための図書館」を経営して15年。古川佳代子さんにお話を聞いた

スポンサーリンク

「子どものための図書館をつくりたい」。そんな夢を描いたことがある人は、10人に1人はいるんじゃないでしょうか。ぼくが住む高知市に、まさにその夢を叶え、15年にわたって「民営」の図書館を経営している方々がいました。「高知こどもの図書館」館長の古川佳代子さんにお話を伺いました。

行政には頼らず、民間で運営

IMG 3211

(古川佳代子さん)

高知城の近くに位置する「高知こどもの図書館」、なんといっても驚くべきは寄付、会費を中心とする自主財源で運営しているという点。図書館を運営するNPOは他にも存在しますが、ほとんどの場合、行政の指定管理や委託を受けて成り立っています。自主財源で、15年という長期にわたって経営を続けられている「図書館NPO」は全国的にも珍しいのです。この規模というのは他に例がないのでは。

彼らの歴史は古く、「高知こどもの図書館をつくる会」が立ち上がったのが1995年。「NPO」という言葉がまだ一般的でない時代に、古川さんたちの活動は始まっています。ゆえに、最初は「無理だ」という声も大きかったそうで。

色々な人にやめなさいと言われたんですよ。「あなたたちの顔を見れば本が好きなのはわかるけど、お金を稼ぐのが下手なのも、顔を見ればわかる」って(笑)

図書館設立にあたっては、行政の資金サポートを得ることが当初の前提だったものの、不景気が重なり高知県の財政状況が逼迫。高知県から物件の無償貸与をしてもらい、「民営」路線をひた走ることになりました。低予算のなか、うまく行政と連携しながら継続的に運営しているわけですね。
 

設立以来、市民や企業からの寄付・会費を主な財源として経営をつづけ、直近では1,500万円程度の事業規模となっています。寄付・会費の比率は6割に達しており、NPOの財政としては優良な状態を保っています。

とはいえ、ここに至るまでは艱難辛苦の連続だったそうで。「100万円単位の赤字が続いた年もありました。なんとか様々な方のご支援で続けることができています」と古川さん。

先日認定NPO法人化も完了したとのことで、さらに多くの支援を得て、活動の幅を広げていくのでしょう。認定NPOへの寄付は節税にもなりますし、ぼくも会員になろうと思います!

IMG 3232

(こだわりの絵本がたくさん!)

子どもの図書館で育った子どもが、大人になってまた訪れる

実は、この日は取材ではなく、別の打ち合わせで「高知こどもの図書館」を訪問していたんですよ。「素敵な図書館ですねー!」と感銘を受けひとりで盛り上がっていたら、たまたま打ち合わせに同席したNPO高知市民会議の尾崎さんが、なんとこの施設を子どもの頃に利用したことがあるとか!

僕、ここでダレンシャン借りましたよ」と尾崎さん。「あんたが借りたダレンシャン、そこにあるわよ」「あー!これです!」と実物を手に盛り上がるお二人の図。

IMG 3197

15年の重みを感じるシーンですねぇ。「こどもの頃に通ってくださった娘さんが大きくなって、自分のお子さんを連れてくることもあります」というから素敵です。

ぼくも図書館の仕事にちょっと関わったことがあるんですが、特に公立の図書館って、スタッフのローテーションが激しいんです。こういった継続的なコミュニケーションが発生するのも、民営の図書館ならではといえるでしょう。

隠れた魅力:大人も楽しめるこだわりの(偏った)蔵書も!

IMG 3205

「高知こどもの図書館」というだけあって、子ども向けの本が並んでいるのはもちろんなんですが、よくよく見ると、なんかマニアックな大人向けの蔵書も充実しているんですよ…。これは高知の人も知らない、隠れた魅力だと思います。

さて、上の写真の奥まった仄暗いゾーンが、問題の書架です。潜入してみましょう。

たとえばこの芸術書たち!ごく一部の本好きな人なら、ヨダレが出るんじゃないでしょうか、というかぼくはヨダレが出ます。「ブニュエル・ロルカ・ダリ」とか、ぼくにとっては「カツカレー・すき焼き・カツオのたたき」みたいな響きなんですよ。

IMG 3248

ゴッホに始まり、エゴン・シーレにフリーダ・カーロにエルンスト。すげー偏ってる!

IMG 3247

音楽の棚も偏ってます。小泉文雄フィールドワーク!これ大学時代に読んだなぁ。

IMG 3239

グレン・グールド本が3冊…。そしてその隣は「民族楽器づくり」。あれ、これうちの本棚?と錯覚するレベル。他の本も面白そうだなぁ…。

スクリーンショット 2014 11 07 13 06 28

「伝記 世界の作曲家」 で選ばれているスティング、ボブ・マーリー、バーンスタインという並び!明らかに趣味がにじみ出ている…。

IMG 3246

ここら辺のセレクションの犯人は、もちろん古川さん。「ここに並んでいる本は、みんな私たちが大好きな本なんです。こういう”偏愛”を出せるのも、NPOでやっている良さかもしれませんね」。いやー、しかしこの棚はマニアックすぎるでしょ…。娘と一緒に借りに行きます。ここで本を借りると、スタッフの方々と本の話で盛り上がれそうなのもいいですねぇ。

二階はギャラリーと遊び場も

二階には、倉庫を改装したギャラリーと遊び場が用意されています。

IMG 3260

この日は地元のアーティストの方々の作品が並んでいました。ごく普通に大人も楽しむことができます。こんなギャラリーが近くにあったのか…。

IMG 3252

館内にはこどもが動き回れる大きな広場も。企画展やイベントも開催されています。

IMG 3256

二階の蔵書もマニアックで、隅の方に「ポケミス」こと「ハヤカワ・ポケット・ミステリ」が大量に並んでいます。海外ミステリの扉がこんなところに…。こちらも犯人は古川さんのようです。

IMG 3261

大人もこどもも楽しめる素敵スポット!

IMG 3263

うちの妻と娘がちょいちょい利用していたんですが、ぼくは今までスルーしちゃってたんですよ。いやー、この魅力は中に入って蔵書を見ないとわかりませんね。一気にファンになってしまいました。ギャラリーの展示も面白いですし、何よりこどもと一緒に遊べますし、大変おすすめのスポットでございます。

ちなみに、ここのカレンダー(800円)はすごくイケてます。高知ゆかりのアーティストたちの作品を毎月楽しむことができます。来年のカレンダーはぜひこちらを!

こどもの図書館

アクセス:高知市永国寺町6-16

お知らせコーナー

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

イケダに会える日/講演依頼できる日を公開中

4,000DL!「仏教は宗教ではない

祝3刷!「武器としての書く技術

東京から高知県に移住したよ!

イケダハヤトが高知県に移住した10の理由

「#移住日記」始めました。

質問募集中!メルマガで答えます。


今日も元気にツイート中


スポンサーリンク