賛否両論?イケダハヤトが物申す

「地域おこし協力隊」で失敗する若者が続出している件。

スクリーンショット 2016 07 12 12 00 14
FUTURE LEAGUEに寄稿した記事をリライトしました。)

こんにちは、高知の限界集落に住んでおります、イケダハヤトです。最近、地域活性化に取り組む方からちょいちょい聞こえてくるお話を書いておきましょう。

 

スポンサードリンク

「地域おこし協力隊」で失敗する若者が続出中……。

スクリーンショット 2014 10 24 10 34 11

地域おこし協力隊。あらためてこの制度についてご紹介しておくと、「給料をもらいながら、最長3年間、地方で仕事ができる」という、すばらしい仕組みです。

職場は基本的に地域の役場で、有期雇用の公務員として働く感じです。3年後は自立して、その地域に定住することが基本的に求められています(ごく一部、定住を前提としない地域もあり)。

報酬は月14〜20万円くらい。一見やすいですが、給料に加えて住宅や車を支給してくれる自治体もあるので、東京の高い家賃に消耗するよりよっぽど豊かな生活ができてしまいます。田舎は生活費も安いですしね。

総務省が実施している事業で、安倍首相は「地方創生」政策の一環として「地域おこし協力隊を3倍にする」と息巻き、実際にワサワサと協力隊員は増えています。

ぼくが住む高知県は現在、ほとんどすべての自治体で人材の受け入れが始まっています。ほんと増えましたねぇ……。

スクリーンショット 2016 07 12 11 53 14

基本的にすばらしい仕組みなのですが、詳しく話を聞いていくと、けっこう暗い未来も見えてきます。

というのも、ぶっちゃけ、地域おこし協力隊は受け入れ地域によって「当たりハズレ」があるんです

「当たり」の地域に赴任できれば万々歳ですが、まかり間違って「ハズレ」の地域に入り込んでしまうと、貴重な時間を無駄にする可能性があります

 

悪名高い、長崎市の事例。

よく知られているのが長崎市の事例。2014年の投稿なので、今はだいぶよくなったと思いますが……。

まぁ、ざっくりいうと「協力隊として赴任したのに、役場の受け入れが最悪だった」というお話。

参考リンク:とある離島の地域おこし協力隊——「えっ…私の年収、低すぎ…?」 – Togetterまとめ

長崎市にかぎらず、「受け入れ態勢が不十分なまま、隊員を募集してしまう地域」は多数出現しています。すでに地雷だらけだと思っていいでしょう。

高知でもかな〜りひどい話を聞きました。まぁ、どことは言いませんけど……。高知での協力隊を真面目に検討している方は、ツイッターとかで聞いてください。「あそこはやめといた方がいいよ!」という場所がいくつかあります……。

 

とはいえ、こればかりは自治体が悪いわけでもないと思うんですよね。

そもそも自治体の方々は採用のプロではありません。実際のところ「人材募集の文章を書くのは初めて」という担当者がほとんどでしょう。

その意味では、総務省側から「募集にあたっては採用のプロを巻き込む」、「赴任後、所属自治体の”外”からのサポート体制を整える」といった施策もぜひ同時に推進してほしいところです。

あえて口汚く言えば、田舎の町役場に人材採用・マネジメントを求める方がおかしいのですよ。人数も少ないわけですし。

 

募集概要をよくチェックしよう。

これから協力隊になろうとする人にとっては、残念ながら、ある程度の「自己責任」が求められてしまいます。

では、ハズレを引かないようにするためにはどうすればよいのでしょう?

先日お話を伺わせていただいた「ローカルキャリアカフェ」の川人ゆかりさんは、

  • すでに協力隊を受け入れている自治体を選ぶ
  • 先輩の声を聞く
  • 募集概要が具体的なところを選ぶ
  • 自治体の担当者の話を事前によく聴く

……といったポイントを指摘していました。ぼくも同意です。

これらのポイントに注意した上で「ここはやばそうだなぁ…」と感じたら、別の地域を当たってみるのをおすすめします。

慣れてくると募集概要でわかりますよw ダメな自治体は、募集の文章がめちゃくちゃなので。

特に新規で受け入れを始める地域に行く場合は、逆に、協力隊員側が自治体の担当者を「面接」するくらいの気持ちで臨むのがベストでしょう。

「なぜ地域おこし協力隊を募集しようと考えたのですか?」「現地にはどういう課題があるんですか?」「自治体としてはどういう考えで課題解決に臨もうとしているんですか?」「これまで、その課題解決に対して、どのような手を打ってきたんですか?」など、ズケズケと聞いてしまいましょう。

変に空気を読む必要はありません。ハズレ引いたらひどいことになるので!あなたの人生なのですよ。

 

スポンサードリンク

個人的におすすめの自治体

もちろん「協力隊員の受け入れがうまい地域」もありまして、別途まとめ記事を書いております。随時更新なので、新しい発見があれば追記していきます。

  • 高知県本山町
  • 高知県土佐町
  • 高知県須崎市
  • 高知県佐川町
  • 鳥取県智頭町
  • 香川県まんのう町
  • 岩手県遠野市
  • ……随時追加していきます。

関連記事:地域おこし協力隊、おすすめ募集地域まとめ。

 

「起業」が前提のプログラムも。

スクリーンショット 2016 07 12 12 07 25

協力隊の枠で「起業」ができるNext Commons Lab(岩手・遠野)」、同様の仕組みの「Local Venture School」も必見です。

3年後は自立してもらうことが前提なわけで、だったら変に役場勤めするのではなく、最初から「起業家」をターゲットにした方が賢いですよね。

Local Venture School」はまだ始まったばかりの仕組みですが、今後、地域おこし協力隊のスタンダードなあり方になっていく予感がします。

 

田舎で仕事をしよう。

地域おこし協力隊は「安全パイ」ですが、単に田舎で暮らしたいだけなら、あくまで「選択肢の一つ」にすぎません。

ぼくは実際、協力隊とか関係なしに入り込んでますしね。うちのアシスタントの矢野さんも地域おこしやってますが、協力隊ではありません。でも、地域を元気にしてくれています。

今はいい時代ですから、別に何やったって生きていけるんですよ。

「協力隊に落選した」「いい募集地域が見つからない」からといって、それで諦めるのは甘い。

ランサーズ」「クラウドワークス」「シュフティ」あたりに登録して仕事をこなしていけば、すぐに月10〜12万円くらい稼げますよ。田舎なら、とりあえずそれで十分です。ブログもうまくやれば月に1〜2万円にはなりますよ。

関連記事:「ネットで稼ぐ」は難しくない!……月収1〜2万円ならね。

また、田舎に一度入り込めば、仕事はけっこうあったりします。家賃1万円くらいの家を見つけてしまえば、もうこちらのもんですね。移住体験施設とかも増えてきているので、まずは田舎に短期間入り込んでみるのをおすすめします。

仕事探しサイトも充実してきてますね。ど田舎の情報はありませんが、人口数十万人規模の都市ならこうしたサイトに求人情報が掲載されています。

関連記事:移住したい!Uターン&Iターン希望者 が使える転職サイトまとめ

 

生活費がちゃんと出ます

地域おこし協力隊ってあまり知られてないんですが、これすごい仕組みなんです。地域おこし協力隊に選ばれると、生活費をもらいながら地方の課題解決に取り組めちゃうんですよ。高給ではありませんが、ちゃんと生活できるだけのお金がもらえます。車と家を無料で提供する自治体もありますね。

経験が強く問われるわけでもなく、先日インタビューしたトミヤスさんのように、新卒の学生でもいけます。

イケダ:そもそも何で協力隊やってるんでしたっけ。コミュ障で就職活動に失敗したというストーリーでいいんですか?(笑)

冨安:ホントそうですね(笑)きっかけでいうと、大学四年のときにアトピーで一度入院しているんです。あの頃は就活上手くいかないし、アトピー悪くなるわで憂鬱の極みでしたね(笑)

で、入院をきっかけに都市とは環境が違う、地方での暮らしというものに強く関心を持ち始めました。就活はESと1次面接でほぼ落ちて見事なほどにうまくいかなかったですね。コミュ障なんで…(笑)

それでリクルートスーツなんて2度と着たくないし、凄まじく就活をしたくなかったので、地方で行く方法何かないかなーって色んな人に会ったり、イベント参加したり、情報収集するうちに地域おこし協力隊のことを知ったんです。イケダさんも知ってる方だとアースカラーの高浜さんとかお世話になったりしました。

就活うつで苦しむくらいなら「地域おこし協力隊」になろう!:コミュ障で就活を挫折。北海道平取町に移住した25歳・冨安寛樹さん : まだ東京で消耗してるの?

たとえばぼくが住む高知県の募集案件。室戸いの町佐川町津野町が現在募集しています。どれもワクワクするなぁ…。

 

3年で3倍にするらしい

で、安倍首相いわく、この地域おこし協力隊を「3年で3倍の3000人」にしていくそうです。

首相は同日、島根、鳥取両県を相次いで視察。鳥取県伯耆町では、ふるさと納税者に特典として地ビールを贈っている会社を訪問。島根県出雲市では、都市部から同県に移住して活性化に貢献している「地域おこし協力隊」隊員と意見交換した。

 同事業は2009年から総務省が各地で始めたもので、首相は新藤義孝総務相に隊員を3年間で3倍の3000人に増やすよう指示する意向を示した。 

地方活性化へ「創生本部」設置=安倍首相が島根・鳥取視察 (時事通信) – Yahoo!ニュース

こういう意見は賛否両論あるようですが、ぼくはこれ、迷える若者にとっての重要なオプションになると思うのですよ。無論、地方暮らしはそんなに簡単な話ではないのは前提ですが、現状に苦しんでうつ病になるくらいなら、地域おこし協力隊にチャレンジしてみるというのは、個人にとっても社会にとってもプラスになることです。

非常に有意義な制度ですが、まだまだ制度自体の認知度が低いのが現状です。3年で3倍という計画のなかには、認知度アップのためのキャンペーンもきっと盛り込まれていくのでしょう。多分。

人生に迷える方はぜひじっくり協力隊サイトや関連情報を見てみるとよいでしょう。先人たちが情報発信しておりますよ。

地域おこし協力隊2年目の僕が取るべき立ち位置。年収○○○万円を目指して… | ひろろーぐ

地域おこし協力隊で最も大事なのは、受け入れ地域が何をしたいか

 

関連書籍も出ているので、ぜひポチッと。

これ、ぼくの本です。

協力隊や移住について詳しく書いております。脱東京しましょ!

 

「地域おこし協力隊制度」を批判する雑な記事を発見したので、コメント。

スクリーンショット 2016 12 27 10 58 55

◆任期満了後にも現地では仕事がなく、NPOを乱立

さきほどのJさんは、期間が終わってそのまま定住する人についてこう話す。

地域おこし協力隊を辞めても仕事が田舎にはない。だからそのまま住み着く人はほとんどが自治体の助成金をもらってNPOなどの団体を作ります。

助成金ってもちろん国から出た税金ですよ。これも長くて3年が限度です。つまり地域おこし協力隊の3年、NPOの3年で合計6年間は税金で暮らせる

でも補助金がないと暮らしていけないからその先のことは誰にもわかりません」

NPOへの補助金が打ち切られた後はいったいどう生活するのか?

起業した人の60%は1年以内に会社をたたむという現状がある。2年で85%、10年だと94%が廃業していく。そんな中、国は3年後にまでNPOの経営が安定しているという見込みがあるのだろうか。現在、国では地域おこし協力隊の起業を推進しはじめてコンテストまで開いている。もちろん入賞者には別の補助金が支給される。

「地域おこし協力隊を辞めても仕事が田舎にはない」というのはダウトですな。つーか、このJさん何を見てきたんだろう?仕事はありますよw

関連記事:「田舎には仕事がない」とか完全にウソ。

 

ついでに、「そのまま住み着く人はほとんどが自治体の助成金をもらってNPOなどの団体を作ります」というのもダウトだよなぁ。日本のどこかには、そういう地域もあるのだろうか……?ぼくが住んでいる高知・嶺北では起きてない減少だなぁ。

 

協力隊、いい制度だと思いますけどね。課題は多いですが、ちゃんと運用すればほんとうに「地方創生」する政策ですよ。

こういうよくわからん批判でネガティブな印象が付くのはもったいない!

 

課題と方策。

具体的に何が課題なのか。現場に近いぼくは、こんなところを課題に感じております。

  • 採用センスがない自治体が多すぎる。「田舎の町役場の人に、外部人材を採用させる」のはそもそも無理ゲー。
  • 協力隊の育成制度がない。できる人はできるが、できない人はできないまま放置プレー。
  • 各自治体の「受け入れ能力」に差がありすぎる。
  • 自治体と現地の民間企業との連携が弱すぎる。
  • 人材ネットワークが薄弱で、若い協力隊員が孤立しがち。
  • 3年後卒業する前提の割に、「起業」への導線が弱い。

解決策としては、こんなところを提案中。

  1. ミスマッチを防ぐために、特に「協力隊志望者」に事前の研修を行うべき
  2. 隊員の採用を「役場だけ」に任せるのをやめる。現地の民間人材、コンサルタントなどを巻き込むべき。
  3. 自治体の受け入れ能力を可視化すべき。ダメな自治体をあぶり出す仕組みを。
  4. 協力隊として採用し、民間企業・NPOへ出向してもらう(からの卒業後、就職)」という流れを作るべし。
  5. 協力隊員が孤立しないよう、オンライン・オフラインでコミュニティを用意すべき。
  6. 「起業」に特化した協力隊員の採用を増やすべき。

割りと不幸なことが起こっておりますので、「ミスマッチ」と「ハズレ自治体」問題については早急に解決してほしいところ。ひどい話はちょいちょい聞きます……。

関連記事「地域おこし協力隊」で失敗する若者が続出している件。

うまく制度を利用すれば、現地に雇用が増え、長期的には協力隊制度自体を不要にすることができるはず。

ポイントは「起業」「民間企業への幹部人材としての就職」あたりをゴールにすることですかね。行政だけじゃできないので、民間人材も巻き込みつつ。

 

いろいろな選択肢。

移住希望者目線でいえば、協力隊だけが選択肢ではありませんよ。

元アシスタントの矢野さんとか、新卒フリーランスで田舎にぶっこんで、今はNPOの経営者ですから。一緒にクラウドファンディングやってますのでぜひ。

詳細はこちら:絶対に死なない!?高知県本山町にシェアハウスの未来の形を作りたい – FAAVO高知

 

まずは何にせよ、田舎に足を運んでみるべし。

ろくでもないネガティブ報道を見て「やっぱりだめなんだ」と諦めるのは早計ぜよ!高知へおいで!

関連記事:「地方移住」して丸2年。メリットとデメリットを語ろう。

 

 

ご案内。

イケダハヤトって誰?

30歳になってわかったこと

ブログは稼げる。月商500万円超えました!

月額4,980円のメディア研究所

2,980円の「ブログ運営の教科書」

出版レーベル「イケハヤ書房」創刊!

 

LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

一日中マンガ読んでるイケダの本棚。

「一巻で完結」のおすすめマンガ

「5巻以内完結」の面白いマンガ

 

人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. おすすめグッズ、家電製品 by イケダハヤト

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!

 

今日も元気にツイート中。


 

Instagramやってます

(プレゼント付き)自力で稼ぐ力を付ける!1年間の無料メール講座。

イケハヤです。

収入に不満がある

不労所得がほしい

自力で稼げるようになりたい

そんなあなたのために!

「ゼロから自力で稼ぐ力を付ける」をテーマにした無料メール講座を作りました。

一応注意すると、甘い話は書いてありませんよ。けっこう厳しめに教えてます。

優しく教えても、なかなか変わりませんからね……。

途中で嫌になって解約する人もけっこういますw

 

無料でいつでも解約できるのでご安心を!

このメール講座をしっかり受講し、提案される行動を取ってもらえれば……。

1年間で月2〜3万円稼げるようになるはずです

人によっては、もっといけるとも思います。

本メール講座では、以下のような内容を収録しています。

  • 有料販売している教材のプレゼント
  • 稼ぐためのマインドセット
  • 情報商材詐欺にあわないための知識
  • 初心者がまずやるべきこと
  • ツイッターの使い方(課題達成者には無料コンサル1回
  • ブログアフィリエイトの始め方
  • コンテンツ販売で稼ぐノウハウ
  • YouTubeで稼ぐ方法
  • 最新おすすめ副業徹底解説
  • 副業を始めるときのベストな考え方
  • 資産運用の基礎的な知識
  • 絶対にやっておくべき節約術

 

などなど……。

伝えておくべき内容が出てきたときは、号外で最新情報も提供します。

繰り返しですが、すべて無料です。

noteなどで有料販売している教材をちょくちょくプレゼントしてるので、ぶっちゃけかなりお得です……。

最初のメール講座にもプレゼント教材(ブログ、SNS、YouTube「最初の1円」を稼ぐためのルートガイド)入れてあるので、ぜひご活用ください〜。

 

 

 

【YouTube攻略の秘訣を教えるメール講座】

メール講座が非常に反響がいいので、追加でもうひとつ作りました。

YouTubeで稼ぎたい方はこちらもどぞ!

 

Secured By miniOrange