賛否両論?イケダハヤトが物申す

年商600万円くらいを超えて感じた「豊かさ」について

スポンサーリンク

お金の話を書いてみます。

年商600万円を超えたあたりから、豊かになってきました

ぼくは卒業後、2年間サラリーマンをやっていたのですが、1〜2年目はぴったり年収300万円という給与水準で働いていました。

今振り返ると、300万円だとそこまで贅沢はできないんですよね。まぁ贅沢するつもりもないんですが…。

当時の生活を思い返してみて「年収300万は金銭的に豊かか?」と問われると、とてもそうとはいえない感じで生きていました。東京に一人暮らしで家賃が高かった、というのが大きいです。

で、独立して月日が経った今、けっこう金銭的に豊かな感じがしているわけですよ。思い返すと、それは年商で600万円を超えたあたりな気がします。サラリーマン年収に直すと500万円くらいでしょうか。

本を好きなだけ買える

ひとつには、本に対してケチケチすることがなくなりました。言葉にすると軽薄ですが、これは本当にインパクトがあります。

本は投資と言いますが、ブロガーという仕事をしているぼくの場合、読書はかなりの割合で「投資」なんですね。面白い本に出会って「これ面白いぞ!」と紹介すれば、それ自体がアフィリエイトになりますから。

昔は躊躇した、4,000〜5,000円くらいする学術書も、今では気軽にポチッとできるようになりました。昨日も4,860円する「テクニウム」を注文しました。読むのが楽しみでなりません。

漫画も含めると、今年は30〜40万円は本を買っている気がします。物欲はない方ですが、こればかりは自由にお金を使いつづけたいですね。本は家族や友人ともシェアできますし。

ちょっとした外食に罪悪感がない

サラリーマン時代はマクドナルドですら躊躇しておりまして、毎日弁当を持参しておりました。当時話題の「弁当男子」ですね。大企業時代、ぼくは一度も上司とランチに行きませんでした。誘われても、キリッと「弁当持ってますから」。だって、お金もったいないじゃないですか!

彼女(今の妻)とデートするときも、二人でおにぎりと水筒を持参して、公園でランチ。冬は寒いので家のなかでゴロゴロだらだら。近所のお祭りに行っても、屋台の値段の高さに怖気づき、何も食べずに帰宅する。モヤシを毎日食べてました。学生時代ではなく、サラリーマンになってからの話です。名店が多い日本橋・人形町に住んでいたのに、ほとんどグルメを楽しんでいませんでしたね…。今考えるともったいない。

そんなぼくでしたが、年商600万円を超えたあたりから、ちょっとした外食に対して、罪悪感を抱かなくなってきたんです。まぁ、780円のラーメンをふらっと食べるくらいならいいかなぁ、と。ブログのネタにもなりますし。今までだったら家に頑張って帰ってチキンラーメンを食べていたところを、天下一品とかにフラリと入っちゃうのは大進歩です。

抵抗感なく寄付できる

寄付をする際も、財布がかなりゆるくなりました。サラリーマン時代は「年収の1%を寄付」というマイルールのもと、3〜4万円の寄付をしていた記憶があります。今年はなんだかんだで、年間10万円以上寄付している気がします。

あまり知られていない気がしますが、寄付って、お金の使い方としてなかなか気持ちがいいんですよ。自分が寄付したNPOが成果を出してくれると、我が事のように嬉しくなったり。体験を買うつもりでぜひ。

参考までに、ぼくが定期的に寄付をしているNPOをリストアップしておきます。来年はもうちょい増やしてもいいな…。

仕事を断れる

これは本当に豊かだと思います。年商600万円くらいから、仕事を平気で断れるようになりました。

ぶっちゃけまして、やはり独立当初は仕事を断る勇気がなくて、不本意な仕事もちょいちょい受けちゃってたんですよ。明らかに割りに合わなかったり、儲かるけど精神的に苦痛な仕事だったり。そういう仕事は自分をダメにすることにも気づきました。魂を売るようなものです。

やはり仕事には相性があるわけで、苦手なことをやって消耗するのは馬鹿げていると思うのです。「仕事を断れる」という自由を、多くの人が手にすることができれば、自殺は減るんじゃないかと考えております。

来年は仕事をしません

うちのブログを継続的に読んでいる方は「またかよ」という感じですが、はい、また宣言しておきます。今年はだいぶ稼いだので、来年は仕事をしません。うん、去年も同じこと書いた記憶があるんですけどね…。

先ほど事業計画らしきものを立てたんですが、とりあえず毎日ブログをのんびり更新していれば、年商360万円くらいは達成できそうな感じであることが判明しました。ブログ以外に講演の仕事も入るので、ぼちぼち受ければ年商450万円くらいになりそうですね。

スクリーンショット 2014 11 10 9 02 44

高知に引っ越してきてから、家賃と交通費が下がったのも大きいですね。真面目に計算してみて、なんと年間60万円近いコストカットになっています。その分だけ働かないで済むのは最高です。

「来年も積極的に、金にならないけど楽しいこと」をやっていこうと思います。どうぞ今後ともご愛顧くださいませ。こういうことが言えるのが、「豊かな状態」の第一ステップなんじゃないかと思ってます。

お知らせコーナー

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

イケダに会える日/講演依頼できる日を公開中

4,000DL!「仏教は宗教ではない

祝3刷!「武器としての書く技術

東京から高知県に移住したよ!

イケダハヤトが高知県に移住した10の理由

「#移住日記」始めました。

質問募集中!メルマガで答えます。


今日も元気にツイート中


スポンサーリンク