おすすめ本・セール情報

がん患者の9割は200万円以下で治療完了。がん保険に入る意味ってあるの?

スポンサーリンク

刺激的なタイトルの一冊「いわゆる「当たり前の幸せ」を愚直に追い求めてしまうと、30歳サラリーマンは、年収1000万円でも破産します。」から、へーと思った話をご紹介。

がん患者の9割は200万円以下で治療完了

こちらはがん治療にどのくらいのお金が掛かると思われているかのアンケート。半数以上の人が「300万円以上かかる」と考えていることがわかります。

スクリーンショット 2014 09 25 10 55 00

こちらが実際の治療費。予想に反して、9割程度が200万円以下に収まっています。へー!ぼくも300万とか掛かるもんだと思い込んでました。

スクリーンショット 2014 09 25 10 55 04

著者のコメントも引用しておきます。

ご覧いただくとわかるとおり、一番多いのが50万円程度で36.3%、次に100万円程度が29.5%、200万円程度が20.2%と続きます。つまり、大方の人の予想に反して、全体のおおよそ9割にあたる人は、200万円以下でがんの治療はすんでしまうのです。

言い換えると、200万円程度の貯蓄があれば、がんの治療費は完済できるので、わざわざがん保険に入る必要はないといえるのです。

「なけなしの貯えが、200万円も減ってしまうのは嫌だから、がん保険は必要だ」という人もいらっしゃいますが、僕にいわせれば、200万円の資産が減ってしまうことが大打撃になること自体が問題なので、保険に頼るのではなく、まずは資産を増やすべく、支出を見直すべきです。

なるほどねー。とりあえずうちは貯金もあるしライフネット生命だけでいいかな、という気になりました。勉強になります。

30歳サラリーマンは、年収1000万円でも破産する。

著者の小屋さんはライフプランナー/ファイナンシャルプランナーで、様々な家計をコンサルティングしてきた方です。ケチなぼくからしたら驚くような家計もちょいちょい登場。
こちらは年収1,000万円世帯だけれども「教育費貧乏」に陥ると予想されるご家庭。老後資金がマイナスになってますね。

スクリーンショット 2014 09 25 11 02 23

このご夫婦は、ご主人も奥さんも年齢が38歳で、4歳になるお嬢さんがいます。

このご夫婦はお嬢さんの教育に非常に熱心で、バイリンガルの幼稚園に通わせており、月額14万円、年間約170万円の保育料を支払っています。小中高は私立に進ませて、大学では海外に留学させたいと考えています。

試算の結果、この計画をそのまま進めると、大学卒業までお嬢さんの教育にかかる費用は、総額で4000万円ほどになることがわかりました。

ちなみに、このご夫婦の場合、ご主人の年収が1000万円近くあり、かつ奥さんも働いていて、300万円ほどの収入があります。つまり、普通のご家庭よりはかなり収入が多いのですが、それでもこのようにお子さんの教育に熱心になりすぎてしまうと、自分たちの老後の生活に支障を来すような結果を招いてしまうのです。

いわゆる「当たり前の幸せ」を愚直に追い求めてしまうと、30歳サラリーマンは、年収1000万円でも破産します。」というのは実に良いタイトルだと思います。レールに乗った人生を歩もうとする人からしたら絶望的な話かもしれませんが、これからは色々な生き方ができるわけですし、お金がないなりに幸せを追求すればいいと思います。

6月に越してきた高知県は年収水準も最低ですし、ぼくはここで「お金をかけない幸せ」というものを作っていきたいと考えていたりします。

お知らせコーナー

新世代努力論」好評発売中!

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

2,000DL!「仏教は宗教ではない

祝3刷!「武器としての書く技術

東京から高知県に移住したよ!

イケダハヤトは高知県に移住します。

イケダハヤトが高知県に移住した10の理由

「#移住日記」始めました。

質問募集中!メルマガで答えます。


今日も元気にツイート中


スポンサーリンク