賛否両論?イケダハヤトが物申す

人口の10%は「組織で働くのが向いていない人(組織不適合者)」だと思う

スポンサーリンク

いやー、これ本当に思うんですよ。

 

10%くらいは「組織不適合者」

ぼくは組織に向いていないんですよ。けっこうそれは昔からで、小学校のときからクラスの輪にはそれほど溶け込んでいませんでした。修学旅行とかサークルでも勝手に行動して迷惑をかけていましたね。すみませんでした。

会社員という生き方もキツかったです。よくみんな無駄な会議とか出れるなぁ、何で毎日満員電車乗れるんだろうなぁ、なんで俺が隣の部署の電話取らなきゃいけないんだよ、と悶々とする日々。特に電話関係は「若い人が取るべき」みたいな謎ルールがあって、まったくもって意味がわかりませんでした。会社員生活は辛かったので辞めてしまいました。

で、こういう人間は、ぼくの推計によると、人口の10%いると思うんです。いや、完全にイメージの数字なんですけどね。10人いたら1人は組織に向いていないんです。イケダハヤト調べでは。

 

それはもうちょっと真面目にいえば、発達障害を抱えている人の割合とも関係しているのかもしれません。

たとえばぼくは、軽い「相貌失認」があったりします(診断は受けていませんが)。「相貌失認」は、人の顔が覚えられない(認知できない)という脳の認知上の特徴、もとい発達障害です。

「おまえは他人に無関心なだけだろ」とよく言われますが、ほんっとーに、顔のあたりだけ認識がゆるいんですよ。服装とかアクセサリーとかヒゲとか、他の特徴は覚えられるんですけど、顔だけ曖昧な認識になるんです。フェイスブックのアイコンとかだといけるんですが。

やっぱりですね、相貌失認があると組織で働くのは難しいわけです(頑張って乗り越える人もたくさんいますが)。クライアントやチームメイトの顔をなかなか覚えられなくて、コミュニケーション上の齟齬が発生してしまいます。何度も会っているのに初対面だと思い込み、無意識的に失礼なことを繰り返してしまうという困難を抱えることになります。顔を覚えるのが得意な同僚がいると、劣等感を覚えます。これでは家で引きこもっていた方がマシだ、という話になりかねません。

 

大なり小なり、何らかの社会的な困難を抱える人は、仕事を選ぶのも大変です。いつも思い出すのは、夏目漱石の「いちいちこっちから世の中に合わせていくことはできない」言葉です。彼の場合は、結果として一人でできる「創作活動」を仕事に選んだわけですね。とても共感できます。

「しかしよく考えてみるに、自分は何か趣味を持った職業に従事してみたい。それと同時にその仕事が何か世間に必要なものでなければならぬ。何故というのに、困ったことには自分はどうも変物である。

(中略)とても一々こっちから世の中に度を合せて行くことは出来ない。何か己を曲げずして趣味を持った、世の中に欠くべからざる仕事がありそうなものだ。」(夏目漱石「処女作追懐談」)

 

今はとても良い時代で、組織不適合者が生きていくための選択肢が、かなり多様になっていると思います。リアルに人とふれあうのが苦手だったとしても、クラウドワークスとかJob-Hubあたりで数万円を稼ぐことができてしまいます。ぼくのようにブログで稼ぐこともできます。

「通常の組織で働くことに向いていない人がいる」という社会的な理解も深まっているので、10%の人たちは、だいぶ生きやすくなるのでしょう。21世紀という時代は、「組織不適合者」の苦労が軽減される世紀にしていきたいですね。

 

コンビニバイトが「誰でもできる仕事」なわけがない。

マニュアル化されているからといって、それが誰でもできるわけでもないんですよね。

コンビニバイトとか接客要素もあるし、むしろ労働として割に合わないくらい高度なのではないかと。ネタ以外では働きたくないな……。

大きなレベルで話せば、向き不向きというのは絶望的に大きな壁なのです。少なくともぼくはコンビニバイトに向いてません。一ヶ月続けたら鬱病になる自信があります。接客とか死ぬわい。

その代わり!ぼくは一日中ブログを山奥で書き続けることができます。これもまた向き不向き。自分に向いていることをひたすら磨き続けて、今やブログはぼくの必殺技になりました。ブログがあってよかった……。

 

向いてないことを続けるのはエネルギーの無駄なので、しっかり自分の特質を把握しましょう

定番は「ストレングスファインダー」ですね。新品を買うと、テストを受けることができます(古本は買わないように!)。気持ち悪くらい当たりますよ……w

 

無料で診断が受けたければ「リクナビネクスト」の「グッドポイント診断」がよくできてます。転職考えている方はどうぞ。

Img keyvisual

向き不向きを知るには「認知特性」の診断を受けるのもおすすめ。こちらもいい本が出ています。超おすすめっす。

関連記事「才能」とは何なのか。それは「認知特性」です。さぁ、「風鈴」を想像してみてください

 

向いていることを続ければ、それが得意なことになり、周囲から評価され、好きなことに変化していく……というのが一般的なルートではないかと思われます。

つまらない仕事で人生を消耗するのはやめて、自分のやりたいことをやりましょう。というわけで、ぼくは今日もブログ書いて小屋つくります。

 

5月病で苦しい?あなた、その仕事向いてないですよ

身も蓋もない話といえばそうなんですが、5月病に苛まされている時点で、その人は、その仕事に向いていません。

向いていない仕事なので、能力も成果も上がりにくくなります。厳しいようですが、これはかなり事実だと思います。

たとえば一流のアスリートを考えてみると、彼らはまず間違いなく、「5月病」にはならないと思うんですよね。

無論、多少のモチベーションの上下はあるでしょうけれど、5月だからといって「病的」に落ち込んでしまうことはないでしょう。その時点で一流ではありませんから。

「なんか5月病で練習する気がしなくてさ〜」という人が、その道で一流になることは基本的にないでしょう。

仕事なり趣味なり、本当にその活動に夢中になっている人は、5月病とは無縁です。

そして、そういう人はその活動分野で、一流になりやすいのです。夢中であるということは、高いモチベーションと強い探究心を備えているということですから。

ぼくはブログを書くことに夢中になっているので、幸い「5月病」とは無縁です。ぼくが「プロ」ブロガーでありつづけることができているのは、夢中になれること、ワクワクできることをやっているからだと思います。

5月病に苦しむあなたにも、きっと、時間を忘れて取り組める活動があるのではないかと思います。読書でも、旅行でも、スポーツでも、表現活動でも、なんでもOKです。

それが仕事になるかは当座さておくとして、どんよりした気分に陥ったときは、「夢中になれること」に目を向けてみると、幾分は救われるはずです。そこには新しい仲間との出会いもあるでしょうしね。自分なりの「ワクワク」を大切にすること。結局、人生で大切なことはこれに尽きると思います。

 

「向いていない仕事」はさっさと辞めましょう。

サービス業のコールセンターで働いているのですが愛想笑いとお客さんに気を使うのにつかれました。上司と話していても相手をたてなくてはと思い会話がいちいち疲れます。会社のいい子ちゃんでいるのにもつかれました。サービス業なのにこんなことで疲れるのはむいていないんでしょうか。それとも甘いんでしょうか。

甘いと思います。

というのは、多分、逆の意味で。


向いていない環境で頑張れるほど、人間は強くありません。
その意味で、「甘いんでしょうか」と言う質問者さんは、たしかに「甘く」て、人間というのはそんなに器用なものじゃないんですよ。厳しくいうと、「頑張ればなんとかなるのかもしれない」という淡い認識を持っているのが、甘いのです。


人間には向き不向きがあります。それを甘くみてはいけません。
質問者さんは、おそらく接客系の仕事は向いていないのでしょう。ぼくも同じです。だから、ぼくは向いていないことをやるのを諦めて、自分ひとりで完結する仕事を選びました。

 

向き不向きというのは、実は自分で選択するものなんです。

人間の可能性はそれなりに柔軟で、質問者さんも頑張ってみれば、それなりには、接客なりサービス業なりの仕事ができるはずです。多分ぼくも、すごい頑張れば接客できると思います。

でも、それはやっぱり、いくら頑張っても「それなり」にしかできなくて、そういう状況だと、働いていても面白くないんですよね。「私は接客に向いている」という人には、逆立ちしても勝てません。

 

「向き不向き」を受け入れ、自己洗脳してしまいましょう。

私には接客が「向いていない」。いいじゃないですか。ぼくも接客とか本当に向いていませんよ。自信をもって、「向いていない」と語るべきです。
世の中には無数の仕事があるんです。まずは「やりたくないこと」「向いていないこと」を削りましょう。あとは環境を重視して、いろいろ挑戦していけばいいだけです。
 

まったく別の仕事を探してみるといいと思いますよ。生活費を見直すと、選択の幅がグッと広がるはずです。これを機に、いろいろ「捨てて」、人生の色合いを変えてみると、ワクワクできるようになると思います。

 

質問はこちらから→イケダハヤト | ask.fm

過去の相談はこちらから→イケハヤ相談小屋

 

「サラリーマンに向いていない」人が向き合うべき5つの問い」

僕を含めて、たまに「サラリーマンは向いていない」という人に出会います。そんな方に向けて質問リストを作ってみました。

会社の外で食べていけるだけの専門性を身につけようとしているか?

サラリーマンに向いていないということは、フリーランスなり起業なりの選択肢を考えているということでしょう。その場合に求められるのが、「会社の外を飛び出しても生きていけるだけの高度な専門性」です。

今の仕事が「会社の看板」の力で降ってきているようなら、注意が必要です。「サラリーマンが向いていない」と嘆くからには、会社の看板がなくても、食べていけるぐらいのビジネスができる人材でなくてはなりません。

会社に対する文句をつらつら言いながら、専門性を磨く努力をしないのはダメダメです。自分の自由な時間の大半を、外界で通用するスキルを磨くために費やす、ぐらいの意気込みが必要です。

 

人を巻き込む力があるか?

フリーランスではなく、複数名を巻き込んだ起業を考えている場合には、CEOは必ずしも高い専門性が求められるわけではありません(もちろんあるに越したことはありませんが)。

起業を考えている場合には、優秀な人を巻き込めるだけの、強い問題意識とビジョン、そしてプレゼン能力が求められます。「こいつが船長だったら面白そうだ」と思わせるような人物にならなくてはいけません。

これはある種の「天性」なので、難易度としては専門性を磨く方が低いと思います。「巻き込む力」はテクニック的に学べる部分もありますが、その人の人生に深く関わる問題なので、専門性の錬磨に比べてコントロールは難しくなります。「人徳をどうやって磨くか?」みたいなざっくりとした問いにしかなりません。

特に人を巻き込む力がない、または事業的にも巻き込む必要性がない、という場合は、専門性の錬磨に力を入れるのがベストでしょう。

 

生活コストを落とすことができるか?

サラリーマンの最大のメリットは「月給」です。毎月決まった時期に決まった給料が入ってくるというのは、さながら砂漠のオアシスに安住しているかのような安心感です。

サラリーマンをやめるということは、そういうオアシスから飛び出すということです。オアシスの外は厳しい環境なので、自然と生活を切り詰める必要性に駆られるでしょう。

例えば、家賃の高い物件に住んでいる、ローンがある、金銭的な贅沢が大好き、という方は、生活を改めることになります。特にローンは強烈な縛りになると思います。サラリーマンをやめる以上、生活における損益分岐点を、最小限まで落とす覚悟を持ちましょう。

 

助けてくれる人はいるか?

サラリーマンをやっていると、あまり意識しないことですが、会社という仕組みは「セーフティネット」としても機能しています。

皆さんがもし突然体調を崩したときにでも、雇用保険なり有給なり、収入がゼロにならない仕組みが用意されているのです。育休、産休なんてものも、フリーランスにはない素晴らしい仕組みです。極端な例では、Googleは、社員が亡くなった際に「遺族年金」を提供するという制度すら用意しています。

39
サラリーマンをやめるということは、こうした雇用・社会保険のセーフティネットを捨てるということです。もし自分の身に何かあったら、生活保護など、公的なセーフティネットに頼ることになります。何らかの事情でそれらの公的扶助が頼れないとなると、一気に奈落の底に落ちてしまいます。

フリーランスなり起業なり、会社という安定を捨てる以上は、何かそれを代替する仕組みを自分のために用意しておくべきです。僕の場合は無償のスキルボランティア(プロボノ)や、こうした情報発信を通して、万が一のときのための備えを形成しています。

半分冗談で語るんですが、2万人もフォロワーがいれば、もし僕が本当に飢え死にしそうになったとき、多分お米とかくれると思うんですよね。それは僕のプライベートなセーフティネットというわけです。お米だけでなく、仕事をくれる仲間がいれば、公的扶助に頼らなくても生きていける可能性もあるでしょう。

自分が助けてもらうためにも、まずは誰かを助けましょう。サラリーマンを脱出するのなら、人的なセーフティネットを形成しなくてはなりません。

 

結局あなたは何がしたいのか?

「サラリーマンが向いていない」というネガティブな感情に任せて、会社をやめたとしても、その先に幸せが待っているとは限りません。嫌な場所から抜け出すことができても、「次にどこに行くべきか」が定まっていないと、結局は宙ぶらりんの状態になってしまいます。オアシスを出て、砂漠でひからびかけて、結局はオアシスに戻ることになるでしょう。

かなり心身的に摩耗している場合(うつ病気味、体を壊しそう)においては、「まず逃避すること」が重要ですが、そうでないとしたら、ぜひとも「逃避する先」を考えておくべきです。

会社を辞めて、何がしたいのか。どういう問題を解決したいのか。それを一生、死ぬまで、低賃金でも続ける覚悟はあるのか。そういう問いと真摯に向かい合うことをおすすめします。

 

という感じのことを考えてみました。皆さんのご意見やご感想をぜひ、コメント欄やツイッターでお寄せください。

 

関連本。僕のブログから100冊以上出ている、新しい働き方本の決定版的な一冊。

 

セス・ゴーディンのこちらもおすすめ。

 

お知らせコーナー

新世代努力論」好評発売中!

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

2,000DL!「仏教は宗教ではない

祝3刷!「武器としての書く技術

 

東京から高知県に移住したよ!

イケダハヤトは高知県に移住します。

イケダハヤトが高知県に移住した10の理由

「#移住日記」始めました。

質問募集中!メルマガで答えます。

今日も元気にツイート中


 

スポンサーリンク

 

Secured By miniOrange