ブログ運営ノウハウ

NAVERまとめが稼ぎやすくなったようだけど、あんまりおすすめしない理由

スポンサーリンク

NAVERまとめで稼ぐのはけっこう無理ゲーだったんですが、奨励制度がリニューアルされていい感じになっています。

NAVERまとめ、5周年を機に「奨励制度」をリニューアル | NAVER公式ブログ – NAVERLAND

自己ベスト制が撤廃

何かって、今までの制度には「自己ベスト」というものがありまして、これがなかなかストイックなんです。毎月自分のスコアを改善していかないと、報酬レートが下がってしまう仕様だったんですね。

すでに退会したユーザーのようですが、こんな声もありました。

当月作成まとめで50万ポイント稼ぐ人もいるは思います。でも、それを次月越えなければレートは1.0円にならないし、さらには奨励維持もできません。

つまり、「前月より頑張る」という行為を毎月続けなければいけない。ある意味、『まとめの自転車操業』なワケです。作成を止めたら奨励も落ちるし、レートも下がり、収入が飛ぶ。

だから、生活できるほどの金額を稼げる人はいるけど、生活できるほどの金額を『安定的に』稼げる人はいないと断言できるんです。

で、このたびこの「自己ベスト」制度が撤廃されました。これでだいぶ稼ぎやすくなりそうですね!

「自己ベスト」制度を撤廃

現行の制度では奨励期間を延長するためには自己ベストの更新が条件となっていますが、新制度ではその基準を撤廃し、全ての作成者を共通の基準で評価します。
 

NAVERまとめ、5周年を機に「奨励制度」をリニューアル | NAVER公式ブログ – NAVERLAND

ぼくが昨年調べた感じだと、概ね、NAVERまとめのPVあたり収益は、「1PV=0.02円」程度になるようです(報酬レートが高くなれば、1PV=0.1円くらいにはなる模様)。うまいまとめ職人なら、月間10万円程度を稼ぐのは、そう難しくないでしょう。

が、おすすめしない理由

ですが!NAVERまとめのマネタイズはあんまりおすすめしません。副業的に数万円稼ぐ程度ならいいんですが、これで生計を立てようとするのは怖すぎる。

だって、強烈にプラットフォーム依存なんですもの。今回の制度変更は象徴的ですが、NAVERまとめ運営のさじ加減ひとつで、稼ぎやすくも稼ぎにくくもあります。今はいいけど、来年はわかりません。

今回の制度変更で競争率が高くなっていくと思われるので、制作したまとめがピックアップされる可能性も低くなっていきます。今よりもさらに、スピード勝負の消耗戦になっていきそうです。

彼らは収益の計算にあたって、巧妙に「ポイント」制度を用いています。ポイントの計算方法は公開されておらず、大々的なアナウンスなしに、しれっと変更される可能性もあります。収益性を自分でコントロールできないのは恐ろしいです。

余談ですが、ブログの場合は、ある程度収益性をコントロールできるんです。広告の数とサイズを変えたり、アフィリエイトに注力する度合いを変えたり。うちは1PV=0.3〜0.5円くらいですね。NAVERまとめは1PV=0.02円程度ですが、ブログの場合は1PV=1円も不可能ではありません。実に50倍の収益差があります。ここら辺はぼくの本を読んでいただけると理解がしやすいかと。

「ネットで稼ぐ!」と気合いを入れてNAVERまとめに手を出すくらいなら、クラウドワークスで地道に書き起こしを受注したり、編集したりする方がよほどお金になる気がします。上限は低いですが、純粋に掛けた時間だけお金が入ってきますから。優秀な書き起こし職人は少ないので、まとめ職人を目指すより市場価値が高まりやすいはず。

編集能力を高めたくて、ついでにお小遣いを稼ぎたい、という程度ならNAVERまとめはおすすめです。オンラインコンテンツ制作で生計を立てたいと本気で思うのなら、NAVERまとめは地雷だと思いますよ。

NAVERまとめ、5周年を機に「奨励制度」をリニューアル | NAVER公式ブログ – NAVERLAND

お知らせコーナー

新世代努力論(朝日新聞出版)」好評発売中!

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

質問募集中!なんでも答えますよ。

なぜ僕は『炎上』を恐れないのか(光文社新書)」好評発売中!

仏教は宗教ではない」好評発売中!

祝3刷!「武器としての書く技術

有料メルマガ購読で制作費のご支援を!

東京から高知県に移住したよ

イケダハヤトは高知県に移住します。

イケダハヤトが高知県に移住した10の理由

「#移住日記」始めました。

今日も元気にツイート中


スポンサーリンク