おすすめアプリ、ウェブサービス

「葬儀費用に300万円」なんて時代は終わりです:「シンプル火葬」が着々と社会を変えている件

スポンサーリンク

このベンチャー、強く応援しております。

シンプル火葬

 

シンプルな火葬、福岡でも開始!

スクリーンショット 2014 07 23 23 26 16

シンプル火葬」はその名の通り、シンプルな火葬を提供する葬儀サービス。

都内平均313万円と言われる葬儀費用、シンプル火葬を使うと22.8万円(税抜き)まで抑えることができます。しかもクレジットカード決済も可能!悲嘆のなか、急いで銀行に行って故人の口座から100万単位で葬儀費用を引き落とす必要はありません。

葬儀業界の「ぼったくり」っぷりについては、以前このサービスを提供する篠原豊さんを取材させていただきました。その問題意識と志は、今読んでも痺れますので、ぜひご一読を。

編集:事業として具体的な目標は掲げているのでしょうか?

篠原:僕らは1.1兆円という産業規模をシュリンク(小さくする)することが目標です。

イケダ:すばらしい!非効率を正し、産業を小さくしていくと。感銘を受けました。これ、書いていいんですか?

篠原:はい。もちろん。

「ぼったくり」がまかり通る「葬儀ビジネス」を変える!「シンプル火葬」を展開する篠原豊氏

サービスを始めた理由も共感できます。

さらに通夜や葬儀の最中にも、葬儀社はあの手この手でオプションサービスを勧めてきます。

結果、母が自身の終活として申込んであったプランをキャンセルし、倍額のプランを新たに申込し直さなければならない事になってしまいました。

それからしばらく後に父親も旅立った際も、家族葬のパッケージプランだったにもかかわらず、総額は結局倍額を超える費用になりました。

メールで葬儀社へ送った父親の遺影を、USBメモリで液晶パネルに映してもらうだけで5万円、棺が6万円… 葬儀業界とは全く関係のないインターネット業界に身を置いていた私にとっては、ネットで調べれば調べるほど、葬儀業界の、あまりに非常識な原価とかけ離れた利益確保に対する感覚や、すべてアナログ且つ非効率な構造でした。

運営会社 シンプル葬 | 東京都内でシンプルな火葬・葬儀を

会社サイトを見るとデザイン&社長の経歴がめっちゃスタートアップです。オフィスも渋谷。これは熱いなぁ。

スクリーンショット 2014 01 31 12 03 53

今までは東京でしか提供していなかったサービスなんですが、このたび福岡でもサービスインしたとのこと。着実に件数をこなしているようですね!すばらしいです。

東京の次に福岡を選んだのも、問い合わせ件数の多さと、やはりその土地柄からだ。篠原氏によると、福岡は九州中から人が集まり、集合住宅が多く、首都圏同様、昔ながらの人間関係やしがらみも薄いという。

シンプル火葬が福岡で開始 ― 安置、納棺、火葬まで総額16.8万円 :ベンチャーニュース:Venture Now(ベンチャーナウ)

「シンプル火葬」は、義憤が溢れ出しているのがビシバシ伝わってくるのがいいんです。これはもうロックですよ。葬儀ベンチャーって地味ですが、彼らは実はロックなんです。監獄ロックならぬ葬儀ロック。

篠原さんの書かれたブログ記事、「火葬式や葬式をオンラインで見積・発注・支払いできない理由」とか熱くて思わずニヤニヤしてしまいます。

5つの理由を考えてみたわけですが、まあどれもお客様にとっては関係のない、売り手側の理由以上でも以下でもないわけです。

だったらこういう悪しき風習はすぐにぶちこわしましょう。というわけで引き続きがんばります。

こういう悪しき風習を完全否定した「シンプル火葬」というサービスをやっていますので、よろしければぜひ。

火葬式や葬式をオンラインで見積・発注・支払いできない理由

 

シンプル火葬が、「葬送」をもっと豊かにする

「シンプル火葬なんて言ってるけど、そもそも葬儀やらないのが一番シンプルでいいんじゃね?」と思う方もいらっしゃいそうですが、葬儀って、遺族にとっては非常に重要な意味がある場なんですよね。ぼくも昨年、祖父を亡くしてようやく葬儀の意味がわかりました。

最近、「家族に迷惑をかけたくない」ので「自分の葬儀は最小限に、簡素に」と希望する人が増えているという。しかし、残される家族の視点から見れば、葬送儀礼には遺族にとっての意義もある。

葬送ジャーナリストの碑文谷創は、弔いというのは、残された者の「義務」というよりも、「権利」というべきかもしれないと述べている。

ただ、じゃあ現状の葬送の場が最良なものかというと、やっぱりそうでもないのも事実だと思うわけです。うちの祖父の葬儀は決して悪いものではなかったのですが、やはりどこか、事務的で形式的な香りが漂っていたんですよねぇ…。

無駄なところに流れてしまっているお金を、もっと「場づくり」にかけることができれば、死別の悲しみとの向き合い方も変わるのでしょう。たとえば「『シンプル火葬』で見送ったあと、故人の足跡を辿る家族旅行をする」なんて葬送も可能だと思います。

「シンプル火葬」が普及し、金銭的・精神的に効率化されることで、かえって葬送の場というのは、多彩で、パーソナライズされたものになっていくと想像します。人生を、社会を変えるすばらしいウェブサービスです。

 

シンプル火葬

 

お知らせコーナー

新世代努力論(朝日新聞出版)」好評発売中!

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

質問募集中!なんでも答えますよ。

なぜ僕は『炎上』を恐れないのか(光文社新書)」好評発売中!

仏教は宗教ではない」好評発売中!

祝3刷!「武器としての書く技術

有料メルマガ購読で制作費のご支援を!

 

東京から高知県に移住したよ

 

イケダハヤトは高知県に移住します。

イケダハヤトが高知県に移住した10の理由

「#移住日記」始めました。

今日も元気にツイート中

 


 

スポンサーリンク

 

Secured By miniOrange