賛否両論?イケダハヤトが物申す

避難所で電池切れたら嫌ですよね。災害に遭ったときのために、スマホ用の外部バッテリーを持ち歩こう

スポンサーリンク

「ANKER」のバッテリーがえらく安くなっていたので、妻の分も買っておきました。2,980円で13,000mAhはすごい。

 

2,980円で13,000mAh!スマホを3〜7回充電できる

こちらのバッテリー。Amazon限定とのことで、2,980円で販売されています。容量は破格の13,000mAh。

スマホが3〜7回充電できるとのこと。

B00dq7590a 03

この容量でこの薄さはすごい。

B00dq7590a 02

Amazonレビューは脅威の900件オーバー。

スクリーンショット 2014 03 20 7 35 02

ex-Googler(元Google社員)による会社とのこと。

ANKER(アンカー)は2009年、米Google出身の数名の若者達によって創業されました。当社のミッションは、お客様の生活をより便利に、快適にする製品を、信頼できる品質・お求めやすい価格で提供させて頂くことです。

販売開始以来、米国および英国をはじめとした欧州各国で、高い評価を頂いております。累計で100万個以上の製品をオンラインで販売させて頂き、各国Amazonで商品ジャンル毎の売上1位を獲得しております。

anker article,アンカー

ホントに1位ですね。今一番売れてる予備バッテリー。

スクリーンショット 2014 03 20 7 31 52

iPhone5sを2〜3日分充電できる

IMG 4075

で、届きました。どべーん。けっこう大きいんですよね。横幅はちょうど15cmくらい。

ケースも付いていていい感じ。

IMG 4077

公式の案内によれば291グラムとのこと。ずっしりきます。

 

もしも災害に遭ったときのために

なんでこんなバッテリー買ったかというと、先日の大雪でJR中央線が3日間(!)止まったのを見て、ちょっと怖いなぁ、と思ったわけです。

こういった事態に陥ったときに、スマホの予備バッテリーを持っているかどうかは、文字通り死活問題だと思います。情報収集、家族や同僚への連絡、ついでにゲームや書籍で時間つぶしもできます。

いうまでもなく、震災が突然起きて、避難所に閉じ込められるということも考えられます。一般的に避難所は充電しにくい環境ですので、自分で予備を持っておくとよさそうです。

震災後電気が通るまでは発電機から延長コードを使い 一度に10台くらいずつ順番に充電してました。 その後電気が来てからは一度に30台くらいOKでした。 一日1回の充電にしてください!というお触れも出ましたけど。

避難所なんかでは 携帯の充電は普通にできるんですか? – Yahoo!知恵袋

 

この現代にあって、予備バッテリーを持ち歩くというのは、もっともイメージしやすい防災対策になると思います。バッテリーを購入ついでに、呼び子だったり簡易トイレだったり、色々買いそろえておくのをオススメします。

 

 

書籍ではこちらがおすすめ。コンパクトな書籍ですが、防災について深く学ぶことができます。

スポンサーリンク