賛否両論?イケダハヤトが物申す

メルマガ「イケハヤマガジン」有料読者100人を突破しました:やっぱ有料メルマガは無理ゲーですね

スポンサーリンク

運用をはじめて1ヶ月、無料版読者300人、有料版読者100人を超えたのでアナウンス。ありがたいことです。

[無料版あり] イケハヤマガジン – BLOGOS(ブロゴス)メルマガ

 

有料メルマガはやっぱり無理ゲーですねこれ

1月から始めた有料メルマガが、無事に有料読者100人を突破しました。目標は年内300人。初月でこのペースなのでいけそうかな、と思いきや、増加ペースは早くも頭打ちです。むずかしいですねぇ…。

無料版の読者数は300人を超えています。まずは無料版で満足&共感してもらって、さらなる価値を得るために課金していただく、という導線が現実的なのでしょうね。

 

何度か書いていますが、有料メルマガはブログに勝るとも劣らない「無理ゲー」市場でして、数多くの著名人が撤退しています。最近だと安藤美冬さんも撤退しましたね

有料会員数が思うように獲得できず、有料メルマガからの撤退を決断した人物は、常見氏だけではありません。

「有料会員数が500人に満たなかった場合は有料メルマガ終了」というキャンペーンを行った『スーパーオモコロメールマガジン』(http://picup.omocoro.jp/?eid=1675)は、あえなく失敗。(最終結果は347人)また、中川淳一郎氏も300人という目標を達成できずに休刊。

東浩紀氏の責任編集による『ゲンロンサマリーズ』も「購読者数が伸び悩み、採算が難しいと判断」(https://twitter.com/genroninfo/status/319473113203089408)したことを告白しています。

「休刊・廃刊メルマガ特集」を自分で紹介する:渡辺文重の有料メルマガ批評:有料メルマガ批評(渡辺文重) – ニコニコチャンネル:社会・言論

あの元TechWave編集長、湯川さんのメルマガも14人しか購読者がいないそうで。これはちょっとびっくり。コンテンツの質はかなり高いですよ(湯川鶴章氏の有料メルマガの読者数が「14人」と聞いて驚愕!普通におすすめですよこれ )。

あと、TheStartupのUmekiさんは一瞬で辞めましたね(笑)この撤退の早さはすばらしいです。お世辞とか皮肉ではなく。

自分なりに敗因を分析してみると

1:ネタ不足
2:毎週〆切に追われるというリズムに慣れない
3:読み手が少ないと書くモチベーションが沸かない

そもそも本メルマガはLINE株式会社の編集者の方が、僕のFacebookの合コンレポートを見て「これをメインコンテンツにメルマガやりませんか」という話から始まったものだ。それが2013年7月のことで、熟考のあげく一度は断っています。ネタが続かないと判断したからです。それから一旦寝かせてみて、なんとなくトライしてみようと思い、始めたのが2013年11月でした。

最終号:僕が有料メルマガからの早期撤退を決めた理由 – 梅木雄平のThe Startupメルマガ – BLOGOS(ブロゴス)メルマガ

 

で、1ヶ月走ってみた感じだと、これはやっぱり無理ゲーですね。夢を見るのは明らかに間違ってます。メルマガだけで食えるのは、ごくごくわずかな著者&編集者になるでしょう。

とはいえここまでは予想通りなので、「イケハヤマガジン」に関しては、うまく運用上の工夫をしながら淡々と続けていきます(負け惜しみじゃないですよ)。とりあえず今のところは撤退はありえないですね。無理ゲーなりに戦っていくことは可能です。ぼくはもともとストイックなゲームが好きなのです。

 

イケハヤマガジンについては、こんな嬉しい反響をいただいています。これはバレンタインデーに配信した号ですね。妻との対談が意外と刺さっているようで嬉しいです。

購読者が100人で伸び悩み

小川氏を筆頭に編集チームを組んで取り組んでいるのですが、ぼくの仕事のスタイルが原因で、うまく編集者の能力を生かすことができていません…ホント、人と仕事をするのが絶望的に苦手なんですよねぇ。己の未熟さを痛感するのみです。それなりに金銭的コストを割いているのですが、事業への投資としては普通に失敗な香りがします(無論、失敗は前提なので後悔はしていませんが)。

 

小川氏率いる編集チームが「増刊号」をリリースしてくれています。田端さんの対談があったり、かなり読み応えありです。こういった増刊をちょいちょい出していきたいと思います。

イケハヤマガジン増刊号 Vol.1:MEDIA-MAKERSムーブメントは起こるのか!? メディア野郎への道標 – イケハヤマガジン – BLOGOS(ブロゴス)メルマガ

 

というわけで、当面はイケダハヤト+取材アシスタントというチームで運用していくことになります。外部の編集者は入れず、ぼくは一人で編集します。更新ペースとしては、今のところ週刊でやっていく予定でございます。

コンテンツとしては、

  • インタビュー(ブログにも掲載)
  • Q&A
  • プチコラム
  • 妻との対談
  • イケハヤ古本店

なんてところが中心的になっていきそうです。コラムに関しては予算があるので、外部のブロガー・ライターの寄稿を掲載する可能性もあります。

地味に「イケハヤ古本店」がお得です。こちらは、ぼくが読み終えた本を不定期で格安でお送りするという採算度外視の古本屋です。毎月数名の方しか購入できないんですが、ファンサービスと本棚の整理を兼ねております。

淡々と続けていくかぎりにおいては、年間50万円も売上が立てばコスパ的には黒字です。取材活動を続ける原資になっております。

 

購読者増加は半ば諦めておりますが、絶賛募集はしておりますので、気になる方は無料版からぜひ。有料版も初月無料なので、ぜひ除いてみてくださいませ!

[無料版あり] イケハヤマガジン – BLOGOS(ブロゴス)メルマガ

とりあえずBLOGOSメルマガはKindle配信への対応をお願いします

ただ、メルマガって根本的なパッケージングの問題があると思っていて、やっぱり読みにくいんですよね。うちのメルマガ毎回1万字超えるので、メーラーだと全文表示されなかったり。

夜間飛行はこの点の問題を解消すべく、Kindleによる定期配信を始めたとのこと(夜間飛行のメルマガをKindle端末、Kindleアプリへ自動配信するには)。BLOGOSメルマガもぜひとも実装してもらいたいところです。Kindleに配信されるようになれば、感覚的に雑誌に近づきますからね。


スポンサーリンク