賛否両論?イケダハヤトが物申す

「社畜」に共通する5つの特徴。あるいは、社畜にならない方法。

スポンサーリンク

「社畜」になりやすい残念な人の特徴をまとめてみました。

1. 情熱を注げる「趣味」がない

社畜と自分を自称する人たちに共通すること。彼らは、無趣味なんです。

これはわかりやすい話で、趣味がない人は、つい会社の仕事に没頭してしまうんでしょう。で、毎日残業して、「俺は社畜だからさ(笑)」みたいに自分を諦めてしまう。

彼らは結局、「仕事が趣味」であり、「職場が居場所」なのでしょう。なので、平日の夜も特にやることがないので残業してしまう。つかれているので、土日は適当に消費して過ごし、いつの間にか月曜日になっている。

仕事以外に情熱を注げるものを持っていれば、「自分の居場所は職場しかない」という状態に陥ることを防げます。

たとえば、オンラインゲームが本当に好きなら「ゲームをしたい!」という欲求に導かれて、残業することからも遠のいていくはずです。ぼくはブログが大好きだったので、会社は常に定時退社して、帰って記事を書いてました。んで、今は独立してブログでメシ食ってます。

2. 会社の外に友だちがいない

会社にしか友だちがいない人も、当然ながら「社畜」になりやすいですね。

うがった見方をすれば、一部の会社は「従業員の社畜化」を進めるために、意図的に職場に友達を作らせようとしているように見えます。
 

あなたの勤める会社がブラックな場合は、その会社で友達をつくるのは危険なことです。

あなたの足は「友だち」がいる職場に自然と吸い寄せられ、一緒になって残業をさせられ、一緒になって、低賃金のまま搾取されてしまいます。助けてくれる人がいればいいけど、そういう知人もいない……。なかなか絶望的です。

知見を広げるためにも、外の世界に知人・友人をつくることを強くおすすめします。今はそれも簡単にできる時代ですからね。

3. パートナーがいない

彼女・彼氏・妻・夫といったパートナーがいない場合も、「社畜化リスク」が高まります。
 

というのも、人々が社畜化してしまう大きな要因は「孤独」にあります。経済的な貧困よりも、孤独の方が、より本質的な要因だとぼくは考えています。

結局のところ、さびしくて、居場所がないから、搾取されてでも職場に居座ってしまうのです。そして、「社畜だからさ……」と薄ら笑いを浮かべて自己否定してしまう。
 

私生活で孤独を感じることがなければ、職場コミュニティに依存することはなくなります。「家族ともっと時間を過ごしたい」と考えれば、異常な長時間労働から脱しようと考えるようになりますしね。

4. 自分に自信がない割にプライドが高く、失敗を恐れている

「搾取される人」というのは、ある側面を見ると、「流動的になれない人」です。

厳しいことばですが、本来、社畜状態に陥りそうになったら、さっさと抜け出せばいいのです。

しかし、「お金がない」「会社を辞める自信がない」「人の目が気になる」「お世話になった人を裏切ることになる」などなどなどの理由で、多くの人は結局会社に居座りつづけ、搾取されつづけることになります。
 

そうした判断の背後にあるのは、結局のところ、自分に対する自信の欠如です。

誰かを頼るなんて恥ずかしい。自分が作り上げたイメージが壊れるのが嫌だ。会社を辞めて失敗するのが怖い。会社にいれば、給料はとりあえずもらえる私し、私がいないと職場は回らないし……。
 

…こういう人は、本当は何でもできるはずなのに、自分で自由を奪ってしまっています。プライドなんてかなぐり捨てて、失敗を恐れることをやめ、自分に対して「私はなんとかなる」という自信を持てば、社畜になんてならなくても済むはずです。

5. 自己責任に追いやられている。

皮肉なことに「責任感」が強い人は、社畜になりやすいです。ブラック企業と呼ばれる会社は、意識的に、「責任感」を社員に持たせるように仕向けているようにも見えます。

責任感なんて、働く上では「くそくらえ」ですよ。経営者に責任こそあれ、働く人の側では、責任なんて感じなくていいんですよ。ぼくも会社やってますが、別にスタッフには責任感は求めませんよ。いい仕事をすることと、責任感を持つことは違いますから。

責任感がある人は、ようするに「自己責任」に追いやられているんです。
何かあったときは、自分のせいにしてしまいます。

ほんとうは会社が悪いのに、なぜか自分のせいにしてしまう。ほんとうは社会が悪いのに、それも自分のせいにしてしまう。そうして、無理な労働を受け入れて、自分を痛めつけてしまう。

あなたが自称・社畜だとしても、それはあなたのせいではありません。まずはその認識を持つことからでしょう。環境を変えてみることから始めてください。
 

「社畜」にならないために

裏を返してまとめると、社畜に「なりにくい」人は、次のような人です。
 

・情熱を注げる趣味がある
・会社の外に友達がいる
・パートナーがいる
・自分に自信があり、失敗を歓迎している
・自己責任に追いやられていない

自分で自分の自由を奪うことはありません。あくまで自分を縛っているのは自分であることを自覚して、少しずつ鎖を解錠していきましょう。


関連記事:2016年も転職市場は良好っぽい。「環境を変えたい」あなたにおすすめの転職サイトたち。 : まだ東京で消耗してるの?


ご案内。

イケダハヤトって誰?

ブログは稼げる。月商500万円超えました!

月額4,980円のメディア研究所

2,980円の「ブログ運営の教科書」

出版レーベル「イケハヤ書房」創刊!


LINEはじめたよ!

友だち追加数

一日中マンガ読んでるイケダの本棚。

「一巻で完結」のおすすめマンガ

「5巻以内完結」の面白いマンガ


人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. おすすめグッズ、家電製品 by イケダハヤト

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!


今日も元気にツイート中。



Instagramやってます

スポンサーリンク