賛否両論?イケダハヤトが物申す

イケハヤ名刺論:「すごい人と名刺交換する」のは時間の無駄でしかない。

スポンサーリンク
スクリーンショット 2016 08 02 14 36 35

名刺交換論を書いておきましょう。

「すごい人と名刺交換する」のは時間の無駄

ぼくは仕事柄、たまに「すごい人」に会います。誰もが知っている大企業の社長さんとか、誰もが知っている政治家とか、誰もが知っている有名人・アスリートの方とか。

でも、そういう人と名刺交換する機会があったとしても、時間の無駄なのでスルーしちゃうんですよね。たまに気を遣ってスタッフの方とかが「イケダさん、ご紹介しますよ」とか言われることもあるんですが、「いやー、いいです。名刺持ってないですしw」と断ること数多し。
「愛想悪いヤツだ」とか思われてそうですが、実際愛想悪いわけですから、仕方ないのです。

多くの人が、「すごい人」と名刺交換する機会を望んでいることに、けっこう驚きます。
名刺コレクターとかならわかりますが、交換したところでどうするんでしょう。何も生まれないですよ。

たとえば、ぼくがオバマ大統領と名刺交換しても、何も生まれないじゃないですか
だったらぼくは、お互いのために名刺交換なんぞするべきではない、と思うわけです。無駄です無駄。
万が一、オバマ大統領が目の前で時間を持て余しているように見えたとしても、さっさとその場を離れて家路に着きましょう。妻のおいしいごはんが待ってますしね。

自分が何かを提供できそうなときだけ、繋がろう

名刺交換をしたときに、お互いが「この人は面白い!」と思える
そういうとき以外は、名刺交換をしたところで何も生まれません。

片方が「やべー、すげー人と名刺交換しちゃった^^;」とか思っていたり、「この人は別に面白くないな…」とか思っちゃったとしたら、その出会いは次につながりません。有名人のファンサービス以上の意味はないですね。

ぼくは滅多に自分から名刺交換を申し出ません。
唯一自分から動くのは、その人が提供している商品・サービスの感想や、感謝の気持ちなどを伝えるなど、「自分が何かの価値を相手に提供できそうなとき」だけです

意外かもしれませんが、愛用しているサービスに関わる人なんかがいたら、割と自分から動いてますよ。「いつも使ってます!ラブです!」と伝えるのって、意味があると思うんです。
 

先日は愛飲している「無手無冠」の番頭さんに「ダバダ火振り」への愛を伝えることができたり、「土佐しらぎく」を作っている「仙頭酒造」の若手社員の方に「吟の夢、超うまいです!」と伝えることができたりして、実に幸せになりました。
多分、番頭さんも悪い気はしなかったでしょう。
自分勝手ですが、こういう方向性の名刺交換は良いと思います。

そもそも名刺交換という慣習が古い。

高知に移住してからは、すっかり名刺を持たなくなりました。印刷すらしていません。まぁ、別に使うときもないですからねぇ。

普通に考えて、今はツイッターやフェイスブックがあるわけです。つながるならそっちでいいと思いますし、何より、ほんとうに繋がるべき人とは、実はすでにつながっていたりもします

経験ありませんか?「友だちの友だち」に、自分とものすごく相性がいい人がいて、すぐに意気投合してビジネスになった、みたいな話。

ぼくはこの種の出会いが頻繁にあるんです。というか、もはや「友だち」か「友だちの友だち」としか仕事をしていないような気がしますね。

>今の時代はとても便利で、わざわざ名刺交換をして「はじめまして〜」とかやる必要ないんですよ。普通にSNSを使っていれば、繋がるべき人とは、すぐに繋がることができます。

なんの接点もない、まったく知らない相手と仕事をするのはリスクですし、コストもかかります。

名刺交換をして知らない人との接点を増やしている暇があるなら、ブログを書いて、フェイスブックで拡散して、自分のことを知ってもらう機会をつくるべきです。ぼくはそうやってビジネスを伸ばしてきました。

30年後には、さすがに名刺もなくなっているでしょうね。

「えぇ!?おじいちゃんの若かった頃って、紙の名刺を交換してたの?高度経済成長期じゃないよね?映画のなかみたい!」とか言われてたりして。

ご案内。

イケダハヤトって誰?

30歳になってわかったこと

ブログは稼げる。月商500万円超えました!

月額4,980円のメディア研究所

2,980円の「ブログ運営の教科書」

出版レーベル「イケハヤ書房」創刊!

LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

一日中マンガ読んでるイケダの本棚。

「一巻で完結」のおすすめマンガ

「5巻以内完結」の面白いマンガ

人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. おすすめグッズ、家電製品 by イケダハヤト

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!

今日も元気にツイート中。


Instagramやってます

スポンサーリンク