未分類

100万円の元手で資産運用を始める場合のおすすめの方法5選!

少し前の話になりますが、金融庁の審議会の報告書に記されていた内容に端を発する「老後資金2,000万円問題」をきっかけにして、老後のお金について真剣に考えるようになった人は多いと思います。

そういった人たちは、将来に備えて資産運用を行っておきたいと考えておられるのではないでしょうか。

資産運用は、ある程度まとまったお金を元手にして始めるものというイメージがありますが、人によっては元手として準備できるお金が100万円程度しかないという場合もあるでしょう。

そこで今回は、100万円の元手で資産運用を始める場合のおすすめの方法をいくつかご紹介したいと思います。

資産運用は元手が多いほうが有利

資産運用をするにあたっては、元手が多いほうが有利であることは言うまでもありません。

たとえば、資産運用で500万円増やしたいというケースを想定してみましょう。

元手が1,000万円あれば、年利5%で約8年後に、年利3%でも約14年後には資産が500万円増える計算になります。

しかしこれが元手100万円だと、年利5%だと約37年後、年利10%でも約19年後にならなければ資産を500万円増やすことはできません。

年利10%という利回りはかなり優秀な数字であり、実際の利回りはもっと低いケースも多々あることを考えると、元手100万円でスタートさせる資産運用がなかなか厳しいものであることは、想像に難くありません。

そのため、100万円のような少額で資産運用をスタートさせる場合は、ある程度ハイリスクハイリターンな方法を選ぶことになります。

ハイリスクハイリターン①FX

FXは、ハイリスクハイリターンな資産運用の方法として、第一に名前を挙げられることの多い方法です。

メリット

FXのメリットは何と言っても、レバレッジをかけることで本来の元手の数倍・十数倍の金額での取引ができることです。

元手が100万円しかない場合でも、レバレッジ10倍で取引を行うことで元手が1,000万円ある人と同じように取引が行えるので、元手の少なさをカバーできるのは非常に大きな魅力ですね。

長期的な資産運用からデイトレードと呼ばれる超短期の取引まで、さまざまな手法があるので、増やしたい金額やライフスタイルに応じて、自分に適した形で取引ができます。

デメリット

メリットとして挙げた「レバレッジ」ですが、これは同時にデメリットにもなりうる諸刃の剣です。

本来の元手の数倍や十数倍で取引を行えるということは、うまく取引が成功すれば大きなリターンを得られますが、逆に取引に失敗すれば抱えきれないほどの損失を被る可能性があることを意味します。

インターネット上には、高レバ(高レバレッジ)で勝負をして一瞬で破産してしまった人の体験談が星の数ほどあることからも、レバレッジの恐ろしさがうかがい知れるでしょう。

レバレッジは、必ずしも自分の味方でいてくれるとは限らないということを、しっかりと念頭に置いたうえで取引を行わなければなりません。

ハイリスクハイリターン②株の信用取引

株の信用取引は、株式取引にFXのようなレバレッジを取り入れた手法ですが、FXほどの高レバレッジは利用できません。

そういった意味では、FXよりもリスク・リターン共に控えめと言えるでしょう。

メリット

レバレッジを利用して、本来の資金よりも大きめの金額で取引を行えるのも株の信用取引のメリットですが、「空売り」ができるのも大きなメリットの1つです。

空売りとは、実際には所有していない株式を売却することで、後にその株を買い戻すことが前提となります。

通常の購入→売却が0→1→0であるのに対して、売却→購入は0→-1→0となり、どちらからスタートしてもゴールは同じであることが分かりますね。

将来的に値下がりしそうな株をあらかじめ空売りしておくことで、差額分の利益を得ることができます(現在1,000円の株を空売りして700円のときに買い戻せば300円の利益)。

デメリット

レバレッジが諸刃の剣であったのと同様に、空売りもメリット・デメリットのどちらもの要素を含んでいます。

空売りした株が値下がりしてから買い戻せば利益を上げられるとお伝えしましたが、逆に空売りした株が値上がりしてしまえば、売却したとき以上の金額で買い戻さなければならないのです。

損失を確定させる取引を行うのは怖いものですから、空売りした株が値上がりしてしまっても、「そのうち値下がりするだろう」という希望のような予測を抱いたまま、買い戻すのを先送りにしてしまいがちです。

その結果、どんどん値上がりが進んで含み損が膨らんでいくというケースも多々あります。

ハイリスクハイリターン③仮想通貨

仮想通貨は最近新しく現れた概念であり、値動きが非常に大きく一攫千金も夢ではないのが大きな特徴です。

メリット

投資や資産運用の世界では、新しく参入してきたものに対しては資金が流入しやすく、ちょっとしたバブル状態になりやすいのが特徴です。

仮想通貨はまさにその状態にあり、数か月程度で価格が数倍になることも珍しくないので、うまく狙いがハマれば一財産を築けるでしょう。

もちろん値動きが激しい分、上がった金額以上に下がることもありますが、上昇トレンドにあるうちは長い目で見れば値上がりすることは間違いありません。

どの程度の金額で頭打ちになるかを見間違えさえしなければ、高確率で資産を増やすことができます。

デメリット

仮想通貨は新しい概念なので、取引の基本やhow toがまだしっかりと定まっているわけではありません。

そのため、「このような値動きをした場合は買い増し」とか「1日にこれだけの金額値下がったら静観」というような形で取引を行うのは難しく、取引を行っている本人のセンスが大きく求められると言えます。

また、何らかの悪い情報が出てきた際に資産が引き上げられやすいとも考えられるので、政治・経済の情勢に大きく左右されやすいことも、考慮に入れておかなければなりません。

このような特徴から、かなり上級者向けの資産運用の方法なので、初めて資産運用を行うという場合は別の方法からチャレンジするのが無難と言えるでしょう。

ミドルリスクミドルリターン①株式投資

ハイリスクハイリターンの投資方法にチャレンジするのが少し怖いという方向けに、ミドルリスクミドルリターンの方法もいくつかご紹介します。

まず1つは、資産運用の王道とも言える株式投資です。

メリット

株式投資の一番のメリットは、選択肢の多さです。

東証一部に上場している企業だけでも2,100社程度ありますし、二部・マザーズ・JASDAQなどまで含めれば、上場社数は3,700にも及びます。

これだけの企業の中から売買できる株式を選べるわけですから、自分の資産形成の目標・予定に応じた株式を選ぶことは難しくないでしょう。

いくつかの株式を組み合わせてポートフォリオを組むこともできるので、リスクヘッジを行いやすいのも大きなメリットです。

デメリット

長期的な株式取引で利益を上げるためには、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析といった分析手法が必須になるので、実際に株式取引を始める前にはある程度勉強するための期間が必要になります。

知識がまったくのゼロの状態から手探りでスタートしていって、勉強を並行させながら実体験をもとにしつつ覚えていくのでもいいですが、その場合は多少の損失を被るであろうことは想定しておきましょう。

また、株式投資は「いつ買うか、いつ売るか」が非常に重要なので、優柔不断な人には向いていません。

優柔不断な人は、以下で紹介する投資信託のほうが向いているでしょう。

ミドルリスクミドルリターン②投資信託

投資信託は、証券会社が取り扱っている金融商品で、資産運用をプロのファンドマネージャーに行ってもらうことができます。

メリット

株式投資では、どの銘柄を購入するのか、いつ購入・売却するのかといった判断をすべて自分で行わなければなりませんし、その判断を行うためにテクニカル分析などの分析手法を身に付けなければなりません。

しかし投資信託では、そういった判断をすべてプロのファンドマネージャーに一任できるので、かける時間や手間を大幅に減らすことができます。

投資信託にも非常にたくさんの種類がありますが、ファンドマネージャーと相談しつつ購入するものを決められるのも、株式投資にはないメリットと言えるでしょう。

ファンドマネージャーは投資のプロではありますが、プロと言えども必ず資産を増やせるとは限らないのが投資の世界なので、投資信託と並行して自分で資産運用を手掛けておくとリスクヘッジにもなります。

デメリット

投資信託では、ファンドマネージャーに資産運用を一任できる代わりに、一定の手数料を支払わなければなりません。

手数料を支払うということは、その分だけ自分の利益が圧縮されて利回りが悪化することにつながります。

手数料を支払ってもなお、銘柄選定や購入・売却の判断などをプロに任せることにメリットを感じるのであれば、投資信託を利用すべきです。

ただ、利回りを最大化することを純粋に追い求めたいのであれば、手数料分の支払いですらデメリットに感じるかもしれませんね。

まとめ

元手が100万円と少額だと、どうしてもハイリスクハイリターン寄りの投資方法を選ばざるをえなくなります。

今回はハイリスクハイリターン寄りの方法を中心に紹介してきましたが、資産運用がうまくいって少し資産が増えてきたら、途中からローリスクローリターン寄りの方法に切り替えるのもありですね。

1つの方法のみに固執する必要性はまったくないので、1つの方法を試してみてうまくいかなかったら別の方法に切り替えるというような、臨機応変な姿勢も重要ですよ。

(4002文字)

(プレゼント付き)自力で稼ぐ力を付ける!1年間の無料メール講座。

イケハヤです。

収入に不満がある

不労所得がほしい

自力で稼げるようになりたい

そんなあなたのために!

「ゼロから自力で稼ぐ力を付ける」をテーマにした無料メール講座を作りました。

一応注意すると、甘い話は書いてありませんよ。けっこう厳しめに教えてます。

優しく教えても、なかなか変わりませんからね……。

途中で嫌になって解約する人もけっこういますw

 

無料でいつでも解約できるのでご安心を!

このメール講座をしっかり受講し、提案される行動を取ってもらえれば……。

1年間で月2〜3万円稼げるようになるはずです

人によっては、もっといけるとも思います。

本メール講座では、以下のような内容を収録しています。

  • 有料販売している教材のプレゼント
  • 稼ぐためのマインドセット
  • 情報商材詐欺にあわないための知識
  • 初心者がまずやるべきこと
  • ツイッターの使い方(課題達成者には無料コンサル1回
  • ブログアフィリエイトの始め方
  • コンテンツ販売で稼ぐノウハウ
  • YouTubeで稼ぐ方法
  • 最新おすすめ副業徹底解説
  • 副業を始めるときのベストな考え方
  • 資産運用の基礎的な知識
  • 絶対にやっておくべき節約術

 

などなど……。

伝えておくべき内容が出てきたときは、号外で最新情報も提供します。

繰り返しですが、すべて無料です。

noteなどで有料販売している教材をちょくちょくプレゼントしてるので、ぶっちゃけかなりお得です……。

最初のメール講座にもプレゼント教材(ブログ、SNS、YouTube「最初の1円」を稼ぐためのルートガイド)入れてあるので、ぜひご活用ください〜。

 

 

 

【YouTube攻略の秘訣を教えるメール講座】

メール講座が非常に反響がいいので、追加でもうひとつ作りました。

YouTubeで稼ぎたい方はこちらもどぞ!

 

Secured By miniOrange