未分類

投資信託は初心者におすすめ?仕組みと選ぶときはここに注意

「貯蓄から投資へ」という言葉があるように、これからは自分で資産を運用して増やすことが必要な時代です。

でも、これまでまったく資産運用をしたことない人に、いきなりやれ!と言われても困りますよね。

そこで、数ある金融商品の中でも、初心者でも取り組みやすい投資信託について、仕組みやリスク、運用先を選ぶ時の注意点を分かりやすく解説していきますね。

ぜひ参考にしてください。

投資信託の仕組みとは?

投資信託という言葉は、テレビCMや電車の中吊り広告などで、一度は見聞きしたことがありませんか?

言葉は知ってても、その意味まではよく分からないという人も多いでしょう。

ではまず、投資信託の仕組みや特徴についてみていきましょう。

投資家の資金をひとつにまとめてプロが運用する

投資信託は「投資を信じて託す」と書くように、投資家たちから預かったお金をファンドマネージャーと呼ばれる運用のプロが、株式、債券、不動産などに投資するよう指図して、その運用成果を投資家たちに分配する商品です。

ひとくちに投資といっても、利益を出すためにはいろいろ考える必要があります。
どこに投資するか、複数の投資先をどれくらいの比率で組み入れるか、売買のタイミングはいつがベストかなど、利益を出すためには常に金融市場にアンテナをはって、情報収集や分析をする必要があります。

初心者にはこの情報収集や分析はなかなか難しいので、その部分をファンドマネージャーにすべてお任せするというのが投資信託なのです。

運用成果は投資額に応じて分配

投資信託は運用結果に応じて利益が分配されますが、その分配額はそれぞれの投資家の保有口数に応じた金額になります。

保有口数とは投資信託での取引単位のことで、投資額や投資信託の値段(基準価額)、手数料を基に計算されます。

つまり投資額が大きいほど保有口数は多くなり、運用益が出た場合の分配額も大きくなるわけですね。

投資信託は他の金融商品とは違い、1万円程度の少額からでも始められますが、投資額が少ないと、あまり大きなリターンは見込めないのはこれでお分かりですね。

3つの会社が関わって運営している

投資信託の運営には、実は「販売会社」「受託会社」「運用会社」という3つの会社が関わっています。

まず、証券会社や銀行、などの販売会社で販売され、投資家がその商品を購入します。

そうやって集められたお金を保管・管理しているのが受託会社で、これは信託銀行が担当です。

そして運用会社が集まったお金の運用先を決め、受託会社に指図します。

その指図通りに、受託会社が売買を行って、出た利益は販売会社が投資家へ分配するわけです。

ちなみに、ファンドマネージャーと呼ばれる人がいるのは、運用会社です。

初心者が気を付けたいリスクは?

金融市場に関する専門知識を必要とせず、少ない資金で始めることができる投資信託は、初心者でも取り組みやすい金融商品と言えます。

また、申し込みの際には商品概要やリスクについて販売会社から説明を受けますし、運用状況については定期的に配信される運用レポートで知ることができ、実際に分配金が振り込まれ通帳を見れば、ただただ嬉しいですよね。

しかし、嬉しいことばかりだけじゃないのが投資信託です。

ちゃんとそのリスクを知っておくことが、投資信託を成功させることにもつながっていきますので、次はリスクについて解説していきます。

元本の保証なしと大損の可能性

投資信託は、銀行の預金と違って、元本が保証されていません。

どういうことかというと、投資信託では値動きのある債券や株式など有価証券にも投資をしているため、価格や為替相場の変動によって、投資額を上回る損失が発生してしまう可能性(元本超過損リスク)があります。

だからこそ、万が一、損失が出ても生活に影響が出ない余剰資産内で行うことが重要なのです。

この元本割れリスクを少しでも回避するためには、時間(購入タイミング)や商品(投資先)を分散して購入することが有効です。

例えば、100万円を元手に投資信託を購入するのであれば、1度に100万円を投入するのではなく、10万円を10回に分けて投資するということです。

購入後の運用はプロに任せることができますが、投資信託(ファンド)選びは自分の責任のもとで行わなければならないため、慎重な判断が必要です。

価格変動や信用状況悪化といった外的要因

投資信託購入時に販売会社から主なリスクについての説明がありますが、一度の説明ですべてを理解するのはなかなか難しいものです。

そこで、なるべく購入前にどのようなリスクがあるのか簡単に把握しておきましょう。

価格変動リスク 投資対象の価格が変動することで起こるリスク
為替変動リスク 為替相場の変動により外貨建ての資産の価値が減るリスク
信用リスク 有価証券の発行体である国や企業の経営不振や破綻などで利息や償還金が支払われなくなるリスク
流動性リスク 売買などの取引量が極端に少ないことが原因で売却したくてもできないというリスク
カントリーリスク 投資先の国や地域で情勢の変化や混乱が生じることで大きく価格が変動するリスク

投資信託のコストはどのくらいかかる?

投資信託は購入時だけでなく保有中、売却時にも手数料が発生します。

また利益が出たら税金がかかることも忘れてはいけません。

同じファンドを同じタイミングで購入したとしても、この手数料の違いでリターンに大きな差が生じます。

投資信託で運用するのであれば、コストにこだわることも非常に大切なのです。

投資信託のコストに関しては、販売会社やファンドの種類を意識して選択することで大きく節約することができます。

例えば購入時手数料を抑えたい場合は、販売会社を実店舗のある銀行や証券会社の窓口ではなく、ネット証券にしてしまうのも有効です。

どんな種類のコストがどのタイミングで発生するのかしっかり把握しておきましょう。

取引前に目論見書を確認しよう

証券会社や銀行窓口であってもネット証券であっても、投資信託購入前には必ず交付目論見書という資料が交付されます。

この交付目論見書には以下のような重要事項が記載されていますので、購入する前に必ず確認するようにしてください。

〇ファンドの目的・特色
何を目的にしているのか、投資対象先や運用方法、仕組み分配の方針などが記載

〇投資のリスク
為替リスク、信用リスクなど基準価額の変動要因となるリスクを記載

〇運用実績
これまでの基準価額、純資産総額、分配金、収益の推移などが記載

〇手続き・手数料
ファンドの購入単位、投資家が直接的、間接的に負担する手数料や諸費用、税金などが記載

投資信託のコスト例

投資信託は販売会社、受託会社、運用会社の3社で成り立っているため色々な名目でコストが発生します。

交付目論見書の終盤に、どんなコストがいくらかかるのかがきちんと記載されていますので、把握したうえで購入を検討してください。

購入時手数料 購入時に販売会社へ支払う手数料
ファンドや販売会社によっては購入時手数料がかからないものもある
運用管理費(信託報酬) 保有している間に引かれる手数料
監査報酬 監査法人などから監査を受ける際に発生する手数料
売買委託手数料 投資する株式などの売買時にかかる手数料
信託財産留保額 投資信託の換金時にかかる手数料
ファンドによってかかるものとかからないものがある

投資信託にかかる税金

投資信託は、分配金や換金後の収益などに対し、所得税15.315%(復興特別所得税含む)と住民税5%が課せられています。

「税金は難しくてよく分からない」という人が多いかもしれませんが、20%を超える高い税金を払うことになるわけですから、投資信託の種類ごとに、どんな税金がかかるのか知っておきましょう。

なお投資信託の税金対策として、NISAやつみたてNISAに申し込むこともおすすめです。

これらの制度を利用すると、120万円もしくは40万円の非課税枠内で得た利益に対し、一定期間税金がかかりません。

証券口座を新規で開設する時にぜひ検討してください。

株式投資信託の収益分配金

投資対象の中に株式を組み入れることができる株式投資信託では、決算のタイミングで収益の一部を「収益分配金」として投資家に分配します。

この収益分配金を受け取る際に、配当所得として所得税・住民税あわせて20.315%の税金が源泉徴収されるんですね。

株式投資信託の種類の中でも私募株式投資信託と呼ばれるものに関しては20.42%の税金が課せられますが、私募株式投資信託は限られた投資家のみが対象で一般的ではないので、
まずは、上場・公募株式投資信託の20.315%という税率だけ覚えておいてください。

さて、「収益分配金」には税金がかかるわけですが、しかしその出所によって、税金がかかるものとかからないものがあります。

普通分配金と元本払戻金

収益分配金には、普通分配と元本払戻金の2種類があります。

普通分配は運用により生じた収益から支払われるもので、課税対象です。

一方、元本払戻金は、投資した元本を取り崩して支払われる分配金で、こちらは非課税です。

つまり分配金は、運用による純粋な利益が分配されたものなのか、あるいは元本を取り崩して捻出されたものなのかによって税金の有無が変わります。

また、ファンドによっては毎月分配型といって、月ごとに分配を支払う運用方針となっているものがあります。

もちろん運用状況によって分配金の減額や停止もありますが、基本的に支払うことが前提となっていることから、元本を取り崩してでも分配が行われることになります。

元本払戻金というものがあるのは、こういった理由があるからなのです。

株式投資信託の譲渡益課税

株式投資信託の譲渡益課税とは、換金時に生じる税金です。

こちらも売却益に対し、現在、所得税15.315%、住民税5%が課税されます。

このように、投資信託で利益が出ると、当然税金を支払わなければなりませんが、その計算や手続きが面倒だという人は、証券口座開設時に「特定口座(源泉徴収あり)」を選択するとよいでしょう。

「特定口座(源泉徴収あり)」にしておくと、1年間の売買の計算や納税を投資家の代わりに証券会社や銀行が行ってくれます。

1年間でいくら売買損益が出たのかは郵送される「年間取引報告書」で確認でき、基本的に確定申告は不要です。
年間のファンドの購入金額がそこまで大きくないのであれば、NISA口座で開設するというのも良いでしょう。

公社債投資信託の税金

公社債投資信託とは債券での運用を中心とし、株式を一切組み入れない投資信託のことです。

具体的な該当商品としては「MRF」「MMF」「外貨MRF」などが挙げられます。

公社債投資信託は、利子所得として課税される収益分配金と、換金時の譲渡益それぞれに20.315%課税されます。

2016年1月以前の公社債投資信託は、譲渡損益や償還差損益など所得に応じて課税方式が異なるなど非常にややこしい仕組みでしたが、税制改正で税金の取り扱いが統一され、損益通算や特定口座での管理ができるようになりました。

特定口座内であれば株式投資信託とも損益通算が可能ですので、なるべく簡単に管理したい人は特定口座での開設をおすすめします。

初心者におすすめのファンドの選び方

投資信託の仕組みやリスク、コストについてみてきましたが、早い話、「結局どこのファンドを選べばいいの?」となっているかもしれませんね。

「運用はプロにお任せ」とはいえ、ファンド選びは重要です。
証券会社や銀行では投資信託について分かりやすく情報提供を行ってくれる一方で、販売ノルマがあるため手数料が高いものや運用方針にそぐわない商品を案内してくる可能性もあります。

もしそれで損失が発生しても、リスクを負うのはもちろん自分自身なのです。

だからこそ初心者向けのファンドは何か、注意すべき点は何かきちんと理解しておきましょう。

インデックス型でバランスが良い

初心者におすすめなのがインデックスファンドです。

インデックスファンドとは、日経平均株価やダウ平均株価などと同じような動きをするように設計された投資信託の商品です。

新聞やニュースで日々目にする日経平均が指標となるため、初心者でも値動きの変化が分かりやすいでしょう。

インデックスファンドのメリットは、運用コストの低さと分散投資が可能であることです。

インデックスファンドは構成する銘柄をひとつに絞り込むのではなく、バランスよく分散させるため損失リスクを抑えることができます。

「卵はひとつのかごに盛るな」という資産運用のことわざがあるように、一点集中ではなく分散することがリスクヘッジのためには重要なのです。

資金流入と純資産総額で経営規模を確認

純資産総額とは、組み入れられている株式や債券などの資産の時価総額のことを指し「基準価額×受益権口数(保有口数)」で求めることができます。

計算式が出ると途端に複雑に感じてしまいますが、簡単にいうとファンドの規模をあらわしたものです。

純資産総額はファンドの購入や解約といった資金の流出入と、ファンドに組み入れられている資産の時価総額によって増減します。

純資産総額が増えるということはファンドの人気が集まっていると見ることができますが、しかし純資産総額が減っていても、これから基準価額の上昇が見込めるのであれば良いファンドと判断することができます。

交付目論見書の中の純資産総額と基準価額の推移をチェックし、保有ファンドの状況を随時確認してください。

非課税のつみたてNISAに対応

ファンドを選択する際には、つみたてNISAに対応しているか確認しましょう。

つみたてNISAは、投資信託を積立で買い付けした際に利用できる非課税制度のことで、非課税枠は年間40万円までと一般NISAと比べ少ないものの、非課税期間が20年と長く、中長期的な資産形成に適した運用方法といえます。

なお、一般NISAとつみたてNISAは併用できません。

どちらがいいかは、自分の投資方針などに応じて検討してください。

例えば、投資信託初心者やまとまった資金はないが投資をしてみたいという人には、つみたてNISAでの運用がいいでしょう。

自分で購入タイミングを考えるよりも、機械的に毎月自動積立してくれる方が楽ですし、購入価格の平準化を狙うことも可能です。

信託報酬が低い

信託報酬の安さもファンドを選ぶ際には重要です。

信託報酬はファンドを保有している限り、信託財産から日々自動的に差し引かれているため、運用収益を得るにはいかに信託報酬を抑えられるかがカギとなります。

一般的にハイリターンを狙うアクティブファンドは信託報酬が高く設定され、手堅く運用するインデックスファンドは信託報酬が安く設定されています。

そこで、まずはインデックスファンドを中心にファンドの選定を行いましょう。

なかなかファンドの選択ができないという人は、つみたてNISAの対象銘柄から選ぶこともおすすめです。

つみたてNISAの対象銘柄は数が絞り込まれているため選択しやすく、信託報酬も一定以下と安く設定されているからです。

分配金がない

分配金がないファンドは、分配金を支払わずにその運用益を再投資することで複利効果が期待でき、より効率的な資産形成が可能です。

分配金は基本的に運用益を基に支払いますが、運用実績が思わしくない場合は元本を取り崩して支払っています。

定期預金の利息とは性質が全く異なるということをきちんと認識してください。

もちろん運用益が出た場合に確実な収益確保ができる、定期的な受け取りで生活費を補填できるというメリットもありますが、分配金の支払額だけ基準価額は下落します。

運用方針や好みは投資家によって異なるため一概には言えませんが、複利効果で雪だるま式に資産を増やしていきたい人は、分配金がないファンドを選択しましょう。

まとめ

投資信託は初心者でも取り組みやすい運用方法ですが、元本割れリスクがあるため余裕資金の範囲内で行うことが重要となります。

インデックスファンドやつみたてNISAを中心に、リスクやコストを抑えた運用を行いましょう。

(プレゼント付き)自力で稼ぐ力を付ける!1年間の無料メール講座。

イケハヤです。

収入に不満がある

不労所得がほしい

自力で稼げるようになりたい

そんなあなたのために!

「ゼロから自力で稼ぐ力を付ける」をテーマにした無料メール講座を作りました。

一応注意すると、甘い話は書いてありませんよ。けっこう厳しめに教えてます。

優しく教えても、なかなか変わりませんからね……。

途中で嫌になって解約する人もけっこういますw

 

無料でいつでも解約できるのでご安心を!

このメール講座をしっかり受講し、提案される行動を取ってもらえれば……。

1年間で月2〜3万円稼げるようになるはずです

人によっては、もっといけるとも思います。

本メール講座では、以下のような内容を収録しています。

  • 有料販売している教材のプレゼント
  • 稼ぐためのマインドセット
  • 情報商材詐欺にあわないための知識
  • 初心者がまずやるべきこと
  • ツイッターの使い方(課題達成者には無料コンサル1回
  • ブログアフィリエイトの始め方
  • コンテンツ販売で稼ぐノウハウ
  • YouTubeで稼ぐ方法
  • 最新おすすめ副業徹底解説
  • 副業を始めるときのベストな考え方
  • 資産運用の基礎的な知識
  • 絶対にやっておくべき節約術

 

などなど……。

伝えておくべき内容が出てきたときは、号外で最新情報も提供します。

繰り返しですが、すべて無料です。

noteなどで有料販売している教材をちょくちょくプレゼントしてるので、ぶっちゃけかなりお得です……。

最初のメール講座にもプレゼント教材(ブログ、SNS、YouTube「最初の1円」を稼ぐためのルートガイド)入れてあるので、ぜひご活用ください〜。

 

 

 

【YouTube攻略の秘訣を教えるメール講座】

メール講座が非常に反響がいいので、追加でもうひとつ作りました。

YouTubeで稼ぎたい方はこちらもどぞ!

 

Secured By miniOrange