僕の所属しているトライバルいkうメディアハウスの代表取締役社長、池田紀行(@ikedanoriyuki)の著書がついに手元に。

ゲラのチェックを手伝ったこともあり、僕にとっても思い入れのある本です。ゆえに、ある程度バイアスが掛かってしまうので、いくらか割り引いてご覧になって頂ければ幸いです。



そもそも、僕が転職を決めたのは、社長の「健全にソーシャルメディアを浸透させていこうじゃないか」という一言でした。まさにそれは自分のミッションと合致するところでしたので、半ば即決で入社を決めた次第です。
そして、この本を読んで、改めてトライバルメディアハウスに入社して良かったと感じることができました。この本は「ソーシャルメディアは魔法だ」という誤解を解き、健全にソーシャルメディアが浸透していくための一助となるはずです



内容としては、ソーシャルメディアを企業として活用していくにあたって、抑えておくべき内容が網羅されている、と言えるものです。それもそのはず、この本なんと334Pもあります。お手元に新書があれば比較していただきたいのですが、通常の新書の1.5倍はあるボリュームです。



僕がこれまでブログに書いてきた内容は、ほとんどこの書籍に詰まっています。しかも、当然ながらより分かりやすい形で。なんだか月並みの表現になってしまいますが、ソーシャルメディアを企業として活用したいのなら、読む価値は大いにある本でしょう。



こういう本が出てくると、なおのこと頑張らなきゃ、と奮起させられます。トライバルメディアハウスのアナリストの一人として、最先端のソリューションを研究・提案していきたいと思います。




と…これだけじゃ何なので、読書メモとしてセンテンスをいくつかご紹介します。




・皆さん、そろそろ目を覚ましましょう。ソーシャルメディアマーケティングは「魔法の杖」ではない。何でもかんでもソーシャルメディアマーケティングで解決するわけはないし、広告やPRを代替するものでもない。

・ソーシャルメディアは流行ではない。電話の普及が僕たちのコミュニケーションや生活を変えたように、ソーシャルメディアも僕たちのコミュニケーションと生活を大きく変えているのだ。

・ソーシャルメディアはクチコミ同様、消費者同士が利害関係無く、自由にコミュニケーションをしている公園なのだ。その公園であなたはマーケティングを「させていただく」のである。それがソーシャルメディアマーケティングなのだ。


・いいですか、皆さん。お願いですから、いますぐにブログを解説して、今日からブログを書き始めてみてください。ツイッターを始めてみてください。ミクシィのコミュニティで会話をしてみてください。…(中略)…。大げさかもしれないけれど、ソーシャルメディアへの参加は、確実にあなたの感覚を変えるだろう。


・すべては「熱意を持った一人」の社内啓蒙から始まる。

・消費者とのキズナを深めることで、毎度シェアや顧客生涯価値を向上させ、結果として競合他社との差別的競争優位性を確保する。1980年頃から叫ばれ始めた「消費者志向のマーケティング」に、結果として原点回帰しているのです。





なんてフレーズにピンと来たら是非。





*Amazonアフィリで得られた収入は、JustGiving Japanを用いて寄付に回します。現在1,000円寄付