スクリーンショット 2012 04 13 8 34 14





メディア運営においては、僕は「質より量」だと考えています。それは言い換えれば、量を書くことで「ロングテール」の検索流入が得られる、ということでもあります。



Ginzametricsさんが紹介している調査では、80%のロングテールキーワードが40%の流入を稼いでいた、という結果が出ています。



トップ10のキーワード(いわゆるビッグワード/ヘッドのワード)の流入数は9400件です。
全体のたった0.02%のキーワードで、検索流入の10%を稼ぎます。
これはビッグワードがSEOで好まれる理由そのものです。

一方ロングテールワードを見てみると、1ワードあたり流入数が2件以上のキーワードは約8000ワード(45000件の20%未満)で、流入数がたった1件しかないキーワードが80%超を占めます。
この80%超のキーワード数で、自然検索流入数の約40%を占めていました。

大規模サイト向けのロングテールSEO対策のやり方





肌感覚的にもこれは正しくて、僕のブログも

・総検索流入は約25,000アクセス
・3アクセスしかないキーワードから月間750アクセス
・2アクセスしかないキーワードから月間1,600アクセス
・1アクセスしかないキーワードから月間5,000アクセス

と、1〜3アクセスのキーワードが、検索流入の約30%を占めています


スクリーンショット 2012 04 13 8 39 25

こんな感じで、ずらーっと1アクセスしか稼いでいないキーワードが5,000件以上並んでいます。

1アクセスの集積だけで、毎月5,000以上のアクセスを獲得できているのです。

現在の記事総数は1,050本なので、記事数が2,000本になれば、単純計算で毎月10,000アクセス以上獲得できるようになるでしょう。




短期的なバズを狙っていくことも重要ですが、コンテンツ量を地道に稼いでいくことだけで、メディアの価値を底上げすることができます。ゆえに、メディア運営でもっとも重要なのは「継続」だと僕は考えるのです。




1日あたりの生産性も重要なパラメータです。僕は毎日5本ペースを目指していますが、仮にこのペースで365日走れたら1,800本近いコンテンツを蓄積できます。1日10本なら、3,500本以上です。Mashableは毎日20本以上更新しているので、記事生産量は年間1万本近いと思われます。

これらの記事がロングテールでアクセスを稼いでくれ、メディアの価値を座布団式に積み上げていくのです。


スクリーンショット 2012 04 13 11 59 26





もちろんただ量を書くだけではなく、データを見ながら日々サイトを最適化をしていく必要があります。いくらPVを稼いでも収益と連動しなかったり、定期読者が増えなかったりしたら、それはあまり意味のないPVです。





もはや古びた言葉ですが「ロングテール」はメディアづくりでも強く意識すべきことだと僕は考えます。

みなさんはメディアづくりにおいて、何が重要だと考えますか?目的によっては「The Starup」のような厳選更新メディアもありだと思います。フェイスブックやツイッターでぜひシェアしてみてください。





何気にアップデート版が出ていますね。まだお読みになっていない方はぜひ。

ロングテール(アップデート版)―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略 (ハヤカワ新書juice)