AdAgeの少し前の記事ですが、自分メモがてら抄訳をご共有。






Study: Only 1% of Facebook 'Fans' Engage With Brands | Digital - Advertising Age

Ehrenberg-Bass Instituteの調査によれば、トップブランド200企業のページにおける、総ファン数に対する「People Talking About This(話題にしています)」の割合は、1.3%に留まった。

・純粋なエンゲージメントを測るため、「新規のいいね!」を取り除いた場合には、反応率は0.45%になる。いいね!した後にコンテンツにエンゲージしてくれる人は0.45%に過ぎない。






確かに、コカコーラのフェイスブックページも「話題にしている人」が19.6万人、総ファン数が4,100万人なので、計算すると0.48%程度になりますね。

ファン数が増えれば増えるほど、エンゲージメント率(反応率)は下がっていくので、これはある意味仕方ないと思います。




こちらは微妙に指標の取り方は違いますが、日本においても1万人を超えたあたりからはエンゲージメント率が1%程度に落ち着くようです(facenavi調査)。

http://facebook.boo.jp/2011-facebook-ranking-engagement" target="_blank">スクリーンショット 2012 04 10 8 43 16






しかしながら、ずば抜けた反応率を誇るページもいくつか存在します。

2万人以上のファンを集める我らがハム係長も「話題にしています」の割合で見ると、6%を超えています。

スクリーンショット 2012 04 10 8 50 03





くまもんのページも3%ほどの反応率となっており、比較的キャラクターは受けが良いようです。

スクリーンショット 2012 04 10 8 51 53





意外なところでは、土屋鞄のページが9.5%という驚異的な数字を誇っています。






超大規模ページでは、Tokyo Otaku Modeは3%近いエンゲージメント率を誇ります。


スクリーンショット 2012 04 10 8 54 22






というわけで、

・1万人を超える大規模なページだと概ね1%程度のエンゲージメント率(話題にしている人数/総ファン数)になる

・キャラクター活用や、特にロイヤルティの高いブランドは3%以上のエンゲージメント率の獲得も可能


というあたりは、フェイスブックマーケティングを実践する上で覚えておいて損はないでしょう。





ちなみに僕の運営するページは4.7%のエンゲージメント率でした。ファン数はまだそれほど多くありませんが、率的には比較的高い方だと思うのでちょっと安心。

スクリーンショット 2012 04 10 8 58 12





フェイスブックマーケティング関連では下記の一冊がおすすめ。僕の前職、トライバルメディアハウスの書籍です。