最近、フェイスブックのプライバシー設定触ってますか?タイムライン化もあり、色々と設定項目が変わっているようです。

ReadWriteWebに良い感じのまとめがあったので抄訳してご紹介します。

特に新入社員の方なんかは、今一度フェイスブックのプライバシー設定を見直すと良いのかもしれません。




(参考)Top 5 Facebook Privacy Tips




1. 情報の共有範囲を「友だち」のみにする



・「友だちの友だち」はあまり意味がない。平均でも15万人に公開されることになる。情報を見せたくないのなら「友だち」のみに設定する。









2. 友だちによる共有を防ぐ



・ソーシャルアプリやゲーム上では、友だちによってあなたの個人情報が公開される可能性がある。

あなたがそのアプリケーションを利用・許可していなくても、あなたのプライバシー設定によっては情報は公開されてしまう。

・プライバシー設定>アプリとウェブサイト>他のユーザーが利用しているアプリとの情報の共有、から共有されたくない情報のチェックボックスを外す。









3. タグに注意する



・フェイスブックのタグ付けにも注意が必要。フェイスブックには顔認識による自動タグ付け機能はないが、顔認識によるタグのサジェスト(提案)機能がある。

・この機能は、あなたの写真、またはあなたに似た人の写真がアップされた時に、タグ付けされる可能性を高める。

・また、タグ付けされた際のレビュー機能も利用することができる。これにより、第三者による勝手な・不用意なタグ付けを防ぐことができる。

・プライバシー設定>タイムラインとタグ付け、から設定できる。










4. 過去のコンテンツへのアクセスを制限する



・タイムライン化により、投稿した後にコンテンツの共有範囲を変更できるようになった。

・このボタンによって、全世界に公開してしまった過去のコンテンツを、すべて「友だちのみ」の表示に切り替えることができる(投稿単位での公開範囲の設定も可能。このボタンはワンクリックで全てを変えられる機能)。









5. フィード購読をオフにする



・フィード購読を可能にしておくと、誰もがあなたの公開情報にアクセスできるようになる。検索にも掛かるようになる。

・アカウント設定>フィード購読者、から「フィード購読を許可」のチェックボックスを外す。









以上、簡単に紹介でした。より詳しくは原文をぜひ。

4番の機能とか知りませんでした。ワンクリックで「友だちのみ」に切り替えられる、これ就活中なんかに便利かも知れませんね笑




相変わらず炎上事件もちらほら見られますし、こういうプライバシー設定周りの話は、社内研修などを通してしっかり伝えていく必要があるように思います。僕も含めて、普通に使っているだけでは、ここまで触らないですからね…。




最近だとソーシャルメディアのリスク対策ビジネスなんかも出てきているみたいです。社内研修考えている方はぜひチェックしてみては。

ソーシャルメディアリスク研修プログラム「ソーシャルメディアリスクマネージャー」

電通PR「大学向けソーシャルメディアリスク対策プログラム」サービスを開始





炎上関係ではこちらの本が詳しいです。ソーシャルメディアのリスクについて考えるには適切な一冊。

ソーシャルメディア炎上事件簿