photo credit: JD | Photography via photopin cc










今更ながら「ストレングスファインダー」をやってみました。で、これ気持ち悪いほど当たっていてヤバいです。




僕は「最上志向」「活発性」「戦略性」「未来志向」「適応性」が強みとして出ました。

特に「最上志向」はうちの奥さんも「当たってる!」と言うくらいの的中感。自己紹介がてら、僕の特性を紹介します笑






最上志向



優秀であること、平均ではなく。これがあなたの基準です。平均以下の何かを平均より少し上に引き上げるには大変な努力を要し、あなたはそこに全く意味を見出しません。平均以上の何かを最高のものに高めるのも、同じように多大な努力を必要としますが、はるかに胸躍ります。

自分自身のものか他の人のものかに関わらず、強みはあなたを魅了します。真珠を追い求めるダイバーのように、あなたは強みを示す明らかな徴候を探し求めます。生まれついての優秀さ、飲み込み の速さ、一気に上達した技能――これらがわずかでも見えることは、強みがあるかもしれないことを示す手がかりになります。そして一旦強みを発見すると、あなたはそれを伸ばし、磨きをかけ、優秀さへ高めずにはいられません。あなたは真珠を光り輝くまで磨くのです。

このように、この自然に長所を見分ける力は、 他の人から人を区別していると見られるかもしれません。あなたはあなたの強みを高く評価してくれる人たちと一緒に過ごすことを選びます。同じように、自分の強みを発見しそれを伸ばしてきたと思われる人たちに惹かれます。

あなたは、あなたを型にはめて、弱点を克服させようとする人々を避ける傾向があります。あなたは自分の弱みを嘆きながら人生を送りたくありません。それよりも、持って生まれた天賦の才能を最大限に利用したいと考えます。その方が楽しく、実りも多いのです。そして意外なことに、その方がもっと大変なのです。





僕はライター/マーケターとして、まさに「真珠を光り輝くまで磨く」ことに熱意を持っています。講演などの自己紹介で「僕はダイヤモンドの原石を見つけ、磨き、価値を伝えていく人間です」とか語ったりしてました。これすごいです。気持ち悪いです。

「あなたは、あなたを型にはめて、弱点を克服させようとする人々を避ける傾向があります」というあたりもドンピシャです。前職時代に社長から「お前は頑固だ」と言われたことを思い出します苦笑




なお、ストレングスファインダーは、一冊の本に一つのユニークなコードが印字されています(裏表紙にあります)。古本を買うと、既にコードが使われているので基本的に新品をお買い求めください。1,680円と安くはないですが、僕は買ってよかったです。占いだと思えば安いですしね。