サイコパス(ソシオパス)をテーマにした作品。実際、こういう人周りにいるかも…。読書メモを残しておきます。



良心をもたない人たち



・精神医学の専門家の多くは、良心がほとんど、ないしまったくない状態を「反社会性人格障害」と呼んでいる。この矯正不可能な人格異常の存在は、現在アメリカでは人口の約4パーセントと考えられている—つまり25人に1人の割合だ。

・この良心欠如の状態には、べつの名称もある。「社会病質(ソシオパシー)」ないしはもっと一般的な「精神病質(サイコパシー)」。じつのところ罪悪感の欠如は、精神医学で最初に認められた人格障害であり、過去には譫妄なき狂気、精神病質的劣勢、道徳異常、道徳的痴愚などという言葉も使われた。

・精神病の診断でバイブルとされている、アメリカ精神医学会発行の「精神疾患の分類と診断の手引き」第四版によると「反社会性人格障害」の臨床診断では、以下の7つの特徴のうち、少なくとも3つをみたすことが条件とされている。

1. 社会的規範に順応できない
2. 人をだます、操作する
3. 衝動的である、計画性がない
4. カッとしやすい、攻撃的である
5. 自分や他人の身の安全をまったく考えない
6. 一貫した無責任さ
7. 他の人を傷付けたり虐待したり、ものを盗んだりしたあとで、良心の呵責を感じない

・サイコパス全体に共通するものとして、べつの特徴を付け加えた研究者や臨床家もいる。そのなかでもっともよく目に付く特徴のひとつが、口の達者さと表面的な魅力である。

・サイコパスはふつうの人より刺激にたいする欲求が強く、結果として社会的、肉体的、経済的に、あるいは法的にリスクを冒すことが多くなる。特徴をあげると、彼らは人を惑わせて危険な冒険に引きずり込む。共通して病的に嘘をつき、人をだます。あるいは"友人"に帰省中のように寄りかかる。いかに高度な教育を受け、社会的な地位が高くても、幼年期に問題行動を起こした可能性もある。ドラッグをやったり、少年犯罪でつかまったりしたかもしれない。そしてつねに、いかなる問題にたいしても責任を感じない点は共通している。

・感情の浅さも、サイコパスの目立った特徴である。口では愛していると言いながら、その愛情は底が浅く、長続きせず、ぞっとするほどの冷たさを感じさせる。

・良心を持たない人は、自分自身と、自分の生活に満足していることが多い。効果的な"治療法"がないのも、まさにそのためかもしれない。たいていの場合、サイコパスがセラピーを受けるのは、裁判の結果であったり、患者になったほうが自分にとって都合がいいからだ。

・そこそこ頭のいいサイコパスは、自分があやつろうとする相手に、短期間の間は聖者のようにやさしくなれる。

・スーパーエゴは、うまくいけば人を社会に適応させる力になるが、同時に人格の中のもっとも高圧的で破壊的な部分にもなりうる。心理分析学者によると、とくにきびしいスーパーエゴは、個人の頭のなかでがみがみうるさく文句を言い、慢性のうつ病を引き起こしたり、哀れな犠牲者を自殺に追い込むことまであるという。

・サイコパスは自意識も欠けている。他の人ときずなを結べないばかりか、自分自身との関係も非常に希薄なのだ。

・とはいえ私は、サイコパスも意識のどこかずっと下の方で、自分には何かが欠けている、他の人たちがもっている何かが自分にはないという、かすかなささやき声が聞こえるのではないかと考えている。というのも、実際にサイコパスたちが「むなしい」とか「うつろだ」と言うのを聞いたことがあるからだ。

・ミルグラムは、権威が良心を眠らせることができるのは、服従者が「思考を調整する」ためだとみなした。つまり、「この行動について自分には責任がない」と考えるようになるのだ。彼の頭のなかで、自分はもはや道徳的に責任ある行動を取るべき人間ではなく、絶対的権威者の代行人にすぎなくなる。

・強欲なサイコパスのとる行動はあまりに突飛で、あまりに理不尽なことが多いため、私たちにはそれが意図的なものだとは考えにくく、起きたということさえ信じられない。そのため、サイコパスの本性は、なかなかまわりの人たちに見抜かれない。

・じつのところ、人が良心を欠いた行為で捕まるのは例外的だ。人口の4パーセントがサイコパスだとすると、刑務所はサイコパスであふれ、その他のタイプの犯罪者は入れなくなるはずだ。だが、そうはならない。ロバート・ヘアおよび何人かの研究者が服役囚を調べたところ、アメリカの刑務所にいる囚人の中で、サイコパスはおよそ20%にすぎなかった。(中略)言い換えると、有罪になる者は大半がサイコパスではない。むしろ、麻薬、児童虐待、家庭内暴力、何世代にもわたる貧困などのマイナス影響で犯罪行為に走った、ふつうの人が多い。

・サイコパスは、相手に自分の正体がばれそうになったとき、とりわけ空涙を使う。だれかに追いつめられると、彼らは突然哀れっぽく返信して涙を流すので、道義心を持つ人はそれ以上追及できなくなってしまう。あるいは逆の出方をする。追いつめられたサイコパスは、逆恨みをして怒りだし、相手を脅して遠ざけようとする。

・テキサス里親プロジェクトの報告によると、Pd(サイコパス的逸脱)にかんしては、子どもは育ててもらった両親より、実際には会ったことのない実の母親と強い共通点があった。この研究では、遺伝率は54%と推測された。興味深いことに、この「サイコパス的逸脱」の遺伝的割合は、ほかのもっと中間的な性格特徴の遺伝率35〜50%とほぼ重なっている。

・ただし忘れてはならないのは、サイコパスのように極端に複雑な性格特徴は、一個の遺伝子だけで決まるわけではないという点だ。ほぼ確実に主導遺伝子、つまり複数の遺伝子が集まってつくりだされるものと思われる。こうした遺伝子がどのように脳の機能を形作り、行動に結びつくのかは、まだ性格にわかっていない。

・サイコパシーの基本的特徴である良心の欠如を、幼児期に受けた虐待と結びつけられるような、説得力のある調査結果はない。そしてサイコパス全体に、うつ病や慢性不安などの、幼児期の虐待による悲劇的な影響は出ていない。

・実際には、サイコパスが他の人たちより幼児期の体験に影響されにくいという報告もある。たとえば、ロバート・ヘアがみずから開発したサイコパシーチェックリストを使って、アメリカの服役囚を調べた結果では、育てられた家庭環境は、サイコパスが犯罪行為に走った時期に影響を及ぼしていなかった。

・研究の結果、サイコパスには大脳皮質のレベルで感情的情報を処理する能力にかなりの逸脱がみられた。そして遺伝率の研究から、サイコパスの特徴をつくりあげている神経生物学的基礎の50%が、遺伝によるものと推測がつく。だが残りの50%については、まだ明確になっていない。幼児期の虐待も愛着障害も、サイコパスをつくりだす背景とは考えにくい。

・サイコパスは古くから世界中にいたようだが、ほかよりもサイコパスの数が少ない文化圏があることもたしかだ。興味深いことに、東アジアの国々、とくに日本と中国では、かなりサイコパシーの割合が低い。台湾の地方と都市の両方で行われた調査では、反社会性人格障害の割合が0.03から0.14%、西欧世界における平均4%とくらべて、きわめて低い数字である。




書中ではサイコパスの人々を見分ける最大のポイントは「泣き落とし」であるとも指摘されています。リアルなエピソードが複数収録されており、なんというか、人間の悪性について改めて深く考えさせられる一冊です。







サイコパス関連では以下もおすすめ。