何だかしばしば質問されるので、書いておきましょう。





炎上は「狙って」ません



「イケダハヤトさんってよく炎上してると思うんですけど、あれって、ぶっちゃけ狙ってるんですか?」と聞かれることがあります。

のーのー。1ミリも狙ってなどおりません。そりゃあ誤解ってもんですよ。




炎上を「狙う」というのは「こんなことを書けば、みんなの反感を集められるだろうな。しめしめ、一発狙ってやるか」という態度だと考えます。つまり「反感を集めること」が最優先になっているわけですね。

ぼくが炎上する場合は、「反感を集めること」は常に「結果」です。それ自体を目的にすることはありません。

たとえば「たかが挨拶ぐらい、できなくてもいいんじゃない?」という記事。「釣り」という評価をいただいた記憶があるのですが、ぼくは「本気」で、「たかが挨拶ぐらい、できなくてもいいんじゃない?」と考えています。何らそこに偽りはないわけです。挨拶ぐらい、できなくてもいいと思いますよ、マジで。ということで、別に「釣り」ではありません。

ただ、こういう記事を書く時には「まぁ、こういう"本音"を語ったら、色んな人の反発を受けるんだろうなぁ。読みもしないでdisる人も山ほど出てくるんだろうなぁ」ということは、「予測」しています。流石にぼくもそこまで無垢ではありません。案の定炎上した場合は、「あぁ、やっぱりか」とひとり納得しております。




炎上を「狙う」というのは、自分の意見を周囲に合わせて「演出」することです。自分に嘘をついているわけですね。これをぼくは「炎上マーケティング」と呼んでいます。

ぼくの場合は、周囲はまったく関係なしに自分の意見を出したところ、それがたまたま「炎上」しているだけであって、自分に嘘は1ミリも付いていません。




問題は、この二つの違いが外部から見るとよくわからないことです。少なくともその記事ひとつだけでは判断することができません。

たとえば、「“ノマドセックス女子”が現れた!本命でも浮気でもない新しい生き方(1)」」というなんとも、どうしようもない(褒め言葉です)記事があります。

この記事を目にして、ぼくは瞬時に「これは炎上を狙ってるだろ!」と突っ込んでしまいました。…が、その先を読むと、何だか妙な熱意を持って記事を書いていることが伝わってきます。この記事を書いた福田さんは、何も「狙って」おらず、たまたま炎上してしまっただけなのかなぁ、とぼくは思い改めるようになりました。自分を偽って書いた記事なのかどうかは、もう、ご本人しか知る由はありませんが…。




余談ですが、一応プロの物書きとして文章を創作しておりますが、「自分に嘘を付きながら記事を書く」というのは、一般に思われるほど簡単なものではありません。機会があればぜひ挑戦していただきたいですが、思ってもないことを書くのって、本当に難しいんですよ。ロジックがつながっていきません。「狙って」炎上させることができるとしたら、それはかなりハイレベルなマーケターだと思ってよいでしょう。