株価が乱高下してますね。ぼく、20代前半の頃に2〜3年株をやっていたのですが、色々考えた末に、きっぱり辞めることにしました。





精神エネルギーの浪費に繋がる



ぼくが株を辞めて、これからもやろうと思わない理由は「精神力のムダ遣いだから」。

250万円くらいの予算でゆるゆると売買をしていたのですが、何が嫌かって、株価を始終気にしてしまうんですよね。今日のように変動が激しい日は、仕事時間中も気になってしまいますし、思わずトイレに向かって携帯でチェックしてしまったり。資産が目減りしていると、「1ヶ月分の給料が溶けた…」意気消沈してしまいます。いやはや、健全ではありません。

たまに儲かることもあって、そのときは嬉しいのですが、利益を取り逃すこともよくありました。午前中は上がっていたから気分よかったのに、午後は下がって目減りしていた…とか。棚から牡丹餅が降ってきて喜んでいたら謎の反作用でまた棚に戻っていた、という感じ。何だったんだ今の…。




株を辞めてからは、すっかり精神的な健康を取り戻すことができました。株価の乱高下を見ると、株をやっていたときの精神の乱れを思い出してしまいます。今も乱れている人、いっぱいいるんでしょうねぇ。




ぼくのような小心者かつ素人は、投資に手を出す際は「お金は得られるかもしれないけど、精神的なエネルギーを摩耗する」ということをよく理解しておくべきです。その精神エネルギーを別のことに使っている方が、よっぽどお金は稼げるかもしれません。ぼくはそう判断して、会社を辞めてプロブロガー道を邁進しております。株なんかにエネルギー摩耗しているヒマはありません。




これは住宅ローンにも通じるものがあるでしょう。あれも同様に、「家は手に入るけれども、ローンという名の精神的重荷を背負う」ことになります。ぼくは自分のエネルギーを浪費したくないので、ローンとは無縁でいようと考えています。「ローンがあるからサラリーマン辞められないんだよね…」とか愚痴るようにはなりたくないですから。




投資のプロではない普通の人間が株をやる場合は、「良い意味で鈍感さを持っていること」が求められるでしょう。ちょっとくらいの乱高下でオタオタするようでは、お金に人生を振り回されることになりますよ。