これすごいですね…。話は知ってましたが、中を覗いてみて感動。

Your Courses | Coursera




無料で一流大学の講義を受講



スクリーンショット 2013 05 09 17 45 47

Couseraはいわゆる「MOOC」領域のサービス。「MOOC」は「大規模オンラインオープンコース」の略。要するに、オンラインで無料の講義を受けることができる、というサービスジャンルです。「ムーク」と発音するらしいです。

Couseraはペンシルベニア大学、ワシントン大学、ミシガン大学などなど、主にアメリカの大学の講義を無料で受けることができるウェブサイトです。

提携校一覧。ずらり。

スクリーンショット 2013 05 09 17 47 50

理系・文系の学科を幅広く網羅しています。

スクリーンショット 2013 05 09 17 48 58

「Business & Management」は今のところ32の講義群が掲載されています。

スクリーンショット 2013 05 09 17 50 44

デューク大学の「ヘルスケアイノベーションと起業家精神」とか超面白そう。

スクリーンショット 2013 05 09 17 52 26

バークリー音楽大学の講義もあります。なんとゲイリー・バートンの即興演奏に関する講座が…!一流ミュージシャンの講義とか超贅沢。

スクリーンショット 2013 05 09 17 54 16

ユーザー登録すればすぐに閲覧できます。ゲイリー・バートンが教えてくれるなんて。

スクリーンショット 2013 05 09 17 45 26

Thaddeus Hogarthが教えるエレキ&アコースティックギターレッスンも。これはかなり人気のようです。

スクリーンショット 2013 05 09 17 55 25

各講義ページにはフォーラムも設置されています。ソーシャルな学び合いもできるわけですね。


スクリーンショット 2013 05 09 17 57 14




ちなみに東京大学も参画しており、現在2つの講義が予定されています。現在は事前登録受付中。やっぱり英語なのかな?


スクリーンショット 2013 05 09 17 58 08




なんというか、ここまで来ると、大学に行って座学を受ける意味がわかりませんね。言語の壁さえ乗り越えちゃえば、世界中のどこにいたって、一級の教育が受けられてしまうのです。いやはや、すばらしい時代です…。

MOOCの波は日本の教育界も襲うでしょう。高校生向けの大学受験講義に関しては、すでにmanaveeが頑張っており、現在3,920もの動画が無料で公開されています。

スクリーンショット 2013 05 09 18 03 12




このブログで何度か書いていますが、教師の役割は大きく変わっていくはずです。集団に対して一方的に講義を行う20世紀スタイルは終わり、「ファシリテーター」として生徒の創造性を刺激する役割が求められるようになります。


教育の未来。授業はワークショップに、先生はファシリテーターになる

「学び合い学習は、日本の教育を崩壊させる」のか




総じていえば、教育はこれからもっと安価になっていくのでしょう。ぼくの娘が大学生になる頃には、「大学に行かずに、自分で勉強をする」という生き方がだいぶ広がっているかもしれません。実際、そんな若者もちらほら出て来ていますし。

(寄稿記事)大学なんて行く必要ない。




ぼくも一応大学で非常勤講師やってるので、偉そうに言わせていただくと、教育産業に関わる方は、変化を覚悟しておくべきです。ぼくらはどんどん「代替可能」になっていくでしょう。「学び」のスタイルは劇的に変わっていきます。

Your Courses | Coursera