最近「クリエイターの報酬」についての話題が盛んですね。プロブロガー的な視点から書いてみます。





下方圧力から逃れて、ビジネスを行う



たとえばこの記事

 ある“お世話になった方”が逝かれた。出版社からその方にまつわるコラムの依頼が来た。ここに勇気をもってその時の依頼価格を書く。

 1000円だ。

(中略)どうやら“エッセイスト”という肩書きは安く買い叩かれるらしいと思っている矢先、知人のライターが過労で入院した。そりゃ1000円、2000円で、著名人を1週間かけて緻密に調査し文章を描いていたら倒れても不思議はない。

義理人情を利用して「原稿料1000円」ってどういうことだ:日経ビジネスオンライン



記事自体は「ライターが原稿料の低さを単純に嘆いている」という内容ではないのですが(ぜひ最後までお読みください)、これ、ホント現状なんですよね。原稿料はもはやお小遣いレベルです。これだけで生計を立てるのは困難と言わざるをえません。オンラインメディアだと、原稿料が出ないことすらありますし。




ではライターは食えないのか?というと、そんなことはありません。やり方を変えれば、まだまだ食べていけます。

これからのライターに求められることは、単なる下請けで記事を書くことではなく、自らビジネスをつくり出していくことです。

挑戦的にいえば、「原稿料が低い」なんて嘆いている時点でダメなのです。下方圧力が強いので、そうなるのは当たり前です。さっさとそんな市場から抜け出して、自分でマーケットを開拓すべきです。




ぼくは執筆だけで、年間600〜700万円程度の売上を確保できています(ブログ運営、書籍執筆、外部メディアへの記事寄稿)。特に大きいのはブログで、これだけで最低300万円は売上が出ます。今年は良い滑り出しなので、このままいけばブログだけで500万円は稼げるかもしれません。






なぜ稼げるかといえば、ぼくが下方圧力の働きにくい市場で戦っているからです。

ブログひとつとっても、売上を構成するのは「バナー広告収入」と「アフィリエイト収入」です。このふたつは「原稿料」に比べて安定的で、下方圧力もかかりにくいのです(…とはいえ、スマホの浸透によってバナー広告の単価は下がっているので、ここはちょっと危険です)。

今後は、「有料サロン」や「古本のセレクト販売」にも手を出そうと思います。余力が出てくれば「有料メルマガ」も。大きなお金を稼ぐことはむずかしいですが、こちらも圧力は小さい領域です。「原稿料が下がっている」という現状とは無関係のところで、お金を稼ぐことができるでしょう。





スクリーンショット 2013 04 28 16 49 18


特にうまいなぁ、と思うのははあちゅうさんと村上萌さんの有料サロンです。こちらはなんと、月額1,000円で510人が加入しており、売上にして年間600万円を稼ぎ出しています。

やっていることは超シンプルで、フェイスブックグループで交流するだけ。執筆活動のマネタイズ手法としては、最高レベルに効率がよいと思われます。

もちろんオンラインサロンは特有のむずかしさもあるのですが、収益だけ見ると、毎日せこせこブログを更新しているのが、ちょっとアホらしくなります…笑 これも自ら市場を創り出している好例ですね。




強烈な重力が掛かっている市場からは、なるべく早く逃れましょう。そこで戦うのは得策ではありません。今みなさんが重力場で戦うことができているのなら、場所を変えれば、もっと効率的に稼ぐこともできるでしょうしね。

特にライターに関しては、ほとんど無料の水準まで、原稿料は下がっていくでしょう。今もクラウドソーシングサイトなんか見ると、なかなか厳しい案件がちらほら。ブログ記事50本書いて2,000円…。

・文字数:200文字以上
・依頼数:50記事
・報酬:2000円(ランサーズ手数料込)

日記ブログの美容系50記事(各200字以上) - ブログ執筆・更新 の仕事 | Lancers




【報酬】
 600文字以上で100記事
 17000円お支払いします。 

【簡単】本の内容を自分の言葉で表現しなおすお仕事です。 - 記事・コラム の仕事 | Lancers






★この記事を読んだ人にはこの本がおすすめ。

これからの働き方、仕事について深く考えさせられる一冊です。このままじゃヤバい、と思うなら読んでおく価値あり。