タムコーさんの新刊を読んだので、読書メモをご共有です。最近バンバン出版なさってますね。




グローバルレベルの教育とは



・2013年、ハーバード大学への入学願書は、世界中から3万5000通以上が集まったという。これは、過去最高だった前年の3万0489通を約15%も上回るもので、もちろん史上最高だ。(中略)こういった名門校の願書は、アメリカ国内の受験生から送られる分も増えているが、それより増加率が高いのは、海外から来る分だ。

・成績が悪ければ良い職に就けない。成績が良ければ希望の就職ができ、さらに将来のチャンスが広がる。だからアメリカの学生は、強い動機を持って猛烈に勉強するのだ。日本の学生が勉強しないのは、学生本人や教員だけでなく、暗黙のうちに「学生時代は勉強しなくてもよい」としてきた企業の姿勢にも大きな責任があると思う。

・「日本人は皆、きわめて優秀であり、問題も答えもわかっているはずだ。しかし、実行する人がいない(リー・クアンユー)」

・エールやハーバードといったアメリカの名門大学は、具体的には以下のような環境を作り、教育を行っている。
・多様な才能の持ち主とすぐれた"地頭"を持った人材を選抜している。
・彼らに寮生活をさせている。
・世界中のさまざまな国から人材を集めている。
・ファンドレイジングに慣れている人材が多い。
・就活がない。
・リベラルアーツ教育を施し、さらに理科系と文科系を融合させた教育を行っている。

・アメリカの一流大学が日本のそれより優れている最大の点は、「リベラルアーツ教育」があることだと思う。理科系や文科系の区別なく、化学から哲学まで幅広く徹底的に基礎を学び、複数の科目を専攻できる。

・ハーバードやエールといったアメリカの名門校は、優秀な学生を確保するために、それこそ地球の果てまで探しに行くくらいの勢いで、世界中でスカウト活動をしている。ところが東大や京大は、いまだに「試験に受かれば入れてやる」という"上から目線"の態度を取っている。時代錯誤的な、「お山の大将」のようなスタンスである。

・「日本には、リーダーシップがどこにもないからだよ。どこにも問題の当事者がいない。すべてが他人事なんだ。(カシーク・ラマーナ享受)」

・「日本の子どもが今、一番乗り越えなければならない課題は、英語でもコンピュータでもなく、「声を出すこと」だと思っているんです(5歳の子どもを留学させた夫妻)」

・(英語で)大事なのは、「一気に通じさせること」だ。インド訛りでもフランス訛りでも日本人のアクセントでもいい。言いたいことを言い切る能力があればいいのだ。


・今や、日本人の勤勉性や均質性で追っていける程度の課題は、進化したテクノロジーや、新興国の人材によって、先に解決されてしまう。これからは、自分で自分の行き先を決め、それを自分しかできない独自の手法で追い求めていく優れたイノベーションとリーダーシップが、どの国にも組織にも求められる。




本書では他にも、ベンチャーキャピタリスとの古賀洋吉さん、16歳で高校中退しコロンビア大学に入学した寺田悠馬さん、インドのデリー大学に通っている竹内智広さんなどなど、世界で活躍する日本人たちと田村さんの対談も集録されています。これ若いうちに読んでおくと刺激たっぷり受けるでしょうねぇ。


わが家には5ヶ月の子どもがいるので、教育については自分ごととして色々と考えています。やっぱりグローバルな環境には触れる機会を与えたいですね。幼稚園で留学は流石に真似しようと思いませんが…。