サラリーマンの辛さですね。

「売りたくないものを売らなければいけない」

会社は割といい会社なんですが、自分が売りたくもない商品を売らなくてはいけないのが、辛いんです。どうすればいいと思いますか?


あるイベントの帰り道で、そんな悩み相談を受けました。

まぁ……「会社やめれば?」としか言えないので、そう伝えておきました。あのときの彼は、いま何をしているのかなぁ。

「売りたくもないものを売る」というのは、人間的な精神をぶち壊すブラック労働です。もはやそれは「拷問」といってもいいでしょう。

本人がそういうモチベーションでは、もちろん、成果も上がりません。嫌な思いを我慢して、社会に害悪を振りまくくらいなら、さっさと会社をやめるべきです。あなたが扱うべき商材は、世の中に無数に溢れているのですから。


フリーランスであるメリット。


サラリーマンとフリーランスの最大の違いは、「売りたくないものを売らなければいけない」ストレスからの逃れやすさです。

サラリーマンは会社の予算に縛られるため、「お客様のためにならない商品・サービス」を提供する必要に駆られることがあります。

「こんなものは売るべきではない」「競合他社製品の方が優れている」と、プロとして考えていたとしても、その魂を売ってまで、稼がないといけないわけです。

ちなみに、ぼく自身もそういう経験があります。「同じ会社のサービスだから」という理由で、クライアントにさらなる出費を要求するのは苦痛でしたね……。

それもあって、ぼくはサラリーマンをやめました。「自分が全力でおすすめすることができる商品・サービスのみを提案できる」という状況は快適ですよ。顧客満足度が高まるので、長い目で見れば売上も増えていきますし。

ストレスから逃げて、事業を作ろう。


起業家、フリーランス、新規事業を立ち上げたビジネスパーソンの話を聞いていると、「前職時代、売りたくないものを売らなければいけないのが嫌で、今の仕事をやることにしました」と語る方が少なくありません。

誰とは言いませんが、某上場企業の代表は「ソーシャルゲームに携わるのが嫌で」、自分の事業を立ち上げたそうです。

「ソーシャルゲームに意味があるのか悩みつづけたけど、最後まで好きになれなかったんですよ。こんなものは人を幸せにしないと思ってしまって。だから、人を幸せにできる事業を、自分で作ろうと思ったんです」。


彼は根気よく事業を伸ばし、見事会社を上場させるに至りました。

そう考えると、「売りたくもないものを売る」という体験は、悪いものでもないような気がしてきます。

「では、自分のやりたいこと、自分が売りたいものは、いったい何なのか?」を強烈に考えることと同義ですから。

総じていうと、「逃げる」のは決して悪いことではないのです。ぼく自身も逃げて逃げて、いつの間にか高知の山奥にたどり着きました。今は超ハッピーですよ。

関連記事:「地方移住」して丸2年。メリットとデメリットを語ろう。

もし「売りたくないものを売らなければいけない」という悩みを抱えている方がいたら、ぜひ「転職」なり、「新規事業」なり、「独立」なり……自分の哲学を貫き通せる場を、自分でつくりだしてみてください

あなたの「こだわり」は、価値なのです。

奴隷めいた状況で自分の心を殺すのは、世界にとって損失です。




関連記事


こんな記事も書いてます。どうせ死ぬんだから、さっさと前に進みましょう。

  • 好きなことを見つける方法・決定版。
  • 「好きなことを仕事にする」を諦める人は、ロボットに仕事奪われるよ。んで、貧困になるよ。
  • やりたいことをやるのに理由などいらない。理由は「後から」付いてくる。理由を「先に」用意しようとするから、行動できなくなるんだ。



  • ご案内。

    イケダハヤトって誰?

    30歳になってわかったこと

    ブログは稼げる。月商500万円超えました!

    月額4,980円のメディア研究所

    2,980円の「ブログ運営の教科書」

    出版レーベル「イケハヤ書房」創刊!


    LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

    友だち追加数

    一日中マンガ読んでるイケダの本棚。

    「一巻で完結」のおすすめマンガ

    「5巻以内完結」の面白いマンガ


    人気記事セレクション。

    1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

    2. 「強み」を無料で診断しよう。

    3. おすすめグッズ、家電製品 by イケダハヤト

    4. 移住初心者は「福岡」にいけ!


    今日も元気にツイート中。



    Instagramやってます