月500冊以上に目を通すという、佐藤優氏の圧倒的な読書技法を紹介した一冊。メモをご共有です。



月500冊を消化する方法





・献本が月平均100冊近くある。これは1冊の例外もなく、速読で全ページに目を通している。それから新刊本を70〜80冊、古本を120〜130冊くらい買う。これも全部読んでいる。

「熟読できる本の数は限られている」というのは、読書の技法を考えるうえでの大原則である。読書に慣れている人でも、専門書ならば300ページ程度の本を1ヶ月に3〜4冊しか熟読できない。

筆者が毎月目を通している300冊のうち、熟読している本は洋書を含めて平均4〜5冊である。500冊を超える場合でも、熟読しているのは6〜7冊だ。熟読する本を2冊増やすのは、そう簡単なことではない。

熟読する以外の本が、速読、超速読のいずれかで処理する。(中略)1冊5分程度で処理する「超速読」が240〜250冊、30分から2〜3時間かけて取り組む「普通の速読」が50〜60冊である。

・本には3種類ある。「簡単に読むことができる本」「そこそこ時間がかかる本」「ものすごく時間がかかる本」。

「超速読」は、前述の書籍を5分程度で読む技法で、試し読みといってもよい。この試し読みによって、書籍を次の4つの範疇に区分する。①熟読する必要があるもの ②普通の速読の対象にして、読書ノートを作成するもの ③普通の速読の対象にするが、読書ノートを作成するに及ばないもの ④超速読にとどめるもの

普通の速読で最も重要になるのは、繰り返し述べているように基礎知識だが、その次に大切なのは、本の内容を100%理解しようという「完璧主義」を捨てることだ。「時間は有限であり希少財である」という大原則を忘れてはいけない。(中略)その意味では、「もう二度と読まない」という心構えでのぞむことが大切だともいえる。





超速読、速読、熟読に分けるというのはわかりやすいですね。これ図らずとも、僕自身も実践していました。速読に慣れすぎたあまり、逆に最近熟読ができなくなっているのですが…。

「本の内容を100%理解しようという「完璧主義」を捨てる」というのは激しく共感。読み方はひとそれぞれですが、本を読むのが遅い人は得てして、どんな本でも「じっくり」読むんですよね。どんなに優れた本でも、ほとんどの場合「読むべき箇所は5%以下」というのが僕の持論です。





その他のメモ





・読者が知りたいと思う分野の基本書は、3冊もしくは5冊購入するべきである。1冊の基本書だけに頼ると、学説が偏っていた場合、後でそれに気づいて知識を矯正するのには時間と手間がかかる。(中略)その理由は、定義や見解が異なる場合、多数決をすればよいからだ。

・真ん中くらいというのは、実はその本のいちばん弱い部分なのである。あえて、このいちばん弱い部分をつまみ読みすることで、その本の水準を知るのである。

・筆者が仕事場の本棚に置いて頻繁に参照しているのは、早稲田大学政治経済学術院の松本保美教授が編集した「シグマベスト理解しやすい政治・経済改訂版」である。本書は、アカデミズムでさまざまな論争がある難しい問題を平易な用語で表現している。


・職業作家になってからも、書きたいことがたくさんある。過去3年は、400字詰めの原稿用紙換算で、月1000枚を超える執筆が続いている。それでも、筆者自身が書きたいと思っていることの、10分の1にもならない。知りたいこともたくさんある。そのために、新しい情報をインプットする時間を日に最低4時間は確保するようにしている。

・平日や土日を問わず、講演や勉強会のない標準的な一日の日程を記す。

5時 起床
5時〜5時半 入浴、朝食
5時半〜13時 原稿執筆
13時〜13時半 昼食
13時半〜19時 読書、原稿執筆(途中、約1時間散歩)
19時〜21時 植字と休憩
21時〜24時 原稿執筆、ノート作り、語学学習
24〜26時 読書


・筆者は1日2回、まとまった読書の時間を設けている。13時半〜19時の間の数時間と、24時〜26時だ。合計すると1日6時間だが、どんなに忙しくても4時間を下回ることはない。

・本を読んでから、その情報が頭の中で整理されて、きちんと引き出せるようになるためには、一定の時間が必要になる。これには個人差があるが、筆者の場合、だいたい3ヶ月から6ヶ月すると、新しい知識が「発酵」して頭に定着し、自分で運用できるようになる。





タイムスケジュールを引用しましたが、生活があまりにもストイックで笑えるレベル。ショートスリーパーなんですね…。これは真似できない笑

僕は控えめに、1日3冊ペースでとりあえず読んでおります。年間1,000冊。佐藤氏に比べると鼻くそみたいなレベルですが、知識を蓄えて速読できるようになりたいと思います。高みに到達している人の話は刺激的です。