スクリーンショット 2016 04 12 15 25 09




こういう人は、仕事ができませんね。



1. 仕事を「弱みを克服するための手段」だと考えている。

仕事を「強みを生かす手段」ではなく、「弱みを克服するための手段」と捉えている人は、仕事ができません。

たとえばぼくは「ウェブデザイン」が苦手なんです。とはいえ仕事で必要なので、「ウェブデザインもできるようになりたい」と考えています。

んで、よく見かけるのが、そういう人間が「今回の企画のウェブデザインは、ぼくに任せてください!未熟ですががんばります!」と手を挙げてしまうという事態です。やる気がある新人とか、やってしまいがちですね。

この場合、確かにぼくは成長できるかもしれませんが、仕事の質は確実に下がります。だって、デザイン苦手なんですから。


こういうケースは当人に「成長意欲」があるので、ややこしいです。

組織に余裕があればメンターを付けて成長を見守ることができますが、納期が短いプロジェクトなんかだと単なる「足手まとい」にしかなりません。

周りのメンバーからしたら「ほんと勘弁してくれ……」という状況。上司が「よしよし、あの新人は頑張ってるな」とか認めちゃったりするから、また余計にややこしい……。



ビジネスである以上、仕事というものは「弱みを克服するための手段」ではなく、「強みを生かす手段」であるべきです。

弱みの克服は仕事以外の場でこっそりやればいい話です。仕事ができない人は、第一にここを勘違いしていますね。「ストレングスファインダー(有料)」「グッドポイント診断(無料)」とかで、自分の強みを把握したほうがいいと思います。

関連記事:「弱みを克服する」という考えを捨てられない人は、仕事ができない。



2. 「慎重さ」を誇りに思っている。

仕事ができない人は、えてして「無駄に慎重」です。

彼らは挑戦をすること、変化することを恐れつづけた果てに、「自分の役割は慎重であることだ」と開き直っています。

たとえば「新規事業」の企画ひとつとっても、彼らは得意の批判的視点を振りかざし、シニカルな態度で、企画のリスクや未熟な点をついて指摘します。

しかし、彼らはけっして企画そのものには関わりません。「自分の仕事が忙しい」とうそぶく彼らは、あくまで「問題点を指摘する」だけに留まります。

もし企画が失敗したときに、彼らは「ほれ見たことか」と優越感に浸ります。

そうして「自分はやっぱり間違っていないんだ」という考えをいっそう強固にし、「慎重派」であることをみずからの強みだと確信していきます。勘弁してくれ!



3. 「知ったかぶり」をする。


「仕事ができない人」はその無駄なプライドの高さゆえに、「知ったかぶり」をします。これが実に迷惑。

「あいつは知ったかぶりをする」という認識が組織の中で共有されると、彼・彼女とのコミュニケーションは膜を張ったようなものに変貌してしまいます。

周囲のメンバーは「あいつの言うことは3割引で聞くべきだ」と考えるようになり、仕事上のコミュニケーションに無駄なコストがかかるようになります。その結果、彼・彼女はいっそう「仕事ができない」人間になっていくのです。



4. 「苦手」を認めない。


まだあります。

彼らはプライドの高さゆえに、周囲に「苦手」を悟られることを恐れます。苦手であることを自覚していても、「今はまだ苦手なだけだ(自分には可能性があるはずだ)」と開き直ります。

そして、冒頭で指摘したように、仕事を「弱みを克服するための手段」として捉え、結果的に足手まといの人材になるわけです。

苦手なことを苦手と認めない人材は、仕事を振るのが難しいため、周囲は彼らの扱いに苦労することでしょう。あぁ、そうして彼らは、ますます「仕事ができない人」になっていくわけです。


5. 今の場所で頑張りつづけようとする。

「仕事ができない」というのは、ほとんどの場合、環境の問題です。

しかし、仕事ができない人は、それに気づいていません。


事実として、「仕事ができない」人が異動、転職、起業などによって突然活躍しはじめた、という例をみなさんも見たことがあるはずです。ぼくも、会社を辞めたことで、能力が飛躍的に向上しました。


人間は向き不向きがあるので、ダメだと思ったらさっさと場所を変えるのが大切です。

「あぁ、今回の職場は自分に向いていなかったなぁ…」と、空気を読まず逃げ回るくらいがベスト。

「仕事ができない」のは環境の問題です。なので、いくらそこで頑張りつづけても、「仕事ができない」というレッテルを剥がし取ることはできないんですよ。転職サイトに登録して、さっさと環境を変えるべきですね。






おすすめ転職サイトリンク集。




ご案内。

イケダハヤトって誰?

ブログは稼げる。月商500万円超えました!

月額500円の有料マガジン。

月額4,980円のメディア研究所

2,980円の「ブログ運営の教科書」

イケダハヤトの書籍



LINEはじめたよ!


友だち追加数

一日中マンガ読んでるイケダの本棚。

「一巻で完結」のおすすめマンガ

「5巻以内完結」の面白いマンガ


人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. おすすめグッズ、家電製品 by イケダハヤト

3. 「強み」を無料で診断しよう。

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!

5. 銀行は「JNB」&「住信SBI」が最強。


今日も元気にツイート中。



Instagramやってます