嬉しかったので書いちゃいます。





発売から約一週間で重版





お陰さまでそれなりに売れているようで、新刊「年収150万円で僕らは自由に生きていく」の重版が決まりました。タイトルは釣りなので正直アレですが、内容はまともです。この本に込めた思い、狙いについては何度か書いているので下記の記事をお読み頂けると幸いです。

新刊が発売されました。新書コーナーにぜひお立ち寄りください | ihayato.news




発売が23日なので、ちょうど1週間で重版が決まったことになります。よくわかりませんが、多分流れ的にはいい感じです。このまま第三刷、第四刷といってほしいところですが、それは神のみぞ知る世界。書籍はホントにマーケティングが難しいですね…。

(売れれば売れるほど年収150万から遠ざかっていく、というツッコミはご勘弁ください)




嬉しい感想もメールでちらほら頂いており、還暦世代の方からは「私は老いて隠居しているけど、あなたは"若隠居"だね」なんて素敵な言葉も頂きました。

自分自身は隠居しているという感じはしないのですが(貧乏暇なしで働いているので)、既存の資本主義的なルールの外で戦う、という意味では「隠居」に見えるんでしょうね。とても面白い観点です。




最近ツイッターのmentionを見ない生活をしておりまして、書籍に対する反応はメールやフェイスブックでのみ拝見させて頂いております。ご意見・ご感想あればメール、フェイスブックでぜひ(できるだけお返事させて頂きます)。




というわけで雑談めいた記事なりましたが、単著の重版は初めての経験で、大変嬉しい思いをしております。お買い求め頂いた皆様、本当にありがとうございます。読み終えたら友人・知人にあげるか、古本市場に流してやってください。著者としては自分の言葉が世に広まる方が喜びなので、どうぞご遠慮なく。