米国では求人も多い「コミュニティ・マネージャ」職について調べてみました。




どんな仕事か分からない、という声も良く聞きます。僕自身も深く理解していませんでした。




wikipediaの解説では下記のように記されています。






オンラインコミュニティマネージャは急速に求められている職種である。この職種に就く人々は、ブランドやコーズ(cause)に関するコミュニティを構築し、育て、管理する仕事を担っている。



Jeremiah Owyangが「コミュニティマネージャの4つの資質」をまとめていたのでご紹介。






The Four Tenets of the Community Manager


1.コミュニティの推奨者(A Community Advocate)

コミュニティマネージャの役割の一つは、消費者を代表すること。企業コミュニティと外部サイトで発生する消費者の声を傾聴し、消費者のリクエストやニーズに応え、プライベート/オフィシャルの両方で関わっていく。


2.ブランド・エヴァンジェリスト

コミュニティマネージャはイベントや製品などを、トラディショナルなマーケティング戦術とディスカッションを用いてプロモートしていく役割を担う。コミュニティマネージャがコミュニティの中での信頼を集めていればいるだけ、ブランドへの信頼も高まる。


3.優れたコミュニケーションスキルと編集技術

コミュニティマネージャは、様々なコミュニケーションツールに精通しなくてはならない。また、コミュニティ内のスラングや専門用語も理解する必要がある。
議論が紛糾した際には調停者となり、特に批判者を適切に扱う。
また、コミュニティの「編集者」となり、数多くの社内のステークホルダーとの調整をしながら、適切なコンテンツを適切な時期に投稿し、やり取りをフォローアップする責任がある。


4.将来のサービスや製品開発に役立つコミュニティの声を集める

オンラインコミュニティ内では、リアルタイムで、フィードバックを与えることに積極的な消費者が多い。






MashableではTipsがまとまっています。こちらは項目だけご紹介。



10 Tips For Aspiring Community Managers


1.製品と企業のエキスパート、エヴァンジェリストになる
2.製品と企業を愛する、しかしユーザーの目線に立つ
3.コミュニケーションスキルを生かす
4.ブログなどを通してソーシャルメディア上でプレゼンスを築く
5.Authenticである
6.力を入れるべきプラットフォームに優先順位を付ける
7.傾聴し、価値を付加し、関係を構築する
8.オンライン/オフラインで関わりあう
9.起業家のように考え、変化に付いていく
10.同僚をエンパワーし、コミュニティビルダーとなる







コミュニティ・マネージャが求められている背景としては、企業がオンラインコミュニティを持つケースが増えてきたからなのでしょう(そのままですが)。

コミュニティの構築・育成・管理は、特別なスキルを要します。強いて言うならカスタマーサポートに求められることと似ている、としばしば言われます。

とはいえ、Mashableにも記述がありますが、コミュニティマネージャに求められる役割は企業によって大分違うようです。実際に求人を見てもバラつきがあります。wikipediaの「ブランドやコーズ(cause)に関するコミュニティを構築し、育て、管理する仕事」というのはシンプルで良いですね。




これは僕の考えですが、コミュニティ・マネージャに求められるのは「ユーザー同士を繋げる能力」なのかな、と考えています。

ツイッター担当者に主に求められるのは「企業とユーザーを繋げる能力」であるため、少し差異があります。コミュニティマネージャは主役ではなく、あくまで裏方です。裏方に徹しながら、継続的にコミュニティをリードし、成長させていく。難しいことです(特に「継続的」である点が)。




ちなみにコミュニティ・マネージャの年俸は30,000ドル~100,000ドル位の幅になっています(Glassdoor)。比較的高収入な職種と言えそうですね。





間違いなく日本でも必要とされてくる職業でしょう。というか既にコミュニティ・マネージャ的な役割を担っている人は多いはずです。

僕もスキルを磨いておきたいと思います。何かのご参考になれば嬉しいです。