Mashbleに非常に面白い記事。抄訳にてご紹介します。3,500回近くRTされてるヒット記事です、気になった方はぜひ原文を。






5 Huge Trends in Social Media Right Now



1.ソーシャルスキャニング


・バーコードなどを使ってオフラインの行動を可視化する動きが加速している。
・チェックインサービスのSCVNGRや、GoogleはQRコードを提供している。
StickybitsBakodoなどはソーシャルスキャニングを通してモノに紐付くコミュニティを生み出している。
Stickybitsはバーコードに動画や音楽、テキスト、PDF、ZIPファイルを紐付けることができるサービス。名刺に履歴書のPDFを添付、バースデーカードに動画メッセージを添付、シリアルのパッケージにレシピを添付、といった利用方法が可能。スキャンされた時に通知を飛ばすことも可能。




2.Q&Aと高度な情報発見(Intelligent Information Discovery)


・Facebookの前CTOが立ち上げたQ&Aサービス「Quora」、Facebook独自の「Facebook Questions」、Googleが買収したAardvarkなどは注目のサービス。



3.共同購入


・Grouponに掲載した広告主の97%は、再び掲載したいと感じている。
・位置情報×共同購入のGroupTabsは注目株。



4.モバイル・ロイヤルティ


・スマートフォンの普及で、ポイントカードのあり方も変化している。様々なカードをデジタルに統合することができるKey RingCardStarなどのサービスがある。
・Tasti-d-liteはPOSと統合したソーシャルメディア・リワードプログラムを実施している。
・自動チェックインアプリ、ShopkicksはBestBuyなどが試験的に利用している。



5.エンターテイメントへのチェックイン


Tunerfishは「What are you waching?」と答えさせるエンターテイメントチェックインサービス。報酬も用意されている。
PhiloMisoGetGlueなどのサービスがある。






うーん、面白い!まさに最新トレンドって感じですね。




個人的には1のソーシャルスキャニングと、4のモバイル・ロイヤルティ、5のエンターテイメント・チェックインに注目。

1.バーコードを鍵にして様々な情報を添付する。バーコードがスキャンされた時には通知が飛ぶ。企業としても使えそうです。

4.スマートフォンの普及と共に、ポイントカードがデジタルに統合されていく動きは必然でしょう。購買以外の情報を紐付けることも容易になっていきそう。

5.「今何見てる?」を可視化するエンタメ・チェックインは面白いですね。ニコニコ動画的な楽しみにも繋がりそうです。位置情報のチェックインはコミュニケーションを生みにくいですが、エンターテイメントのそれはコミュニケーションが生まれやすそう。






サブタイトルで「進むオンライン/オフラインの統合」なんて言葉を付け加えさせて頂きましたが、今回紹介したいずれのトレンドも、この言葉で包含できるかと思います。オンラインサービスは「リアル」を志向していきます。

方向性は複数あるとは思いますが、これからはオフラインの行動と密接に関わったオンラインサービスが台頭するのかな、と考えています。もうとっくに、ウェブは遊びではありません。

人々は共感のコミュニティの中で、低コストで生活でき、それでいて豊かなコミュニケーションを楽しむことができるようになるでしょう。ソーシャルウェブが創る未来を夢想させる、大変良い記事です。皆さまもぜひじっくり原文をどうぞ。