85円
(2012.09.28時点)
posted with ポチレバ


iPhoneをリモコンにしてプレゼンする人って見たことありますか?あれカッコいいですよね。「Remote」というApple公式アプリを使うと、iPhoneをリモコンにすることができます。




とにかく接続が不安定




Mzl pkzayjoc 320x480 75

Mzl hpobkiyw 320x480 75


次のスライドが読めたり、メモが読めたり便利なアプリなのは間違いなのですが、これ注意が必要なんです。

無線LANを使ってMacとiPhoneを同期する仕組み(なぜかBluetoothは利用できません)なのですが、とにかく接続が不安定。

次のスライドに進まない、いつの間にか接続が切断している、なんてことは日常茶飯事です。昨日は30分のプレゼンで5回ぐらい接続切れました。他のプレゼンターも同様のトラブルを嘆いていたので、僕だけではないようです。

そんなわけで、僕は必ずBluetoothの無線マウスを、予備リモコンとして別に用意しています。1時間のプレゼンなんかだと、ほぼ確実に予備を頼ることになります。



「Remote」はカッコいいのでぜひ使いたいところですが、残念ながらカンペキではありません。皆さんもご利用の際はぜひ別のリモコンを用意しておいた方がいいでしょう。早くアップデートして安定するようになってほしいですね。






同系列のサービスに「SyncSlide」もありますが、こちらは安定性では勝る一方、解像度など、動作にクセがあるのでプロジェクターに繋いだ上でのリハーサルが必須です。PCの設定によってはスライド再生中に画面スリープに入る可能性があるので、事前にスリープを無効にしておきましょう。





85円
(2012.09.28時点)
posted with ポチレバ