こんな技術があるんですね。未来的。


Forget electric cars, this one runs on compressed air | KurzweilAI




「圧縮空気車」Airpods




スクリーンショット 2012 08 20 9 58 13

インドのタタ自動車が開発した「Airpods」は、「圧縮空気」で動く車。175リットルの空気を格納することができ、125マイル(201キロ)を走行できるとか。最大時速はなんと80km。空気なので、環境にも当然優しいです。


こちらはCNNの紹介動画。英語ですが分かりやすい内容なので関心がある方はぜひ。1万ドル(80万円)で買えるようです。安い!



Wikipediaにメリット・デメリットがまとまっていました。


長所
・車体を軽くできる(少ないエネルギーで車体を動かせる)。
・高価な素材をほとんど使わない。
・走行時のCO2、NOx排出量がゼロ。
・製造コストが安い。

短所
・現状の電気式エアコンプレッサーを使って圧縮空気を作る場合はエネルギー効率がガソリン車より少し良い程度でCO2排出量の削減に大きく貢献するとは言い難い。(効率のよい圧縮空気製造方法を生み出す必要がある)
・FRP製樹脂のボディなので、安全性に問題。
・現状のタンクでは航続距離が短く、伸ばすためには小型エンジンとのハイブリッドにする必要がある。

圧縮空気車 - Wikipedia





将来的に田舎暮らしを考えているので、この手の超安価でエコな乗り物にはかなり関心があります。隣町のスーパーに買い出しに行く、駅まで家族を迎えにいく、なんて使い方ならこれで十分でしょうね。